文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2018-06-17から1日間の記事一覧

米朝会談以後の世界情勢について。

米朝会談以後の世界情勢について。き米朝会談で、トランプとキム-ジョンウンの笑顔と握手の映像を見ていると、朝鮮戦争も集結し、拉致問題も解決し、朝鮮半島の非核化も実現し、東アジアに平和が訪れそうな気配がするが 、果もたしてどうだろうか。私は逆だ…