山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

■ youtube動画「 山崎行太郎と内山卓也の『政治哲学チャンネル 』 」です。『「日産・ゴーン逮捕事件」について』。よろしくお願いします。https://youtu.be/eIsqeyRD4J0 p■日産自動車の会長=カルロス・ゴーンが再逮捕され、さらに二十日間ぐらいの拘留生活が続くようです。一部では( 郷原信郎弁護士など? ) 、「不当逮捕」とか、「行き過ぎ」「日本検察の恥 」とかいう批判もあるようですが、私は、一貫して、「カルロス・ゴーン逮捕 」を支持しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
youtube動画「 山崎行太郎と内山卓也の『政治哲学チャンネル 』 」です。『「日産・ゴーン逮捕事件」について。 』よろしくお願いします。https://youtu.be/eIsqeyRD4J0
■■■■■■■以下本文■■■■■■■
日産自動車の会長=カルロス・ゴーンが再逮捕され、さらに二十日間ぐらいの拘留生活が続くようです。一部では( 郷原信郎弁護士など? ) 、「不当逮捕」とか、「行き過ぎ」「日本検察の恥 」とかいう批判もあるようですが、私は、一貫して、「カルロス・ゴーン逮捕 」を支持しています。日本政府は「国策捜査 」を否定していますが、私は、「国策捜査 」だろうと思っています。国策捜査だろうと、何だろうと、私は、この「日産・ゴーン逮捕事件」は、安倍首相は、よく理解出来ていないようですが、今後の我が国の進路を大きく転換させる大事件だと思います。「構造改革なくして恐慌なし(笑) 」「 構造改革なくして日本没落なし(笑)」を実践=実行した「小泉=竹中改革」の実態を、深く反省、再考するいい機会になるでしょう。小泉純一郎竹中平蔵が主張=実行した「 構造改革」とは 、「日本潰し作戦 」以外の何ものでもなかったのです。この「日産・ゴーン逮捕事件」と同時に、一億2500万の報酬が約束されていたという「 産業革新機構?」なる怪しい官民ファンド事件が明らかになりました。「 産業革新機構 」の社長(?)の、退陣(辞任)の記者会見を見ましたが、その傲慢な口調に、私は腹が立ちました。元三菱か何処かの銀行マンらしいが、こういうハゲタカファンドの手先らしい日本人を排除していくことから始めるべきでしょう。今後も、「強欲資本主義 」の先兵達の実態と正体が次々と暴露されて行くでしょう。
https://youtu.be/eIsqeyRD4J0
https://youtu.be/eIsqeyRD4J0

f:id:yamazakikotaro:20181211132014p:plain

『マルクスとエンゲルス』(51) ■小林秀雄とベルグソンとマルクス(3) ■ 小林秀雄は、マルクス主義者やへーゲルは批判しているが、マルクスは批判していない。マルクスとマルクス主義者たちは違う。そしてへーゲルやエンゲルスとも、違う。私の考えでは、それは、マルクスだけが「批評の人」だったからのように見える。そういう意味では、へーゲルやエンゲルスは「批評の人」ではなかった。マルクスだけが「批評の人」だった。マルクスだけが、理論化や体系化を


「人気ブログランキング」と「ブログ村」に参加しています。一日一回の「クリック」、よろしくお願いします

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
マルクスエンゲルス』(51)
小林秀雄ベルグソンマルクス(3)
■■■■■■■以下本文■■■■■■■
 小林秀雄は、マルクス主義者やへーゲルは批判しているが、マルクスは批判していない。マルクスマルクス主義者たちは違う。そしてへーゲルやエンゲルスとも、違う。私の考えでは、それは、マルクスだけが「批評の人」だったからのように見える。そういう意味では、へーゲルやエンゲルスは「批評の人」ではなかった。マルクスだけが「批評の人」だった。マルクスだけが、理論化や体系化を拒絶し、「批評的場所」=「危機的場所」に立ち続けたからだ。それは、小林秀雄の「科学論」とも深くかかわっている。小林秀雄が、近代科学や近代科学的思考を批判するのは、それが、科学主義というイデオロギー的思考に堕落しているからだ。科学主義的思考は批評的場所=危機的場所からの逃走である。
 批評的場所とは、どういう場所か。それは、解答のない問題を問い続ける場所だと言っていいかもしれない。解答のない問題を問い続けるという、この批評的場所(危機的場所)の曖昧さと不安に耐えられない者は、適当な、安易な解答を求めて、定住の場所を求め、安住の地を探そうとする。その安住の地が、理論であり体系であり、哲学である。つまり形而上学である。
 このことについて考えるとき、佐藤優の『神学の思考』の発言が参考になる。佐藤優は「神学」の思考について、こう書いている。

《神学では、神について、われわれ人間が考えていくというのは正しいアプローチではありません。神が自身についてどう語るかについて、虚心坦懐に耳を傾けていくことが、神学的に正しいアプローチなのです。(中略)語ることができず、沈黙しなければならない事柄について語るのが神学という学問の特徴なのです。人間と神は質的に異なります。有限な人間が無限な神について、本来、語ることはできません。それにもかかわらず、人間は神について語らなくてはなりません。この緊張関係から神学が生まれるのです。》(佐藤優『神学の思考』)

 佐藤優によると、「神学」は、人間が、人間の能力では考えることの不可能なことについて、不可能であることを知りつつ、それでも考えようとするところに成立する。神学は真理や客観性や普遍性などは問題にしない。
 私は、長いこと、神学は、「神の存在」を学問的に、あるいは科学的且つ合理的に論証するものだと思っていた。だから、私は、哲学科で哲学や宗教哲学を学びながら、哲学にも宗教哲学にも、もちろん神学にも興味を持つことができなかった。しかし、佐藤優の『神学の思考』を読んで、はじめて「神学とは何か」を理解できた。そして、哲学や宗教哲学が、何故、おもしろくなかったかを理解した。それは、主体的な学問ではなかったからである。
 カントが、『純粋理性批判』で、「物自体」について語ることを禁じたように、初期ヴィトゲンシュタインもまた、「語り得ないことについては沈黙しなければならない」と『論理哲学論考』のなかで言った。つまり、カントもヴィトゲンシュタインも、この時点では、人間がもっとも知りたいと思うような根本的な問題を、隠蔽・抑圧することによって、つまり避けることによって、「真理」や「客観性」を護ろうとしたのである。言い替えれば、佐藤優のいう「神学」は、「真理」や「客観性」より、間違っているかもしれないが、「真理への意志」を重視しているということができる。要するに、これを、マルクスマルクス主義の差異という問題に置き換えると、マルクスは「真理への意志」を重視した人であり、マルクス主義者やへーゲルやエンゲルスは、「真理」を重視した人ということになる。

キリスト教は、救済を目的とする宗教です。より正確に言うと、「真の神であり真の人であるイエス・キリストが唯一の救い主である」ことを信じることによって救われる宗教です。救済は、人間にとって、主体的な問題です。キリスト教の場合は、神から人間に対する呼びかけにどう答えるかが、問題の確信になります。それだから、キリスト教について、純粋に客観的なアプローチはありません。》(同上)

 神学は、科学的真理や科学的客観性、あるいは実証性や再現性などを求めていない。科学的真理や科学的客観性などは、人間の思考の範囲内にある。しかし、神学の思考は違う。人間がもっとも知りたいと思っているが、人間の思考能力の範囲外にある問題、そういう解答不可能な問題を、主体的に思考しようとするのが、神学である、と佐藤優は言っている。
 繰り返すが、佐藤優が、ここで言っていることは、神学やキリスト教に限る問題ではない。人間が、物を考える時の基本的な態度を言っている。佐藤優の言う「純粋に客観的なアプローチ」とは、人間が、もっとも知りたいと思っている根本的な問題を隠蔽・抑圧する思考だということになる。それは科学的思考ではあっても神学的思考ではない。言うまでもなく、科学的思考が、人間の思考のすべてではない。
 つまり、佐藤優が、ここで言っていることは、小林秀雄ベルグソンマルクスの文学や哲学を考えるのに役立つように思われる。神学が、解答のない問題(「神の問題」)を考え続ける学問であるように、小林秀雄ベルグソンマルクスの思考や文学や哲学も、同じように、人間がもっとも知りたいと思うが、答えのない、解答不可能な問題を、それにも関わらず、考え続ける過激な純粋思考だからだ。
 柄谷行人は、この「解答不可能な問題」を、つまり人間がもっとも知りたいと思うが、思考さえできないような「根本的な問題」を、ハイデガーの言葉「まだ思惟されていないもの」を引用して、次のように説明している。まず、ハイデッガーの引用。

ハイデッガーはいっている。
「思惟することが問題である場合には、なされた仕事が偉大であればあるほど、この仕事のなかで「思惟されていないもの」、つまりこの仕事を通じ、またこの仕事だけを介して「まだ思惟されていないもの」としてわれわれのもとに到来するものは豊かである。」(Der Satz vom Grud)
「価値形態論」の豊かさは、そこにおいて「まだ思惟されていないもの」を到来させるところにある。》(柄谷行人マルクスその可能性の中心』)
 
 マルクスもまた、科学的真理や科学的客観性などを求めたのではない。それ以上のものを求めている。それが、「まだ思惟されていないねの」(ハイデッガー)である。
 小林秀雄の初期作品を読んでいくと、マルクスやへーゲルがよく出てくる。文芸評論家の書く「文芸評論」や「文芸時評」に、マルクスやへーゲルが頻繁に登場するのは、何故か。小林秀雄の「文芸評論」は、文学論ではなく、「思考の原理」論であった。言うならば「哲学」であった。しかし、それは、似てはいるが、厳密に言うと、「哲学」とも違っていた。哲学は理論的、合理的な思考であり、理論や体系なしにはあり得ない。理論や体系を目指す、その分だけ、哲学は厳密な純粋思考から遠ざかる。哲学もまた理論化や体系化を必要とする。科学的発見の瞬間に見られる過激な純粋思考が、観測や実験の繰り返しによって、理論化や体系化され、誰にでも理解可能な平凡に真理に変貌していくように、その理論化や体系化に伴う思考の中には思考停止の起源がある。小林秀雄は、その思考停止を見出すし、批判する。
 小林秀雄は、真理や客観性ではなく、過激な純粋思考を求めたのである。それは、科学的思考をさえ乗り越えて、さらにその向こうへ飛び込んでいく過激な純粋思考である。小林秀雄の科学論が、しばしば科学批判になるのは、そこに理由がある。言い替えれば、マルクスの思想や思考の中に過激な純粋思考を見た小林秀雄は、マルクス主義者やへーゲルの中に、中途半端な科学主義的思考という理論的、体系的思考を見出して、そこに思考停止の起源を見出し、それを批判したのである。
 小林秀雄の文芸評論は、いわゆる文学にいての論考、つまり「文学論」ではない。人間がもっとも知りたいと思うが、答えのない、あるいは解答不可能な問題を追求する文学、そういう文学における過激な純粋思考を論じているのだ。小林秀雄は、文芸評論家として、ランボードストエフスキーだけではなく、モオツアルトやゴッホ・・・をも論じている。小林秀雄は、真理や科学的客観性、実証性、再現性などではなく、過激な純粋思考を論じているのだ。
 丸山眞男は、『日本の思想』の中で、小林秀雄の批評は、当時の流行思想であったマルクス主義との対決の中から生まれてきたものだと言っている。慧眼である。当時のマルクス主義は科学を標榜していた。「空想から科学へ」という言葉が象徴するように、科学という言葉が重要なキーワードだった。小林秀雄は、この「科学」という言葉にこだわった。この言葉にこだわり、この言葉を批判することによってマルクス主義を批判したのである。小林秀雄マルクス主義批判が、日本の近代批評を産み、確立した。
 小林秀雄の「マルクス論」も「科学論」も、哲学的でも科学的でもない。当時の多くのマルクス主義者たちが、哲学や科学を根拠にしていたのに対して、小林秀雄は、その根拠になっている哲学や科学を批判したのだった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この原稿( 記事)は、最終稿ではありません。今後も加筆修正を繰り返していきます。最終稿は、メールマガジン山崎行太郎の毒蛇通信』でお読みください。
山崎行太郎メールマガジンの登録( ↓↓↓)
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

( 続36)「『新潮45』廃刊事件」を読む。小川榮太郎氏に名指しで、「論争を呼びかけられた」、言い換えれば「喧嘩を売られた」、高橋源一郎氏や内田樹氏等を初めとする「有名作家や有名評論家」(笑)たちは、どう反応するだろうか。おそらく、まともに相手すると、ヒドイ目に遭うと、分かっているが故に、ひたすら沈黙を守り、「逃げるが勝ち」を決め込むだけだろう。文筆業者仲


「人気ブログランキング」と「ブログ村」に参加しています。一日一回の「クリック」、よろしくお願いします

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


■■■■■■■以下本文■■■■■■■
( 続37)「『新潮45』廃刊事件」を読む。小川榮太郎氏に名指しで、「論争を呼びかけられた」、言い換えれば「喧嘩を売られた」、高橋源一郎氏や内田樹氏等を初めとする「有名作家や有名評論家」(笑)たちは、どう反応するだろうか。おそらく、まともに相手すると、ヒドイ目に遭うと、分かっているが故に、ひたすら沈黙を守り、「逃げるが勝ち」を決め込むだけだろう。文筆業者仲間を相手に、「ネット右翼雑誌やSNSの書き込みなんかを相手に、論争しても意味ないよねー。時間の無駄だよねー 」とかなんとか言いつつ、ニセの優越感に浸りながら、お互いを、慰めあっているのかもしれない。その結果、「有名作家や有名評論家」(笑)という人種が、如何に、「つまらない」「みっともない」「たいしたことない 」「 哀れな 」「 口先番長 」・・・でしかない人種かが 白日の元に晒され、悪しき具体的見本であることが証明されるだろう。論争から逃げるような「有名作家センセイ」に、まともな読者がついて行くはずがない。ついて行くのは担当編集者と盲目的信者、有名人好きのミーハーだけだろう。最近、「本が売れなくなった」という時の言い訳が、「最近の日本人は本を読まなくなった」というものだが、「 読まなくなった」のではなく、「 読むに値する商業出版物がなくなった」というだけのことである。出版業界に廃刊と倒産の嵐が吹き荒れるのも当然である。ところで、今年、飯山一郎氏と勝谷誠彦氏が亡くなった。二人とも、私にとっては、ネット界の有名言論人だった。勝谷誠彦氏は、私がパソコンを始めた頃、『 きっこの日記 』などとともに、『 勝谷誠彦の✖✖な日々』とかいうブログ日記の筆者として、既にネット言論界で有名だった。私は、『 勝谷誠彦の✖✖な日々』を参考にしながら、見よう見まねで、『毒蛇山荘日記』を始めたのである。テレビや雑誌で、お馴染みの勝谷誠彦氏は、ともかくとして、飯山一郎氏は、ネット界でしか知られていない 。しかし、彼が、毎日のように書き続けたブログ『 文珠菩薩』や『 てげてげ』の「読者」は、それなりに、たくさんいたはずだ。そしてその独自な分析に基づく政治評論や文明論などの影響力も小さくはなかったはずだ。その証拠に、先日、新大阪駅前のホテルで開かれた追悼会には、多数の読者や関係者が 、全国から駆けつけたようだ。稲村公望氏もその一人だ。稲村公望氏は、元郵政官僚、元中央大学教授、元「 日本郵便 」副会長で、『黒潮文明論 』という名著を持つ著名人だが、現在はネット言論人としても知られている。雑誌などにも書いていないわけではないが、あくまでも稲村公望氏の言論活動の主要舞台も、ネットやSNSである。ネットやSNSの登場で、大きな文化革命が起きていると言われているが、「何処の」「何が」「どう変わったのか」は、必ずしも明らかではないが、私は、飯山一郎や勝谷誠彦、稲村公望のような存在が、ネットによる「文化革命 」の一端を象徴しているのではないかと、私は思う。確かに、ネットやSNSをステップに、テレビや雑誌、新聞などが形成している「 表舞台 」へと飛躍することを目指す有名文化人や有名芸能人も少なくない。だが、この手の有名文化人や有名芸能人は、ネットやSNSを、高橋源一郎氏のように、「公衆 便所の落書き 」程度の世界だと蔑視=差別しているようにも、私には思われる。だが、飯山一郎氏等は違う。飯山一郎氏等は、テレビや雑誌、新聞などの表舞台( 旧メディア )に登場することを最終目的、最終目標とは考えない。ネット言論界を主要舞台とするネット言論人である。テレビや雑誌、新聞に登場する有名言論人、マスコミ文化人ではない。あくまでもネット言論が主要舞台である。こういう有名、無名のネット言論人が、全国に、多数、存在している。こういうネット言論人が全国、津々浦々に存在するという現実こそ、「ネット革命 」としての「文化革命 」の一端を象徴しているのではないか、と私は考える。したがって 、「『新潮45』廃刊事件」も、こういう観点から分析すると、その真相が明らかになるのではないか。『 新潮45』は、以前は、有名作家や有名学者、有名言論人等が、多数、登場する立派な月刊雑誌だった、という人もいる。が、私は、そうは思わなかった。だから、一度も買ったことはなかった。読むに値する記事など、一つもなかったからだ。逆に、私が、毎日のように熟読しているブログ日記やyoutube動画などは、無数にある。南の鹿児島に飯山一郎がいるとすれば、北海道には、安濃豊(あんのう/ゆたか )という「奇人変人」風のネット言論人もいる。東京には、朝堂院大覚( ちょうどういん/だいがく)という怪物もいる。国際政治ニュースを知りたければ、田中宇がいる。彼等の思想や主張に全面的に賛成というわけではない。荒唐無稽で、かなり怪しいと思われる情報も少なくない。が、少なくとも、新聞や雑誌に掲載されるステレオタイプな雑文よりは役に立つ。しかも、ほとんどタダだ。だから私には、金銭を要求する新聞や雑誌を読んでいる暇がない。つまり、パソコンやスマホの登場で、「テレビや雑誌、新聞」という商業主義メディア(資本主義メディア )を必要としない読者層と言論人層、文化人層が出来ている。こういう反商業主義的メディア空間が、巨大な岩盤のごとく形成されつつあるのではないか、ということである。「『新潮45』廃刊事件」の真相とはそういうことではないか。「『新潮45』廃刊事件」に登場した主役たちが、つまり、商業主義的メディアで活躍する高橋源一郎内田樹等のような「 有名作家や有名評論家 」たちが、小川榮太郎からの「論争の呼び掛け」から、スゴスゴと逃げ出すのも、当然だろう。彼等には 、「命懸けの論争」に立ち向かうだけの気力も知性も思想もないのだろう。読者に見放されるの仕方がない。『 新潮45』廃刊が象徴する商業主義的メディアの廃刊、倒産ラッシュとは、そういうことではないか。
( 続く)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
この原稿( 記事)は、最終稿ではありません。今後も加筆修正を繰り返していきます。最終稿は、山崎行太郎ブログかメールマガジン山崎行太郎の毒蛇通信』でお読みください。
山崎行太郎メールマガジンの登録( ↓↓↓)
http://www.mag2.com/m/0001151310.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓