文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2019-01-30から1日間の記事一覧

西郷南洲とモーゼ(7)。 モーゼを、失敗したか成功したか、という結果論で評価することは出来ない。モーゼがモーゼになったのは、定住地( 成功 )を拒絶して、砂漠の放浪( 失敗)を選択したからだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 西郷南洲とモーゼ(7)。 モーゼを、失敗したか成功したか、という結果論で評価することは出来ない。モーゼがモーゼになったのは、定住地( 成功 )を拒絶して、砂漠の放浪( 失敗)を選択したからだ。モーゼの本質は「 砂漠の放浪 」にあると…