文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2018-01-12から1日間の記事一覧

田中秀臣という経済学者が、「三橋貴明逮捕事件」を家庭内暴力という視点から分析している。三橋逮捕事件は警察の発表通り、夫が妻をなぐったという家庭内暴力の問題に過ぎない、と。政治的陰謀や謀略を疑うような言説は、読む価値のない陰謀論だと。田中秀臣は、どーして、そんなことを断言出来るのか。すると小生の言説も陰謀論だということになる。いやはや?〜〜〜(下へ続く。本文を読みたい人は、ここをクリック。)

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)や原稿依頼、取材などは、以下の「携帯電話」か「メール」でお願いします。 090-6007-0726。yama31517@gmail.com … 田中秀臣という経済学者が、「三橋貴明逮捕事件」を家庭内暴力という視点から分析している。三橋逮捕事件…