文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

「毒蛇山荘」で「佐藤優」を読む(3) ー「思考する文体」について。 4月1日になった。今日から 新年度だ。新年度を、実家で、つまり「毒蛇山荘」で迎えるのは、小・中学生時代以来のことだ。人間は老いると、幼児に帰ると言うが、私も、まさにそういう歳になったといううことだろうか。雨模様の日が続いている。今日も、大雨ではないが、小雨が降っているらしくて、庭の木の葉っぱが、雨に濡れて光っている。これもまた素晴らしい光景だ。「毒蛇山荘」には、紅葉の木が、何本かはえている。親父が植えたのかもしれない。私の記憶にはない。

「毒蛇山荘」で「佐藤優」を読む(3)

ー「思考する文体」について。

4月1日になった。今日から 新年度だ。新年度を、実家で、つまり「毒蛇山荘」で迎えるのは、小・中学生時代以来のことだ。人間は老いると、幼児に帰ると言うが、私も、まさにそういう歳になったといううことだろうか。雨模様の日が続いている。今日も、大雨ではないが、小雨が降っているらしくて、庭の木の葉っぱが、雨に濡れて光っている。これもまた素晴らしい光景だ。「毒蛇山荘」には、紅葉の木が、何本かはえている。親父が植えたのかもしれない。私の記憶にはない。かなりデカい紅葉もある。その紅葉の葉っぱが、2、3日のうちにすっかり緑の蕾から、青々とした新芽になっている。私が、小さい苗木を探し出して、庭の雑草の中に植えた紅葉も、いつの間にか成長して、立派な紅葉の葉っぱをつけている。さて、「毒蛇山荘」の近況報告は、そのぐらいにして、「佐藤優」の話に戻ろう。佐藤優さんとは、不思議な縁で結ばれている。おそらく最初は、『月刊日本』の副編集長だった尾崎秀英さん(故人)の紹介だろう。私は、記憶力が鈍いので、忘れてしまったが、最初のきっかけは、私が、「沖縄集団自決事件」を、ブログ(山崎行太郎のブログ「毒蛇山荘日記」)で取りあげて、曽野綾子筆頭とする保守論壇の愚か者たちを、しつこく批判していた頃だったのではないか。佐藤優さんが、その、私のブログ記事に興味を持っているということを、尾崎さんから聞いたような気がする。そこで、尾崎さんの仲介で実現したのが、最初の「佐藤優 /山崎行太郎対談」(『月刊日本』)だった。その後、私は、佐藤優さんと、10回近く対談している。尾崎秀英さんが、急死してからは、中村友也君(『月刊日本』現・副編集長)が、仲介の役割を担当してくれている。佐藤優さんにとっては、私の存在などは、数多くの対談者の中の一人でしかないかもしれない。しかし、私にとっては、いずれも、記念すべき、歴史に残るかもしれないような対談の相手になってうれた人だった。私が、佐藤優さんとの対談を重視しているのは、佐藤優さんが、「突き詰めた思考」のできる人であり、そういう突き詰めた思考による対談の相手をしてくれる対談者だったからだ。「突き詰めた思考」とは何か。佐藤優さんの言葉に、『人を殺す思想こそ本物だ』というのがある。私は、この言葉が好きだ。これが「突き詰めた思考」だ。それは、世間の常識や価値観、あるいは時代の流れ等を、完全無視して、世間の顰蹙買うかもしれないような危険な極論や暴論を、平気で発言できる、ということだ。私は、世間の顔色うかがうような、調子のいい発言や言動を繰り返すような、それでいて反権力や反体制を気取っているような 、そういう要領のいい人間を偉いとは思うが、好きではない。佐藤優という人物は、毎月のように新刊本を出し、ベストセラーを乱発していることからもわかるように、むしろ、要領のいい、計算高い人間に見えるかもしれない。しかし、少なくとも、私の見る佐藤優は、そういう人間ではない。むしろ、逆だ。佐藤優の『 同志社大学神学部』の冒頭に、こういう印象的な文章がある。
《 今の日本の教育に不安を感じている人に、この本を是非読んでほしい。それは、同志社大学神学部が時流に逆行している教育機関だからだ。》
さらに、まえがきの中に、次のような文章がある。
《これに対して、神学は、人間の役に立たない「虚学」である。 》
私は 、こういう文章に接すると、激しく感動し、共感と同時に深い眩暈のようなものを感じる人間である。そういう時、私は、「佐藤優は信用出来る」と思う。佐藤優は、「時代に逆行する・・・」と言い 、「人間の役に立たない『 虚学』である・・・」と言っているが、不言実行というか、佐藤優自身が、その道を選択し、その道に進学している。「逆行」とか「虚学」というものを、語ったり論じたりする前に、佐藤優は、実践、実行している。実は 、私も、慶應義塾大学文学部へ進学する時 、同じような精神状況だった。「人間の役に立たない『虚学 』としての文学・・・」を、選択し、そこへ進学するのだ、という、いわば世界中の人を相手にして 、一人で反逆し、一人で闘うという心境だった。当時、私は、奈落の底に身を投じるという自分の破滅的決断に酔い、少し興奮していたのだと思う。言い換えれば、そういう虚無的決断をしたことのない人間を、私は信用しない。話は、大きく飛躍するが、日比谷高校から慶應義塾大学文学部へ進学した江藤淳は信用できるが、私は、経済学部から文学部へ転部して、後に世界的なイスラム学者、哲学者になった井筒俊彦は、信用しない。井筒俊彦といえば、今は 、世間では、大学者、大思想家と持て囃されているが、私は、江藤淳のことは評価するが、井筒俊彦のことは、評価しない。井筒俊彦は、人間の役に立つ実学としての経済学部に進学したという一点で、私は、井筒俊彦を軽蔑する。
《 書物だけから神学を学ぶことはできない。また、教会に通い信者として生活することと神学の勉強は、まったく位相を異にする。同時に純粋な学問としての神学も存在しない。虚学であるが故に危機的な状況で人間の役に立つ神学という不思議な知を、わたしは、同志社大学神学部で、全人格を賭して教育に従事するすぐれた神学教師たちと、他者を自己よりもたいせつにする友人たちから学んだ。》(佐藤優同志社大学神学部 』)
佐藤優の言う 、「虚学であるが故に危機的な状況で人間の役に立つ神学という不思議な知・・・」という言葉に、私は、深く共感する。





政治ランキングへ

👈応援クリックよろしくお願いします!


(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html


山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールでお願いします。メール=https://ws.formzu.net/fgen/S49964599


★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。






山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇


安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links







曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


👈応援クリックよろしくお願いします!


イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




👈応援クリックよろしくお願いします!
(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html






政治ランキングへ

「毒蛇山荘」で「佐藤優」を読む(2) ー「思考する文体」について。 昨日、朝起きてスマホをひらいたら、画面から、「志村けん死去」のニュースが流れてきた。信じられないので、関連のニュース探してみたが、何処にも出ていない。テレビ局も、「テレ朝ニュース」というアプリを開いてみたが、まだ流していないようだ。5分ぐらいしたら、関連の「速報ニュース」が続々と流れ始めた。ああ、やはり本当なのだ、と初めて実感し、おどろいた。前にも書いたが、私は「志村けん」が好きではない。はっきり言って嫌いであった。しかし、今回の「志村

「毒蛇山荘」で「佐藤優」を読む(2)

ー「思考する文体」について。

昨日、朝起きてスマホをひらいたら、画面から、「志村けん死去」のニュースが流れてきた。信じられないので、関連のニュース探してみたが、何処にも出ていない。テレビ局も、「テレ朝ニュース」というアプリを開いてみたが、まだ流していないようだ。5分ぐらいしたら、関連の「速報ニュース」が続々と流れ始めた。ああ、やはり本当なのだ、と初めて実感し、おどろいた。前にも書いたが、私は「志村けん」が好きではない。はっきり言って嫌いであった。しかし、今回の「志村けん、コロナ感染で入院中」というニュースには 、愕然とした。胸にグサリと来るものあった。笑って済まされないものを感じた。胸騒ぎのようなものを感じたのである。私は、上京の予定を取りやめた。2、3日後には、東京で、稲村公望さんや西郷南洲家五代目当主の西郷隆太郎夫妻との会食の予定だったが、急遽、稲村公望さんとも相談の上で、その会食の予定も取りやめてもらった。「騒ぎ過ぎ」「たいしたことはない」という意見も少なくない。私も、「志村けん入院」のニュースを聞くまでは、そうだった。しかし、自分でも良く分からないが、「コロナウイルス」に対する考え方が大きく変わった。そして6日後の「志村けん死去」のニュースである。私は、1ヶ月前か一年前か もう良く覚えていないが、「志村けんの修行時代」のテレビ番組を見たことがある。あるいは、私の勘違いで、志村けんではなく、別のコメディアンだったかもしれない。いずれにしろ、私の勘違いでなければ、志村けんが、まだ売れない貧乏生活をしていた頃、住んでいたアパートや、世話になった近くの銭湯の家族を訪ねていく番組だった。私は、その頃、志村けんと相棒が、将来、売れる見込みもないにもかかわらず、その銭湯で、真剣に「お笑い」や「コント」の研究と練習に取り組んでいたという話を、銭湯の奥さんが話すのを見て、ちょっと心を動かされた。志村けんも苦労してるんだ・・・と。さて、話は変わる。何故、私が「佐藤優」を読むか、という本来の話に戻る。今、私の炬燵の上に佐藤優の『 同志社大学神学部』という新書本がある。私は、佐藤優の文体が「思考する文体」であると言ったが、それが、顕著なのが 、この新書である。志村けんが、無名の修行時代の町と場所と人を訪ね、自分の「芸」や「お笑い」の原点を探し歩いたように、佐藤優も、自分の思想や宗教の原点を探し歩いている。私は 、同志社大学について、それが京都にあるとか、創立者新島襄だということぐらいしか知らない。そもそも、佐藤優が、同志社大学神学部出身ということが、私には、今でも理解出来ないし、信じられない。今の佐藤優からすれば、同志社大学神学部について語ることは、むしろマイナスになるのではないかと心配になるぐらいだ。しかし、佐藤優は、母校・同志社大学神学部について、熱烈に語る。むろん、佐藤優は、単なる「母校愛」や「母校自慢」を語っているのではない。佐藤優が語るのは、自分を、思想的に育て 、はぐくみ、成長させてくれた思想的風土、あるいは思想的土壌としての同志社大学神学部について、語っているのだ。言い換えれば、佐藤優は、信仰や哲学の理論や体系についてではなく、その理論や体系が産まれてくる思想的背景や土壌、風景について語っている。これは、佐藤優佐藤優たらしめている佐藤優の大きな特質である。

「毒蛇山荘」で「佐藤優」を読む(1) ーー「思考する文体」について ーー今日は、朝から天気がいい。また、K温泉まで(7キロ)、散歩がてら、徒歩で行ってみようかと思ったが、考えてみれば、今日は日曜日だ。温泉もスーパーも人が多いはずだ。あいにくだが、今日はやめにした。明日、天気が良ければ、歩いてK温泉まで行ってみよう。というわけで、今朝もまた、大丸(おおまる)小学校まで、往復2キロ、散歩してきた。帰宅してみると、上空が騒がしい。かなりおおきな鳥たちが飛び交っている。何ごとかと思ったら、「毒蛇山荘」の庭に植えら

「毒蛇山荘」で「佐藤優」を読む(1)。ー「思考する文体」について

今日は、朝から天気がいい。また、K温泉まで(7キロ)、散歩がてら、徒歩で行ってみようかと思ったが、考えてみれば、今日は日曜日だ。温泉もスーパーも人が多いはずだ。あいにくだが、今日はやめにした。明日、天気が良ければ、歩いてK温泉まで行ってみよう。というわけで、今朝もまた、大丸(おおまる)小学校まで、往復2キロ、散歩してきた。帰宅してみると、上空が騒がしい。かなりおおきな鳥たちが飛び交っている。何ごとかと思ったら、「毒蛇山荘」の庭に植えられた山桃の実を食べに来ているらしい。道路にも小さな実が落ちている。なるほど、朝から鳥が飛び交っているのは、このせいだったのか。私は 、山桃の実を知らない。山桃の実を見たのも初めてである。もしかしたら、人間も食べられるのかもしれないが、食べたこともない。「ヤマモモ」は、庭木の一種だろう ぐらいしか知識はない。後で、調べてみよう。ところで、「毒蛇山荘」の常備薬ならぬ 常備本として、清水正日大教授の『 ドストエフスキー論全集』や佐藤優の本が置いてある。庭造りや農作業に飽きた時に読むために、常備してあるのだ。2、3日前から、佐藤優の本を、ページをパラパラめくりながら、読んでいる。そして、いつの間にか引き込まれる。『 同志社大学神学部』と『 サバイバル宗教論』『 私のマルクス論』などだ。私の読書は 、最初から最後まで、順番に読んでいく読書法ではない。適当なところを、気分次第で、開いて読み始める。そこで、ピンと来たら、前を読み、後ろを読み、赤線を引きながら、ついには全ページを読み尽くす。私は、2、3行読んで投げ出す本が少なくないが、そもそもそういう本は買わないし、わざわざ、鹿児島の山奥の山荘の書棚に、そういう本を置いておくわけがない。私は、何回読んでも飽きない本だけ買うし、そういう本だけ、鹿児島の山奥の寒村まで持ってきて置いておく。ベストセラー等は、本屋で立ち読みはするが、買わない。金が勿体ないからではなく、そういう本にかかわり合うことは、時間の無駄だからである。ところで、佐藤優の本だが、何回、読んでも飽きない。何故だろうか。「考えること」と「書くこと」を刺激されるからだろう。では、何故、佐藤優の本は、私の思考力と表現衝動を刺激するのか。私見によれば、それは、佐藤優の文体が、「思考する文体」だからである。単に、自分の理論や主張を書き連ねたプロパガンダ文書やイデオロギー文書ではなく、思考のプロセスや思考の背景を詳しく書いているからだ。「思考のプロセスや思考の背景を詳しく書いている・・・」ということは、佐藤優自身が、思考活動と言語活動に主体的に参加しているということだ。江藤淳は、それを、「作家は行動する」(『作家は行動する 』)と言った。「作家は行動する」とは、作家がデモや革命運動に参加することではない。主体的に、実践的に、思考することだ。それが、具体的に現れるのは文体である。文体とは、よく使われる言葉だが 、厳密に言うと、正体の掴めない曖昧模糊とした言葉だ。だから、私は、文体という言葉は、あまり好きではないが、敢えて 、文体という言葉を、他人のためではなく 、私自身に向けて使うことにする。
(続く)






政治ランキングへ

============= =============>

👈応援クリックよろしくお願いします!


(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html


山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールでお願いします。メール=https://ws.formzu.net/fgen/S49964599


★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。






山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇


安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links







曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


👈応援クリックよろしくお願いします!


イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




👈応援クリックよろしくお願いします!
(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html






政治ランキングへ