文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2019-05-06から1日間の記事一覧

『南洲伝』覚書(5)ー明治天皇と西郷南洲 ■昨日は、上野、不忍池の湖畔にある旧桐野利秋邸跡( 旧岩崎邸庭園 )に行ってきた。以前、数年前にここを通りかかったのだが、その時は、昔、ここに桐野利秋が住んでいたとは知らなかったので、門前を通り過ぎただけだった。今回、はじめて、中へ入った。元々は、新潟の高田藩の江戸屋敷だったらしい。徳川幕府が滅んでさびれていたのを桐野利秋が購入し、住まいにしていたのだろう。しかし、桐野利秋時代の面影は、おそらく残っていない。「 岩崎家 」二代目が購入して、洋館を新築したのだろう

・・・・・・・・・ 『南洲伝』覚書(5)ー明治天皇と西郷南洲■昨日(4/4@docomo.ne.jp )は、上野、不忍池の湖畔にある「 旧桐野利秋邸跡」(「 旧岩崎邸庭園」 )に行ってきた。以前、数年前にここを通りかかったのだが、その時は、昔、ここに桐野利秋が住んでい…