文芸評論家=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

2019-09-02から1日間の記事一覧

『 南洲伝 』補遺(3)ー西郷と大久保の戦争ー「西南戦争」はまだ終わっていない。ー福澤諭吉、中江兆民、内村鑑三の西郷論。

・・・・・・・ 『 南洲伝 』補遺(3)ー西郷と大久保の戦争ー「西南戦争」はまだ終わっていない。 西郷南洲に好意的な関心を寄せるのが、近代日本の最高の知性派に属すると思われる思想家や宗教家だということは、いったい、何を意味するのだろうか。福澤諭…