哲学者=山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とベルグソンとマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

『南洲伝』覚書( 34)ー大久保利通暗殺事件 これは余談だが、一昨年( 3017 )、この島田一郎等の「斬奸状」の話題を、サンデー毎日で、牧太郎が、取り上げていた。面白いコラムだったので記憶しているが、牧太郎は、「安倍晋三首相批判」の小道具として、この「斬奸状」を引き合いに出していた。司馬遼太郎とは異なり、牧太郎太郎は、この「斬奸状」を、政権批判の文書として高く評価していたように思う。つまり、安倍政権批判と大久保政権批判をダブらせ、その論拠として島田一郎等の「斬奸状」を活用したというわけだ。そのコラムを引

・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・

『南洲伝』覚書( 34)ー大久保利通暗殺事件

これは余談だが、一昨年( 3017 )、この島田一郎等の「斬奸状」の話題を、サンデー毎日で、牧太郎が、取り上げていた。面白いコラムだったので記憶しているが、牧太郎は、「安倍晋三首相批判」の小道具として、この「斬奸状」を引き合いに出していた。司馬遼太郎とは異なり、牧太郎太郎は、この「斬奸状」を、政権批判の文書として高く評価していたように思う。つまり、安倍政権批判と大久保政権批判をダブらせ、その論拠として島田一郎等の「斬奸状」を活用したというわけだ。そのコラムを引用する。

======以下引用======

青い空白い雲
安倍首相に読ませたい「大久保利通暗殺の斬奸状」
2017年11月 5日号
牧太郎の青い空白い雲 642

 選挙中、 大久保利通暗殺の刺客が書き残した「斬奸状(ざんかんじょう)」を思い出していた。「斬奸状」とは、悪者を斬り殺すにあたり、その理由を書いた文書である。
 その一、議会を開かず、民権を抑圧し、政治を専制独裁した罪。
 その二、法令を乱用し、私利私欲を横行させた罪。
 その三、不急の工事、無用な修飾により、国財を浪費した罪。
 その四、忠節、憂国の士を排斥し、内乱を起こした罪。
 その五、外交を誤り、国威を失墜させた罪。
 1878(明治11)年5月14日、内務卿・大久保利通東京府麹町区麹町紀尾井町清水谷で、不平士族6人に暗殺された。「紀尾井坂の変」である。この時、刺客の島田一郎らが持参していた斬奸状には、五つの罪が書かれていた。
『朝野(ちょうや)新聞』だけが、この斬奸状を報道したが、なぜか即日発行停止になった。明治政府は「暗殺の動機」を必死で隠した。
    ×  ×  ×
 むろん刺客の言い分に与(くみ)するつもりはないが、権力はいつの時代も、驕(おご)り、腐敗する。それが原因で、権力者に対して「暗殺=テロ」が計画される。
 明治維新もそうだったが、成功すれば「革命」である。失敗すれば刺客は歴史から抹殺される。
 大久保利通は「近代国家の建設に尽くした政治家」と高く評価され、刺客は歴史から抹殺された。
 だが歴史を振り返ると、彼らの言い分にも「理」があったのでは!と思っている。ごく簡単に、当時の政局を説明しよう。
 この頃、明治政府は対朝鮮対策で混乱していた。
 征韓論の対立だ。西郷隆盛は「朝鮮王を説得し、平和裏に開国させる」と主張したが、大久保らはこれに反対。西郷の遣韓使節計画を潰し、西郷、江藤新平板垣退助らは下野し、西郷は反政府の戦いに決起した。西南戦争である。
 西郷は「朝敵」とされ、明治10年9月24日、この戦いに敗れ戦死した。49歳だった。
 その翌年の大久保暗殺である。「西郷贔屓(びいき)」の世論が確実に存在していた。明治政府が 「斬奸状」を隠したのは、このテロが庶民の喝采を浴びることを避けたかったからだ。
    ×  ×  ×
 斬奸状の「五つの罪」をもう一度、読み返してみると、そこには今、安倍晋三首相のもとに集中している「庶民の怒り」が列記されているようではないか?
( 以下略 )
======引用終了=====








👈応援クリックよろしくお願いします!


-------------ーーーー


山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇



適菜収氏と小生との対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎
f:id:yamazakikotaro:20190624224835j:plain
Amazon⬇︎
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%A8%E3%82%BB%E4%BF%9D%E5%AE%88%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%99&adgrpid=55024023242&hvadid=338561937820&hvdev=m&hvlocphy=1028825&hvnetw=g&hvpos=1t1&hvqmt=e&hvrand=12460469634273268633&hvtargid=kwd-469797561766&hydadcr=7445_10899646&linkCode=plm&tag=waciatdnd-22&ref=pd_sl_17q15rsjih_e


安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


[

イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

👈応援クリックよろしくお願いします!
(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

『南洲伝』覚書( 33)ー大久保利通暗殺事件 ■明治十一年五月十四日。大久保利通は、この日の朝、8時頃、馬車で家を出た。馬丁が一人先行し、紀尾井坂に差しかかるあたりで、島田一郎等が待ち伏せしていた。馬丁が坂を駆け上がって行った。その後に大久保利通の馬車が・・・。それを見ると、島田一郎等、六人が、駆け寄って、馬車の前に立ちはだかった。同時に、先ず、馬の前脚を斬った。馬は、大きく飛びあがった。馬車に飛び乗って、ドアをたたいた。馬の手綱を持っていた中村太郎が、慌てて、馬車から飛び降りた。しかし、中村は、無防備

・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・

『南洲伝』覚書( 33)ー大久保利通暗殺事件

■明治十一年五月十四日。大久保利通は、この日の朝、8時頃、馬車で家を出た。馬丁が一人先行し、紀尾井坂に差しかかるあたりで、島田一郎等が待ち伏せしていた。馬丁が坂を駆け上がって行った。その後に大久保利通の馬車が・・・。それを見ると、島田一郎等、六人が、駆け寄って、馬車の前に立ちはだかった。同時に、先ず、馬の前脚を斬った。馬は、大きく飛びあがった。馬車に飛び乗って、ドアをたたいた。馬の手綱を持っていた中村太郎が、慌てて、馬車から飛び降りた。しかし、中村は、無防備であり、斬り捨てられ、その場で即死した。大久保利通は馬車の中で、書類を読んでいたが、馬車から引き摺り出された。右腕は、島田一郎が掴んでいた。そこへ、六人が一斉に斬り掛かり、大久保利通は血だるまになり、即死した。大久保利通の死を確認すると、島田一郎等は、死骸はそのままにして、、宮内省へ向かって駆けて行った。彼等は、宮内省に着くと、「我々が、大久保利通を殺害した・・・」と門衛に告げた。西郷の死から一年も経っていなかった。

■島田一郎等は「斬奸状」を持っていた。島田一郎等の「斬奸状」には、どういうことが書かれていたのか。司馬遼太郎は、『翔ぶが如く』で、荒唐無稽な内容といって、無視しているが、そうだろうか。私は、そうは思わない。そもそもこの「斬奸状」を書いたのは、島田一郎ではなく、金沢藩士だった陸義猶( くが、よしなお)である。陸義猶は、金沢藩を代表して西郷南洲のもとに遊学し、西郷精神に深く共鳴した思想家である。金沢藩へ帰国後は、「忠告社」を組織し、思想運動を開始している。その一員が島田一郎だった。金沢の「はぐれ者」が 、大久保利通暗殺事件を起こしたわけではないのだ。陸義猶は、板垣退助の「自由党」とも関係があった。島田一郎の妻は、水戸藩武田耕雲斎の娘だったともいう。島田一郎にせよ、陸義猶にせよ、ただの「跳ね上がり者」でも「はぐれ者」でもない。彼等の「斬奸状」が、司馬遼太郎が言うように、事実誤認に基づくくだらないものであるはずがない。島田一郎等は、その「斬奸状」を、公開すべく新聞各社に、前もって送りつけていたが、新聞各社は、政府の怒りと弾圧を怖れて、新聞掲載を見送った。唯一掲載に踏み切った「朝野新聞」は、即日発行停止になった。政府は、島田一郎等の「斬奸状」が公表され、その大久保利通批判、つまり政府批判の中身が、国民の間に浸透することを恐れたのだろう。司馬遼太郎は、明治政府側の視点に依拠しているから、この「斬奸状」を正当に評価できないのである。

( 続く)

(写真は台東区谷中霊園にある島田一郎等、六名の墓。)





👈応援クリックよろしくお願いします!


-------------ーーーー


山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇


安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


[

イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

👈応援クリックよろしくお願いします!
(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

『南洲伝』覚書(32)ー大久保利通暗殺事件 ■本文を書き忘れて、眠り込んでしまっていたらしい。というわけで、一日後に書き足す。 ■それにしても不思議なのは、大久保利通暗殺事件の首謀者・島田一郎に対する評判が非常に悪いことだ。私は、「桜田門外の変」の首謀者たちに対する評価と比較しながら、あまりにも落差が大きいことを、不可解に思う。何故だろう。私の考えでは、明治維新を肯定する側による御用学者やジャーナリズム、一般大衆を巻き込んだ「勝者史観」が影響しているように見える。井伊直弼の首を討ち取った桜田門外の変は、大

・・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・

『南洲伝』覚書(32)ー大久保利通暗殺事件

■それにしても不思議なのは、大久保利通暗殺事件の首謀者・島田一郎に対する評判が非常に悪いことだ。私は、「桜田門外の変」の首謀者たちに対する評価と比較しながら、あまりにも落差が大きいことを、不可解に思う。何故だろう。私の考えでは、明治維新を肯定する側による御用学者やジャーナリズム、一般大衆を巻き込んだ「勝者史観」が影響しているように見える。井伊直弼の首を討ち取った桜田門外の変は、大久保利通暗殺事件と同じテロ事件でありながら、賞賛に値する「義挙」とみられているのに対して、大久保利通を惨殺した島田一郎等は、単なる犯罪人でしかないように、受け止められている。これは、誰が、メディアを握っているか、という極めて、現代的な問題である。明治新政府の御用作家的存在でしかなかった司馬遼太郎は、完全に大久保利通サイドから、この事件を描いている。当然、島田一郎等を、馬鹿かキチガイのように描いている。勝者である明治新政府に歯向かうものは、馬鹿かキチガイでしかないといわけだ。司馬遼太郎の「西南戦争」の描き方も同じだ。時の権力に迎合することを宿命とする御用学者でしかない「歴史学者」も、同じだ。
■石川県士族・島田一郎等は、馬鹿でもキチガイでもなかった。彼等は、尊敬に値する立派なサムライだった。彼等は、死後の名誉のことを、充分に考慮し、準備万端ととのえた上で、行動にうつしている。私は、島田一郎等の実行した「大久保利通暗殺事件」を、「仇討ち」と見る。西南戦争における西郷軍(薩軍)がやり残したことをやろうとして、なかばやりとげたのであった。彼等は、事件後、逃げも隠れもせず、揃って警察に出頭し、逮捕された。









👈応援クリックよろしくお願いします!


-------------ーーーー


山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇


安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


[

イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

👈応援クリックよろしくお願いします!
(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html