文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2019-03-27から1日間の記事一覧

【毒蛇山荘だより(2)】 今日は、自慢の愛車( 自転車ですが? )に乗って、険しい峠を越えて隣町( 枕崎市 )にある両親の墓参りに行ってきました。寺跡にある「山崎の五輪塔」にもお参り。ここには私の祖父が建てた記念碑があるのだが、雑草で覆い尽くされて、まったく見えない。なんとかしなくちゃと思う。この五輪塔は平安か鎌倉時代のものらしい。途中、谷間の村を通り過ぎる時、山桜に気が付き、ちょっとたちどまり、思わず、左右の小高い丘を見回しました。丘の斜面に、ぽつりぽつりと山桜が咲いています。染井吉野ではなく、山桜です

・・・・・・・・・ 【毒蛇山荘だより(2)】 今日は、自慢の愛車( 自転車ですが? )に乗って、険しい峠を越えて隣町( 枕崎市 )にある両親の墓参りに行ってきました。寺跡にある「山崎の五輪塔」にもお参り。ここには私の祖父が建てた記念碑があるのだが、雑草…