山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

早稲田大学教授で文芸評論家の渡部直己が、セクハラ問題で辞任においこめられた模様である。 セクハラやパワハラ、暴力問題など、エセ弁護士やインチキ文化人、芸人崩れのテレビコメンテーター等が主導する「エセ倫理主義」もここまで来たかと、感慨にたえない。 そろそろ、過剰なエセ道徳主義、エセ倫理主義、エセ法律原理主義の風潮に歯止めかけるべきだと思っていたが、「渡部直己セクハラ問題」は、いいチャンスだ。ネットでは、相変わらず、被害者が可愛そうだ、渡部直己教授の責任を追及せよ、という意見が多いが、私はそうは考えない。

早稲田大学教授で文芸評論家の渡部直己が、セクハラ問題で辞任においこめられた模様である。

https://www.asahi.com/amp/articles/ASL6W0DY3L6VUTIL078.html?__twitter_impression=true

セクハラやパワハラ、暴力問題など、エセ弁護士やインチキ文化人、芸人崩れのテレビコメンテーター等が主導する「エセ倫理主義」もここまで来たかと、感慨にたえない。

そろそろ、過剰なエセ道徳主義、エセ倫理主義、エセ法律原理主義の風潮に歯止めかけるべきだと思っていたが、「渡部直己セクハラ問題」は、いいチャンスだ。ネットでは、相変わらず、被害者が可愛そうだ、渡部直己教授の責任を追及せよ、という意見が多いが、私はそうは考えない。

渡部直己は簡単には潰れない。渡部直己は、いい意味で、確信犯である。渡部直己は、身を投げ打って、最近の日本の思想的堕落を告発しているように見える。

私が、Twitterで、渡部直己を擁護すると、早速、中大法学部教員(大杉謙一,)と称する馬鹿か、自信満々に、凡庸な常識論を振り回して、上から目線で反論してきた。

無論、私は、例によって、いつもの通り反撃した。「お前等のようなエセ弁護士やエセ法律万能主義者が日本を滅ぼす。」、「文学や哲学は、法律や道徳より深いのだ。」と。その後、大杉謙一(中大教員)は沈黙。逃げた?

さて、ネット情報によると、指導していた女子大学院生に、酒の席で、「俺の女になれ」と迫ったという事だ。渡部直己自身も、マスコミの追及に、それを半ば認めている様で、問題が発覚し、新聞社やネット騒ぎ始めた以上、辞職の意向だったようだが、すでに辞色願いを提出したらしい。

私は、渡部直己のことは、若い時、まだ20代の頃から交流があり、よく知っている。その後、論争相手になったこともあり、交流はなくなったが、彼の著作物や活躍は、よく知っている。

渡部直己がそいう問題を、まったくおこしそうもない品行方正な奴だとは思わない。渡部直己なら、そういうこともあるかもしれないと思う。渡部直己は危険な男である。渡部直己は熱血漢である。文学や教育においても、行き過ぎもあったのであろう。

文学や文学の現場が、セクハラやパワハラと無縁だとも思わない。ドストエフスキーの『罪と罰』を見るまでもなく、もともと文学や哲学は危険なものである。常識や道徳や法律的正義を疑い、否定、批判するところに、文學や哲学の存在意義がある。ニーチェには『道徳の彼岸』という著作がある。

酒の席で「おれの女になれ」と言われたぐらいで、騒ぎ立てたり、泣き喚いて彼の元に駆けこんだりーーするような女には、文学や小説などの現場に近付かないほうがいい、と私は思う。

私は、不謹慎かもしれないが、文壇の周辺で、こういうスキャンダルが起きたことは、渡部直己には悪いが、いいことだったと思う。これで、文学の本質や実態が明らかになり、批評や文学が蘇る可能性が出て来たからだ。

最近は、「作家のサラリーマン化」「作家の大学教授化」で、文学は衰退し、瀕死状態にあった。

言い換えると、ニセモノたちが淘汰されることになると思うからだ。ニセモノとは、文壇の中のエセ倫理主義者、エセ道徳主義者だ。今、ネットで騒いでいるような連中だ。

私に反論してきたもう一種の人種は、文学研究者である。文学を学問だと考え、やれ博士論文がどうのこうの、博士号がどうのこうの、大学教授には博士号が必要だとか、文学とは無関係なことを言って騒いでいる奴らである。

私は、文学研究者は、文学を飯のネタにして 、大学という職場に寄生している「社畜」でしかないと思っているが、本人たちは、我こそ文学者だと思っているらしい。むろん、彼らは、研究者であって、文学を実践している文学者ではない。

彼等が、文学教育の現場で、セクハラやパワハラはケシカランと、エセ弁護士らと同様に騒いでいる。彼等は、文学とは、セクハラとパワハラとは無縁な、もっと健全なものだと思っているようだ。むろん彼等の勘違いである。

結局、文学研究者は文学者ではない。革命研究者が、革命家ではないように。この事実を確認できただけでも、「渡部直己セクハラ問題」には、歴史的意義があったと思う。

文学研究者は文学者ではない。渡部直己問題は文学の問題だ。大学という職場にしがみつくしか能のない文学研究者(サラリーマン教員)は黙って、引っ込んでいろと言いたい。
(続く)


[f:id:yamazakikotaro:20180620114644j:plain



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、以下のメールフォームからお願いします。

https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⬆︎

「ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。「読者になる」と、新しい記事がアップされる度に連絡が届きます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ネット右翼亡国論』発売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

(佐藤優氏推薦文り)
⬇︎⬇︎⬇︎
『~存在論的に徹底的に掘り下げて、現象を考える山崎哲学の神髄がここにある。~』


ネット右翼亡国論

https://www.amazon.co.jp/dp/4802130627/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1497331446&sr=1-10

山崎行太郎が、「月刊日本」に毎号、「マルクスエンゲルス」を連載しています。「月刊日本」3月号には、適菜収氏との対談「安倍政権は『バカ発見器』である」が掲載されています。
月刊日本3月号
山崎行太郎の著書。
⬇︎
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

小生(山崎行太郎)も、毎晩、呑んでいる薩摩半島・吹上浜の「芋焼酎」=「西海の薫」(原口酒造)です。鹿児島の「シラス台地」で栽培された薩摩芋の濃厚な薫りがします。


◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️

[f:id:yamazakikotaro:20180620114644j:plain




★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)による情報拡散もよろしくお願いします。

NHK熊本の正亀賢司(まさかめ、けんじ)の『西郷隆盛と西南戦争を歩く』(文春新書)は、NHKや大河ドラマ原作者林真理子、脚本中園ミホらが画策する「歴史のメロドラマ化」、「西南戦争はなかった」かのような「歴史改竄」を目指す無知蒙昧な歴史冒涜の書である。( 続く)

NHK熊本の正亀賢司(まさかめ、けんじ)の『西郷隆盛西南戦争を歩く』(文春新書)は、NHK大河ドラマ原作者林真理子、脚本中園ミホらが画策する「歴史のメロドラマ化」、「西南戦争はなかった」かのような「歴史改竄」を目指す無知蒙昧な歴史冒涜の書である。

何故、薩摩軍の兵士達が眠る南洲墓地の一郭に、しかも南洲墓地の墓石群を見下ろす丘の上に、官軍の総大将とも言うべき大久保利通慰霊碑を建てる必要があるのか? さらに、薩摩軍の慰霊祭の前日に、大久保利通慰霊祭をやる必要があるのか?

正亀賢司(まさかめ )は、今年の南洲墓地で、音楽を流して大久保利通慰霊祭の邪魔をする奴らがいたと言うが、大久保利通慰霊祭の「薩摩琵琶」こそ、薩摩軍兵士達の霊を冒涜する雑音だろう?違うのか?答えてみろ、と言いたい。

版元の「文藝春秋」社と「文春新書」編集部に、NHK熊本の正亀賢司(まさかめ、けんじ)という歴史改竄の馬鹿が書いた『西郷隆盛西南戦争を歩く』(文春新書)の発売停止と絶版を要求する。( 続く)


==================================
(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
==================================

NHK熊本の正亀賢司(まさかめ、けんじ)が書いた『西郷隆盛と西南戦争を歩く』(文春新書)を、武蔵浦和の某書店で立ち読み。 NHKの人らしく、凡庸 、通俗的。読み進めて行くうちに、強い怒りを覚えた。

NHK熊本の正亀賢司(まさかめ、けんじ)が書いた『西郷隆盛西南戦争を歩く』(文春新書)を、武蔵浦和の某書店で立ち読み。

NHKの人らしく、凡庸 、通俗的。読み進めて行くうちに、強い怒りを覚えた。

たとえば、私も 、反対の立場から少し関係しているが、昨年設置された南洲墓地における大久保利通の慰霊塔と、昨年からはじめられた薩摩軍と政府軍との「恩讐を越えて」の和解の慰霊祭を この著者は、高く評価しているようだ。薩摩軍と政府軍の和解の儀式は、もっと早くやるべきだった、と。

しかし、鹿児島には、それに反対する頑迷、偏狭な市民一派がいると。今年は、その反対派が、慰霊祭の途中で、音楽を流して、神聖な慰霊式を邪魔した、と。

この正亀賢司(まさかめ )という男は、さすがNHkの人らしく、西南戦争の意味など、何も分かっていない。南洲墓地に大久保利通の慰霊塔を立て、そこで大久保の慰霊祭をやることが、何を意味するか?

正亀賢司(まさかめ )によると、大久保利通慰霊碑と大久保利通慰霊祭をやる側が正義で、それに反対し、邪魔する奴らは、ケシカランというわけだ。お前は、ユダヤ教キリスト教イスラム教徒の対立と抗争の歴史は無意味だというのか?

このNHKの男は、大久保利通慰霊塔と大久保利通慰霊祭に、誰が反対し、誰が慰霊塔撤去を要求し、慰霊祭を妨害しているかを知っているのか? よく知らないで書いているとしたら、馬鹿を言うのも、いい加減にしろと言いたい。俺たちが反対しているのだ。

大久保の慰霊塔の設置に反対し、撤去を要求しているのは、東京で「敬天愛人フォーラム」を主宰し、西郷隆盛の「敬天愛人に哲学」を研究、拡散し、そのかたわらで、西郷隆盛像の清掃活動を続けている内弘志(うちひろし)さんたちと、内さんたちにの活動に賛同し、共感する私を含む、東京在住の多数の西郷隆盛フアンの仲間たちである。

正亀賢司(まさかめ )は、反対派を過小評価し、先の著書でも、侮蔑的な書き方をしているが、チンピラ-サラリーマンが良く言うよ、と言っておく。

そもそも、たとえば、靖国神社に、米軍司令官の慰霊塔を作り、英霊たちに土下座させるような真似を誰が許すか?

正亀賢司(まさかめ )という愚か者が賞賛する南洲墓地の大久保利通慰霊塔設置と慰霊祭は、南洲墓地に眠る薩摩軍兵士達への冒涜であり、南洲墓地を侮蔑し、南洲墓地そのものを空洞化し、冒涜するものである。

私は、内弘志(うち/ひろし)さんらと連携しつつ、今後も 、断固、反対し、大久保利通慰霊塔の南洲墓地からの撤去と南洲墓地での慰霊祭の中止を 強く主張し続ける覚悟である。