今日、これから、東京へ戻ります。夏休みやお盆休みで帰省する人が多い時に、私は、田舎を引き上げ、東京に戻る。 川原さんの紹介で、昨夜は、初めて、高校の全体の同窓会に出席。城山の山の上に立つ鹿児島城山ホテルも、初めて。( 続く)

今日、これから、東京へ戻ります。夏休みやお盆休みで帰省する人が多い時に、私は、田舎を引き上げ、東京に戻る。

川原さんの紹介で、昨夜は、初めて、高校の全体の同窓会に出席。城山の山の上に立つ鹿児島城山ホテルも、初めてだった。現役高校生のコーラス。総会。初めての女性校長の話 。そして懇親会。鹿児島らしく焼酎で盛りあがる。さすがに、踊り出す人はいないが。(笑)

東京から来賓として参加していた我が母校の東京同窓会の会長の市之瀬さんに初めて会った。話してみてわかった事だが、意外にも、私の田舎のすぐ近くの出身。共通の知人も数名。東京芸大声楽科出身とか。道理で、舞台上で、カラオケならぬオペラ歌手のような声で歌い上げていた。

嬉しいことに、私のことも知っていた。


f:id:yamazakikotaro:20180806075458j:plain

f:id:yamazakikotaro:20180806075721j:plain

昨日、毒蛇山荘に来客あり。総勢4名。我が同士=川原彰夫さんとその仲間たち。小生を加えた5名で、一夜の飲み会とミニ合宿。昨年、『岩田温講演会IN鹿児島( 鹿児島西南塾 ) 』に出席してくれた主要メンバー。( 続く)

昨日、毒蛇山荘に来客あり。総勢4名。我が同士=川原彰夫さんとその仲間たち。小生を加えた5名で、一夜の飲み会とミニ合宿。昨年、『岩田温講演会IN鹿児島( 鹿児島西南塾 ) 』に出席してくれた主要メンバー。早速、怪しい共同謀議。NHKの大河ドラマ西郷どん 』は終わっても、我々はやるぞー。来年、また政治学者=岩田温先生も呼んで、二回目の講演会を! と森の奥の鄙びた、みすぼらしい山荘で、気炎を上げる。小生は、トートナウベルクの山荘にこもるハイデッガーの気分。焼酎を飲みすぎて、話したことは、すべて忘れた。(笑)
川原さん、有村さん、池田さん、永田さん。ありがとうございました。またやりましょう。

f:id:yamazakikotaro:20180801221902j:plainf:id:yamazakikotaro:20180801221957j:plainf:id:yamazakikotaro:20180801222115j:plain

ラスコーリニコフの帰郷。 鹿児島の5=毒蛇山荘に帰りました。毒蛇山荘は、今年は、近くに済む幼友達が、庭や玄関、門・・・などに除草剤をまいてくれていたので、意外に綺麗だった。さっそく、かしわの刺し身を買い求め、その幼友達と焼酎を。( 続く)

ラスコーリニコフの帰郷。
鹿児島の5=毒蛇山荘に帰りました。毒蛇山荘は、今年は、近くに済む幼友達が、庭や玄関、門・・・などに除草剤をまいてくれていたので、意外に綺麗だった。さっそく、かしわの刺し身を買い求め、その幼友達と焼酎を。

陶淵明の「帰去来」が浮かぶ。
官を辞して家に帰る決意を述べ、はやる心で帰路に赴く。彭沢から故郷の柴桑まで。百里陶淵明は長江を船で遡る。

「帰りなん、いざ。田園、まさにあれなんとす。」(帰去来)

(歸去來兮辭)  
ーーーーーーーーーー
                  
歸去來兮
(かへりなん いざ)
  田園將蕪胡不歸 
(田園 將に蕪(あ )れなんとす 胡(なん)ぞ歸らざる)
  既自以心爲形役  
(既に自ら心を以て形の役と爲す)
  奚惆悵而獨悲    
(奚(なん)ぞ惆悵して獨り悲しむ)
  悟已往之不諫    
(已往の諫めざるを悟り)
  知來者之可追    
(來者の追ふ可きを知る)
  實迷途其未遠    
(實に途に迷ふこと 其れ未だ遠からずして)
  覺今是而昨非    
(覺る 今は是にして 昨は非なるを)
  舟遙遙以輕     
(舟は遙遙として 以て輕しl
  風飄飄而吹衣    
(風は飄飄として 衣を吹く)
  問征夫以前路    
(征夫に問ふに 前路を以ってし)
  恨晨光之熹微
ーーーーーーーーーーー
ところで、『エセ保守が日本を滅ぼす』が、東京堂書店(神田神保町本店)の週間売り上げランキングで、総合5位だと。文芸部門では3位。売れないより売れた方がいい。しかし、売り上げを、思想や文学の基準にすることには大反対だ。秋山瞬という批評家は、名作『内部の人間』を出版した時、跡書きに、2、3冊売れればいいと書いた。私のモットーでもある。

さて、深夜、毒蛇山荘の孤独な夜を満喫していると。もう一人の友が、孤独な私を慰めるかのように、やって来たではないか! なんとヤモリ君。昔は怖かったがものだが、今は違う。ヤモリを友として歓迎し、私が留守にしていた間、文字通り、家を守ってくれたことに感謝しつつ。


f:id:yamazakikotaro:20180721035456j:plain