哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小池百合子の「希望の党」に投票した。 普段は、あまり選挙に行かないが、今日は、ドシャ降りだから、選挙に行って来た。 わしは、小選挙区も比例区も、小池百合子の「希望の党」に入れて来た。 安倍晋三も小泉進次郎も「ネット右翼」以下のクズだろう。ペラペラ、内容の無い幼稚な話を喋り捲るだけの人寄せパンダ(笑)。 『ネット右翼亡国論』でも読んで勉強し直せ! 小池百合子の方が、まだマシだ。 〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



普段は、あまり選挙に行かないが、今日は、ドシャ降りだから、選挙に行って来た。

わしは、小選挙区比例区も、小池百合子の「希望の党」に入れて来た。

安倍晋三小泉進次郎も「ネット右翼」以下のクズだろう。ペラペラ、内容の無い幼稚な話を喋り捲るだけの人寄せパンダ(笑)。

小生の新刊『ネット右翼亡国論』でも読んで勉強し直せ!

小池百合子の方が、まだマシだ。


最近、小池新党の失速を見て、「希望の党」では無く「絶望の党」だの、「死亡の党」だなどと言って、小池百合子を批判、嘲笑する事が、エセ文化人やエセ芸能人、グズな大衆の「馬鹿の一つ覚え」のようになっているが、小池百合子に匹敵する政治家が、今の日本に一人でもいるのか。


小池新党と民進党の合流が話題になった時、安倍総理を筆頭にして、あらゆる政治家が、なすすべもなく、蒼ざめたはずではなかったか?あれだけの大仕掛けの政治謀略が、小池百合子以外の誰に出来るか?

枝野幸男も、安倍晋三も、小泉進次郎も、小池劇場の脇役でしかない。彼等こそ、ドサ回りの猿芝居の大根役者たちだろう。恥を知れ!

私は、小池百合子は好きではないが、政治家としてはたいした奴だと思う。尊敬していると言ってもいい。

(続く)


============= =======
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから➡︎http://www.mag2.com/m/0001151310.html
============= =======



(続く)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。

千葉11区自民党衆議院議員=森英介の正体! 森英介は、「小沢一郎事件」(陸山会事件)で、強引な指揮権の発動によって、「小沢一郎政権」を潰した当時の法務大臣だった。戦後政治の歴史に「汚点」を残したダーティーな法務大臣だった。今も、千葉11区選出の国会議員として現役を続けているらいい。怒りを感じる。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



千葉11区自民党衆議院議員=森英介の正体!
森英介は、「小沢一郎事件」(陸山会事件)で、強引な指揮権の発動(大久保秘書逮捕事件)によって、「小沢一郎政権」を潰した当時の法務大臣だった。戦後政治の歴史に「汚点」を残したダーティーな法務大臣だった。今も、千葉11区選出の国会議員として現役を続けているらいい。怒りを感じる。千葉11区の選挙民の無知無能、無学にも怒りを感じる。


森英介は、法務大臣(麻生太郎内閣)として指揮権を発動し、小沢一郎政策秘書=大久保秘書を逮捕させた政治的犯罪者だ。千葉11区から、こういう世間知らずの、犯罪者的な、無能な「坊ちゃん政治家」は追放せよ!と言いたい。


法務大臣が、自分の好き勝手に、他人や政敵を、自分の権限を乱用して、逮捕させてもいいのか。それがいいというなら、憲法も法律もいらない。森英介法相は、「指揮権発動」ということの重大な意味を知らなかったのではないか?その時の総理大臣が麻生太郎!(笑)無知無能コンビ!


しかし、その甲斐もなく、麻生政権は、政権交代によって崩壊した。




● 官房機密費 指揮権発動 小沢氏の秘書逮捕 平野貞夫氏爆弾告発

2010.05.10 朝日ニュースター

[小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発

http://www.youtube.com/watch?v=XC2XXNBgGT8

f:id:yamazakikotaro:20171020081829p:plain



(続く)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。

ボケ老人= 森英介(千葉11区)と小沢一郎と陸山会事件。指揮権発動。そして多ヶ谷亮(千葉11区)。 陸山会事件で指揮権発動した法務大臣は、森英介だった。森英介と小沢一郎。忘れてはいけない事件だ。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


ボケ老人=森英介(千葉11区)と小沢一郎陸山会事件。そして指揮権発動。小沢一郎の直弟子=多ヶ谷亮(千葉11区)。 陸山会事件で指揮権発動した法務大臣は、森英介だった。森英介小沢一郎。忘れてはいけない事件だ。千葉11区のみなさんは、ご存知か?「小沢一郎政権」をつぶし、「民主党政権」を潰した張本人は、千葉11区選出のボケ老人=森英介だったのだ。


小沢一郎潰し」で発動された「陸山会事件」で、指揮権発動した法務大臣森英介だった。私は、森英介は弁護士出身か法律の勉強専門家かと思っていたが、そうではなかった。森英介は、元々は、東北大学工学部出身の某社のサラリーマンだった。要するに法律とは無縁な人間だった。それが、何故、陸山会事件の時、法務大臣に抜擢されたのか?


この「森英介法相指揮権発動事件」を暴露したのは、小沢一郎の「袋刀」とも言われる小沢一郎の盟友=平野貞夫だった。


● 官房機密費 指揮権発動 小沢氏の秘書逮捕 平野貞夫氏爆弾告発

2010.05.10 朝日ニュースター

[小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発

http://www.youtube.com/watch?v=XC2XXNBgGT8

小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発


(続く)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラからhttp://www.mag2.com/m/0001151310.html  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


小生の近著(8/3)『ネット右翼亡国論』が販売開始! ⬇︎⬇︎⬇︎ ネット右翼亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号と8月号には、適菜収との対談「言葉を破壊する安倍政権」「小池/都民ファーストの正体」が掲載されています。⬇︎ ⬇︎⬇︎
月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

月刊日本 2017年 03 月号 [雑誌]

山崎行太郎の本。⬇︎
保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠



この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。

中国共産党大会最新情報。 王岐山氏の去就焦点に。本人辞意、習氏は慰留〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


中国共産党大会最新情報。 王岐山氏の去就焦点に。本人辞意、習氏は慰留〜〜〜

王岐山氏の去就焦点に 本人辞意、習氏は慰留
中国共産党大会特集(2)
2017/10/11 23:00
アジアニュース
 習近平氏の懐刀である王岐山・中央規律検査委員会書記の去就は、引き続き大きな関心を集めている。党関係者によると、王氏自身は周囲に辞意を伝えているが、習氏の慰留を受け入れて政権内に残る可能性はまだ消えていないという。

 共産党には、5年に1度の党大会の時点で68歳以上の幹部は引退しなければならないという不文律がある。「七上八下」と呼ばれる仕組みで、これにのっとれば69歳の王氏は今回、身を引かなければな・・・

日本が「大義なき解散」に一喜一憂している間に、中国では、習近平の「後継者」が、ほぼ明確になったらしい。陳敏爾(ちん・びんじ)・重慶市党委書記(57)が、その後継候補らしい。 しかし、日本の中国ヲッチャーの多くは、別の名前を挙げて、止せばいいのに、知ったかぶりのガセネタの内部情報(?)を書き散らし、結果的に大恥をかかされいる。日本のジャーナリストや中国問題研究の専門家、学者、文化人たちの目がいかに節穴かが分かるだろう。〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


日本が「大義なき解散」に一喜一憂している間に、中国では、習近平の「後継者」が、ほぼ明確になったらしい。陳敏爾(ちん・びんじ)・重慶市党委書記(57)が、その後継候補らしい。


しかし、日本の中国ヲッチャーの多くは、別の名前を挙げて、止せばいいのに、知ったかぶりのガセネタの内部情報(?)を書き散らし、結果的に大恥をかかされいる。日本のジャーナリストや中国問題研究の専門家、学者、文化人たちの目がいかに節穴かが分かるだろう。


たとえば、テレビによく出る中国ヲッチャーの一人は、後継決定の情報が流れた日の新聞に、どうどうと「誤報」を披露している。恥ずかしくないのか?知らぬ存ぜぬのクソ度胸で、また同様な間違いを繰り返すだろうと思う。それだけ、日本のテレビや新聞に登場する専門家たちは、いい加減な人物ばかりなのだ。



習近平氏の後継固まる

■注目ニュース■

 18日に開会する中国共産党の第19回党大会の最高指導部人事で、習近平国家主席(64)の最側近として知られる陳敏爾(ちん・びんじ)・重慶市党委書記(57)が政治局常務委員(7人)に昇格し、来年3月の全国人民代表大会(国会)で国家副主席に就任することが内定した。中国筋が16日明かした。次世代指導者の陳氏が最高指導部の常務委員と国家副主席を兼務することで、5年後に国家主席の任期(2期)を迎える習氏の後継地位を固めることになる。

▽中国:陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる
https://l.mainichi.jp/vTTfqBo