山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『小説・南洲伝』など。

2018-03-11から1日間の記事一覧

「森友問題」の真相と深層が次第に見えてきた。安倍政権へのダメージになることは間違いないだろう。「日刊ゲンダイ」が新しい情報をーー。(続く)

・・ 「森友問題」の真相と深層が次第に見えてきた。安倍政権へのダメージになることは間違いないだろう。「日刊ゲンダイ」が新しい情報をーー。ある情報によると、検察当局は、「たとえ買い換えがあったとしても、刑事責任は問わない」と言っているそうであ…

急転回!森友決済文書書き換え問題が、ここに来て急転回の模様だ。財務省は「書き換え」を認めるところまで追い詰められている。裏で検察も動いている模様だ。

・・ 急転回!森友決済文書書き換え問題が、ここに来て急転回の模様だ。財務省は「書き換え」を認めるところまで追い詰められている。書き換えを指示したのは「佐川前国税長官」だと毎日新聞は暴露している。裏で検察も動いている模様だ。そもそも、つい一昨…