文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2018-05-03から1日間の記事一覧

●憲法論議の「空虚」と「廃墟」

●憲法論議の「空虚」と「廃墟」。今日は、憲法記念日だったらしい。私は憲法論議に興味がないわけではない。しかし、憲法記念日に各所で繰り返される憲法論議には興味ない。特に、政治家やその周辺の政治評論家や応援団の「九条」をめぐる憲法論議には、まっ…

我々は、南洲墓地での「大久保利通慰霊祭」に断固、反対する!大久保利通一族の横暴を許すなかれ。今後と責任を追求していく。

いよいよ近ずいて来ましたね。南洲墓地における「5/6大久保利通慰霊祭」。何故、大久保利通慰霊祭を、南洲墓地で行わなければならないのか?最近の鹿児島の人間は、本当にいい加減になっている。西郷隆盛と大久保利通の区別もつかないらしい。西南戦争の敗者…

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に断固反対し、実行委員会諸氏に抗議する。

いよいよ近ずいて来ましたね。南洲墓地における「5/6大久保利通慰霊祭」。何故、大久保利通慰霊祭を、南洲墓地で行わなければならないのか?最近の鹿児島の人間は、本当にいい加減になっている。西郷隆盛と大久保利通の区別もつかないらしい。西南戦争の敗者…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎」中心のネット情報活動へ。さて、「月刊日本」から適菜収さんとの対談集が出ることになりました。副編集長中村君の努力でゲラが出来上がったので連休中に仕上げて、「まえがき」とともも渡そうと思っています。というわけで『 文学や哲学を知らずして、政治や経済を語るなかれ!』という小生のモットーを再確認しているところです。

(続く)・ ・ ⬆︎ メールマガジン「週刊=山崎行太郎」中心のネット情報活動へ。さて、「月刊日本」から適菜収さんとの対談集が出ることになりました。副編集長中村君の努力でゲラが出来上がったので連休中に仕上げて、「まえがき」とともも渡そうと思っていま…