山崎行太郎Blog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学を経て現在、「西南塾=政治哲学研究会」主宰。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『適菜収対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。原稿・取材依頼、緊急連絡(レポート)などは、携帯電話かメールでお願いします。<br> ➡090-6007-0726。➡︎︎yama31517★gmail.com

今日も、テレビは、全局が「アメフト騒動」を煽り続けています。まさしく、テレビが主導する「公開処刑」「人民裁判」「リンチ事件」ですね。 私が得た最新情報によると、被害者である関学アメフト部のQB奥野選手は、1回退場して、あの試合の後半に、再登場しているようです。テレビ局もスポーツライターも、それを言いませんね。

今日も、テレビは、全局が「アメフト騒動」を煽り続けています。まさしく、テレビが主導する「公開処刑」「人民裁判」「リンチ事件」ですね。私が得た最新情報によると、被害者である関学アメフト部のQB奥野選手は、1回退場して、あの試合の後半に、再登場…

関学アメフト部はもっとタチが悪いよ、という日大アメフト監督のことばは真実だったようだ 。こういうのを「盗っ人猛々しい」と言いますね。

西海の薫日頃 、メディアの暴走や狂気にやかましいメディア研究 、メディア論、プロパガンダ研究 、マスコミ研究に携わる研究者たちが、このマスコミの異常事態(国民総動員のファシズム的バッシング現象)に、ひたすら沈黙し、警鐘も警告も発しないのは、不思…

●●関学アメフト部スキャンダルを告発する。●●ー読者から以下のような告発メールが届いています。公開します!

●●関学アメフト部スキyャンダル●●ー読者から以下のような告発メールが届いています。公開します!一昨日は、「グランドアーク半蔵門」で「「月刊日本」を叱咤激励する会」がありました。政界から亀井静香、石破茂、二階俊博、玉木雄一郎、らの各氏が駆けつけ…

テレビ的「エセ正義」の暴走と狂気。アメフト騒動を読み解く。

松本サリン事件の頃、「犯罪報道の犯罪」という言葉が、私の中で流行語になったことがあった。犯罪報道の犯罪とは、マスコミという「犯罪組織」(笑)の犯罪性のことである。戦前の日本のマスコミは、国民を扇動し、戦争に駆り立てて行ったという歴史を持つ…

テレビが演出するメディアの全員一致のファシズム的総動員体制!あるいはスケープゴートの政治哲学。

テレビが演出するメディアのファシズム的総動員体制! あるいはスケープゴートの政治哲学。私は、日大アメフト部の危険タックル問題は、テレビが演出することによって、大きく拡大し、国民的なファシズム的バッシング現象を生み出し、一般市民までが熱狂的に…

『南洲伝 』のためのメモー圭室諦成の岩波新書『 西郷隆盛』を読みながら

『 南洲伝』のためのメモ。 西郷隆盛批判の定番とも言うべき論文がある。それは西郷を、封建主義的な復古主義者として位置づけ、西南戦争を不平氏族の反乱とするものである。こういう西郷論は、司馬遼太郎にまで、続いている。圭室諦成(たまむろ・たいじょ…

メルマガ「山崎行太郎の毒蛇通信」最新号を配信しました。 メルマガ「週刊=山崎行太郎の毒蛇通信」の登録は、コチラ。⬇ http://www.mag2.com/m/0001151310.html

メルマガ「山崎行太郎の毒蛇通信」最新号を配信しました。今回の主要テーマは、「小林秀雄とデカルトとマルクス」。メルマガ「週刊=山崎行太郎の毒蛇通信」の登録は、コチラ。⬇ http://www.mag2.com/m/0001151310.html メルマガ「山崎行太郎の毒蛇通信」最新…

私は「正論」が嫌いだ。誰もが認めるような「正論」をいかがわしいものとして、私は拒絶する。私は「正論」を根拠に思考し、判断し、分析しない。しかし私は、相対主義者ではない。私は私の思考や判断に、間違っているかもしれないとは思うが、自信を持っている。絶対的なものだと思っている。

私は「正論」が嫌いだ。誰もが認めるような「正論」をいかがわしいものとして、私は拒絶する。私は「正論」を根拠に思考し、判断し、分析しない。しかし私は、相対主義者ではない。私は私の思考や判断に、間違っているかもしれないとは思うが、自信を持って…

山崎行太郎と内山卓也の「政治哲学チャンネル」(youtube動画 )『 何故、マルクスとエンゲルスなのか?』

山崎行太郎と内山卓也の政治哲学チャンネル(youtube動画)『 何故、マルクスとエンゲルスなのか?』。マルクス的思考力とエンゲルス的思考力の違いについて、わかりやすく論じました。一見の価値あり、です。https://youtu.be/gyUSH4e50O4 (続く) ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆…

南洲墓地の大久保利通慰霊塔を撤去せよ。南洲墓地に大久保利通慰霊塔を設置した責任者を厳しく糾弾せよ!

南洲墓地の大久保利通慰霊塔を撤去せよ。南洲墓地に大久保利通慰霊塔を設置した責任者を厳しく糾弾せよ!南洲墓地での大久保利通慰霊祭が、内弘志さんら反対派の抗議に直面して、慰霊祭名称変更や講演タイトルの変更に追い込められたらしい。当然である。今…

大久保利通と佐賀の乱。

佐賀の乱は、征韓論で下野した江藤新平が、佐賀にもどり、佐賀征韓党メンバーらとともに武装蜂起し、中央政府打倒に立ち上がったと思われている。しかし。実際はどーだったのか?大久保利通の反乱鎮圧の行動は素早かった。熊本鎮台兵を差し向け、アッという間…

征韓論は大久保利通、伊藤博文等の仕掛けたくーデターだった?

・ ・ 征韓論は大久保利通、伊藤博文等の仕掛けたクーデターだった?欧米視察から帰ったら、留守政府は西郷隆盛や江藤新平等に実権を奪われていた。大久保利通は自宅に引きこもり、政府の実権を奪い返すべく、クーデターを計画。それが征韓論論争だった。征…

西郷隆盛と征韓論。征韓論騒動を仕掛けたのは西欧視察組だった?

西郷隆盛と征韓論。征韓論騒動の謎が解けてきた。欧米視察組が帰国すると、留守政府では「征韓論」が沸き起こっていた、というのが司馬遼太郎を始め、歴史学者の間にまでいきわたっている通説だが、それを証明する第一次史料はない。むしろ征韓論などなかっ…

世界遺産亡国論ー長崎(島原)・熊本(天草)地方のキリシタン関係施設が世界遺産に登録されたと、テレビや新聞が、喜ばしい成果のように伝えている。なるほど、ある人たちには、喜ばしい成果かもしれない。しかし、世界遺産などと言って大騒ぎするようなことか。キリシタン史跡とは、宗教的には弾圧・殉教の記念碑かもしれないが、政治思想的には西欧近代文明の侵略・植民地政策の傷跡でしかない。

・ ・ 「世界遺産」亡国論 長崎(島原)・熊本(天草)地方のキリシタン関係施設が世界遺産に登録されたと、テレビや新聞が、喜ばしい成果のように伝えている。なるほど、ある人たちには、喜ばしい成果かもしれない。しかし、世界遺産などと言って大騒ぎする…

●憲法論議の「空虚」と「廃墟」

●憲法論議の「空虚」と「廃墟」。今日は、憲法記念日だったらしい。私は憲法論議に興味がないわけではない。しかし、憲法記念日に各所で繰り返される憲法論議には興味ない。特に、政治家やその周辺の政治評論家や応援団の「九条」をめぐる憲法論議には、まっ…

我々は、南洲墓地での「大久保利通慰霊祭」に断固、反対する!大久保利通一族の横暴を許すなかれ。今後と責任を追求していく。

いよいよ近ずいて来ましたね。南洲墓地における「5/6大久保利通慰霊祭」。何故、大久保利通慰霊祭を、南洲墓地で行わなければならないのか?最近の鹿児島の人間は、本当にいい加減になっている。西郷隆盛と大久保利通の区別もつかないらしい。西南戦争の敗者…

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に断固反対し、実行委員会諸氏に抗議する。

いよいよ近ずいて来ましたね。南洲墓地における「5/6大久保利通慰霊祭」。何故、大久保利通慰霊祭を、南洲墓地で行わなければならないのか?最近の鹿児島の人間は、本当にいい加減になっている。西郷隆盛と大久保利通の区別もつかないらしい。西南戦争の敗者…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎」中心のネット情報活動へ。さて、「月刊日本」から適菜収さんとの対談集が出ることになりました。副編集長中村君の努力でゲラが出来上がったので連休中に仕上げて、「まえがき」とともも渡そうと思っています。というわけで『 文学や哲学を知らずして、政治や経済を語るなかれ!』という小生のモットーを再確認しているところです。

(続く)・ ・ ⬆︎ メールマガジン「週刊=山崎行太郎」中心のネット情報活動へ。さて、「月刊日本」から適菜収さんとの対談集が出ることになりました。副編集長中村君の努力でゲラが出来上がったので連休中に仕上げて、「まえがき」とともも渡そうと思っていま…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎。(「西郷南洲伝」=「創作ノート」)」を配信しました。今号から、『南洲伝』(創作ノート)を少しずつ連載していきます。主に、奄美、徳之島、沖永良部。。。流刑時代の「島の生活」を中心に取り上げ、「西郷南洲伝」とする予定です。最初は「重野安繹(しげの=やすつぐ )」との交流を

メールマガジン週刊山崎行太郎」配信しました…今回の号は、西郷『南洲伝』の創作ノートのを開始しています。重野は、薩摩藩の武士で、少年時代から、かなりの秀才だったらしく、若くして江戸の学問所「昌平講」に学び、学問に励んでいました。しかしここで問…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎 」最新号を送信しました。今回のテーマは「プラトンとデカルトとマルクスの接点(1)」。小林秀雄のマルクス論は、プラトン論やデカルト論にもつながっている。ともに存在論的読み方である。ここに小林秀雄から柄谷行人へと続く日本独自のマルクス論は出来上がった。

メールマガジン「週刊=山崎行太郎」最新号を送信しました。今回のテーマは「プラトンとデカルトとマルクスの接点(1)」。小林秀雄のマルクス論は、プラトン論やデカルト論にもつながっている。ともに存在論的読み方である。ここに小林秀雄から柄谷行人へと続…

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に、原口泉会長が不参加とか。

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に、原口泉会長が不参加とか。それにしてもひどいものだな 。講演会は強行!? 事務局はまだ、やるつもりらしもりらしい。馬鹿にもほどがある。南洲墓地での大久保利通慰霊祭???????g 先日、南洲墓地に行ったが、そこで不思議なも…

私は、セクハラ問題に関心も興味もない。しかし、福田淳一という財務省事務次官の言動には違和感を覚える。福田は、セクハラの事実はない、記憶にもない。と自信満々に言っていた。新潮が、テープ録音を公開しても、シラをきっていた。新潮とは裁判でたたかうと。私も録画の相手は水商売の女か?と思っていたら?

私は、セクハラ問題に関心も興味もない。しかし、福田淳一という財務省事務次官の言動には違和感を覚える。福田は、セクハラの事実はない、記憶にもない。と自信満々に言っていた。新潮が、テープ録音を公開しても、シラをきっていた。新潮とは裁判でたたか…

西郷隆盛とルソー。西郷隆盛にとってもルソーにとっても…「革命」は理想社会を実現するための革命ではなかった。それは「存在論的革命」であった。

西郷隆盛とルソー。 西郷隆盛にとってもルソーにとっても…「革命」は理想社会を実現するための革命ではなかった。それは、理想や目的の実現のためではなく、内在的論理にもとずく已むに已まれぬ革命、つまり「存在論的革命」であった。それはともまくとして…

パワハラからもセクハラからも遠く離れてー『 山川方夫伝 』への道。私は、パワハラにもセクハラにもそれなりの興味を持つ。しかし、本質的な興味ではない。私は、パワハラやセクハラの議論は、社会的正義や公共性の問題に終始するしかないのを見ていて、これらの問題から顔を背けたくなる。私は、誰も反対できないような社会的正義や公共性というものが嫌いである。そこには「私」の問題も「実存」の問題も、「存在」の問題もないからだ。

パワハラからもセクハラからも遠く離れてー『 山川方夫伝 』への道。 私は、パワハラにもセクハラにもそれなりの興味を持つ。しかし、本質的な興味ではない。私は、パワハラやセクハラの議論は、社会的正義や公共性の問題に終始するしかないのを見ていて、こ…

Youtube対談「西部邁自殺幇助事件」と西部邁の弟子達。西部邁の弟子達もみんなエセ保守だった。エセ保守の終焉。

youtube対談動画「山崎行太郎と内山卓也の『政治哲学チャンネル 』」です。いつものように森哲子さんの協力で出来上がりました。●Youtube対談「西部邁自殺幇助事件」と西部邁の弟子達。西部邁の弟子達もみんなエセ保守だった。エセ保守の終焉。 https://yout…

Youtube対談「西部邁事件とエセ保守の終焉」

Youtube対談「西部邁事件とエセ保守の終焉」https://youtu.be/69sSneH7Lb8 (続く) ・ ・ ⬆︎「ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。「読者になる」と、新しい記事がアップされる度に連絡が届きます。 続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』…

明日(4/15)、Youtube撮影。藤井聡や中島岳志等を筆頭に、西部邁の弟子達はすべてエセ保守だった。

明日(4/15)、Youtube撮影。藤井聡や中島岳志等を筆頭に、西部邁の弟子達はすべてエセ保守だった。西部邁の多摩川投身自殺を言行一致の思想的自殺と見て、さすが保守思想の構築者と絶賛していた西部邁の弟子や愛読者やフアンたちだったが、自殺幇助者が二人も…

プラトンとデカルトとマルクスの接点。あるいは存在論的思考とは何か?「月刊日本」に連載中の「マルクスとエンゲルス」も40回を超えた。今月は小林秀雄によるプラトン、デカルト、マルクスの読み方について書いてみたい。私は高校時代に小林秀雄を読み始めたが今も読んでいる。飽きない。何故か?

・・ プラトンとデカルトとマルクスの接点。あるいは存在論的思考とは何か?「月刊日本」に連載中の「マルクスとエンゲルス」も40回を超えた。今月は小林秀雄によるプラトン、デカルト、マルクスの読み方について書いてみたい。私は高校時代に小林秀雄を読み…

iPhoneのバッテリーの調子が悪く、最近、イライラしたりヒヤヒヤすることが多かった。ところが、先日、iPhoneのアクテイビテーションロック(?)なるものがかかてしまい、まったく使用不能に。なので、iPhoneからAndroidにのりかえることにした。(以下の本文を読みたい人は、ここをクリックしてください。)

*iPhoneのバッテリーの調子が悪く、最近、イライラしたりヒヤヒヤすることが多かった。ところが、先日、iPhoneのアクテイビテーションロック(?)なるものがかかてしまい、まったく使用不能に。飛行機のチケットの予約から搭乗手続きまで、スマホを使っている…

久しぶりに武蔵浦和の本屋さんで立ち読み。佐藤優さんの新著『浦和高校』と『十五の夏』を読み、あらためて佐藤さんの誰に真似できまい独特の思考力と特異な才能、そして行動力に驚く。江藤淳の『定本-南洲残影』を買い、近くのカフェで、再読、三読。司馬遼太郎や林真理子らと比較しつつ熟読。江藤淳の描く西郷南洲は存在論的思考をする存在論的人間だ。司馬遼太郎や林真理子らのような大衆通俗作家たちには理解不可能だろうと思いつつ、ページをめくる。江藤淳と司馬遼太郎の差異は大きい。司馬遼太郎の『翔ぶが如く』は西南戦争を勝者の立場に立

・・ 久しぶりに武蔵浦和の本屋さんで立ち読み。佐藤優さんの新著『浦和高校』と『十五の夏』を読み、あらためて佐藤さんの、誰にも真似できない独特の思考力と特異な才能、そして行動力に驚く。浦和高校一年(15歳)にときに、東欧単独旅行とは。江藤淳の『完…