山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎へのメール→dokuhebi31517@yahoo.co.jp

(続25)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。「 LGBT騒動 」で、あれほど自信満々に、「新潮45」に掲載されていた杉田水脈論文や小川榮太郎論文を 批判=罵倒していた面々が、小川榮太郎が『 月刊HANADA』で反論と反撃を始めると、ひたすら無反応、沈黙、無視。今後も反応する可能性は薄い。( 続く)

(続25)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。「 LGBT騒動 」で、あれほど自信満々に、「新潮45」に掲載されていた杉田水脈論文や小川榮太郎論文を 批判=罵倒していた面々が、小川榮太郎が『 月刊HANADA』で反論と反撃を始めると、ひたすら無…

私が、ここに書いている日記の断片は、他人にどう読まれているか知らないが、私自身にとっては、かなり重要な意味を持っている。Twitterに「 クダラナイ」という書き込みがあった。「 クダラナイのはお前が馬鹿だから。馬鹿は読むな。消えろ!」とリプライしておいたが。( 続く)

p私が、ここに書いている日記の断片は、他人にどう読まれているか知らないが、私自身にとっては、かなり重要な意味を持っている。Twitterに「 クダラナイ」という書き込みがあった。「 クダラナイのはお前が馬鹿だから。馬鹿は読むな。消えろ!」とリプライし…

(続25)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。内田樹の役割。矢野優「新潮」編集長が書いた編集後記は、明らかに、文芸誌の編集後記を逸脱していた。差別に抗議する? 文芸誌が、「社会的正義 」や「 政治的正義( ポリ・コレ ) 」というようなイデオロギーを主張するようになったら、文芸誌の自殺行為だろう。矢野優「編集後記」の背後にいたのは誰か? 内田樹もその一人だった。( 続く)

(続25)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。内田樹の役割。矢野優「新潮」編集長が書いた編集後記は、明らかに、文芸誌の編集後記を逸脱していた。差別に抗議する? 文芸誌が、「社会的正義 」や「 政治的正義( ポリ・コレ ) 」というような…

(続24)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。当初、杉田論文や小川論文を世間の空気に付和雷同して、自信満々に、「揶揄、罵倒、批判」していた「野次馬たち」は、その後、どうしているのか? まだ、「揶揄、罵倒、批判」を続けているのか? ( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (続24)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。当初、杉田論文や小川論文を世間の空気に付和雷同して、自信満々に、「揶揄、罵倒、批判」していた「野次馬たち」は、その後、どうしているのか? まだ、…

(続23)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。杉田水脈論文の本当の筆者は、「ゴーストライター」(「新潮45」編集部員 )だったって本当のことなのか。私は、エセ保守やエセ右翼も嫌いだが、エセ左翼も嫌いである。どちらも思想的に堕落しているからだ。 月刊誌で文筆表現する者はゴーストライターを使うな!と言いたい。それとも、最近の月刊誌は、「ゴーストライター原稿」で成り立っているのか?( 続く)

(続23)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。杉田水脈論文の本当の筆者は、「ゴーストライター」(「新潮45」編集部員 )だったって本当のことなのか。私は、エセ保守やエセ右翼も嫌いだが、エセ左翼も嫌いである。どちらも思想的に堕落してい…

(続22)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。「『新潮45』廃刊事件」のもう一人の中心人物=小川榮太郎が、『 月刊HANADA』で反撃を開始したようだ。高橋源一郎は、小川榮太郎の「 『新潮』新人賞落選問題(事件 ) 」を 面白半分に取り上げて、「文藝評論家になれなかった小川榮太郎 」が、政治評論に活路を見出して、挙句の果てに、読むのも汚らわしいような「 公衆便所の落書き」を、つまりトンデッモナイ痴漢論文を、「新潮45」に発表、「『新潮45』廃刊事件」を引き起こしたと書いていたよ

(続22)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。「『新潮45』廃刊事件」のもう一人の中心人物=小川榮太郎が、『 月刊HANADA』で反撃を開始したようだ。高橋源一郎は、小川榮太郎の「 『新潮』新人賞落選問題(事件 ) 」を 面白半分に取り上げて…

(続21)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎は、「小川榮太郎A 」とか「小川榮太郎B」とか、分かったような分からないような、怪しい二分法を使って、「 小川榮太郎A」( 文学の人? )はいい人、「 小川榮太郎B 」( 政治評論の人?)は悪い人というように 、巫山戯半分に、自分のことは棚に上げて、小川榮太郎の評論活動を揶揄しつつ 、上から目線で、「ねー、小川榮太郎はクズだよね 」と否定し

(続21)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎は、「小川榮太郎A 」とか「小川榮太郎B」とか、分かったような分からないような、怪しい二分法を使って、「 小川榮太郎A」( 文学の人? )はいい人、「 小川榮太郎B 」( 政治評論の人…

(続20)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎は 、小川榮太郎が「 文藝評論家」を自称し、肩書きとして使用していることに、異常にこだわり、皮肉っぽく揶揄嘲笑しているようだがー( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (続20)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎は 、小川榮太郎が「 文藝評論家」を自称し、肩書きとして使用していることに、異常にこだわり、皮肉っぽく揶揄嘲笑しているようだが、何故な…

(続19)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎が「新潮」11月号に発表した「公衆便所の落書き 」( 小川榮太郎批判の大論文?)が、ネットに全文が公開されている。私は、既に「新潮」本誌で何回も読んでいるがーp

(続19)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎が「新潮」11月号に発表した「公衆便所の落書き 」( 小川榮太郎批判の大論文?)が、ネットに全文が公開されている。私は、既に「新潮」本誌で何回も読んでいるが、おそらく一般読者は、…

(続18)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。杉田水脈や小川榮太郎を批判して、善人ズラをしている高橋源一郎や谷崎潤一郎賞受賞作家・星野智幸、雑文ライター武田砂鉄等、そしてそれに付和雷同する野次馬たちの文章や発言を見ていると、彼等のものこそ「公衆便所の落書き 」と呼ぶに相応しいということが分かる。( 続く)

(続18)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。杉田水脈や小川榮太郎を批判して、善人ズラをしている高橋源一郎や谷崎潤一郎賞受賞作家・星野智幸、雑文ライター武田砂鉄等、そしてそれに付和雷同する野次馬たちの文章や発言を見ていると、彼…

昨夜は、学生時代からの友人で、二十代の頃、苦楽を共 にした作家の岳真也(がく・しんや )さんと、元総理( 旧民主党m)の菅直人さんの対談本( 『 脱原発党宣言』?)の出版を祝う会が、新宿駅前の居酒屋『 嵯峨野』であり、参加してきた。( 続く)

昨夜は、学生時代からの友人で、二十代の頃、苦楽を共にした作家の岳真也(がく・しんや )さんと、元総理( 旧民主党m)の菅直人さんの対談本( 『 脱原発党宣言』?)の出版を祝う会が、新宿駅前の居酒屋『 嵯峨野』であり、参加してきた。菅直人さんとも少し話し…

"『小林秀雄とベルクソンとマルクス』2018年10月21日山崎行太郎と内山卓也の政治哲学チャンネル" を YouTube で見る

『小林秀雄とベルクソンとマルクス』2018年10月21日山崎行太郎と内山卓也の政治哲学チャンネル - YouTube

"『LGBT騒動と新潮45廃刊事件』2018年10月21日山崎行太郎と内山卓也の政治哲学チャンネル" を YouTube で見る

『LGBT騒動と新潮45廃刊事件』2018年10月21日山崎行太郎と内山卓也の政治哲学チャンネル - YouTube

(続17)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎を筆頭に雑文ライター武田砂鉄等は、頻りに「新潮社」の編集責任問題から争点をずらし、杉田水脈や小川榮太郎等、執筆者個々人の責任問題へ論争の争点を誘導しようとしている。武田砂鉄という雑文ライターは、『文学界』だけではなく、『すばる』にも、隔月だが連載していることを発見。超売れっ子(笑)。何故? 出版社お抱えの御用ライターだからだろう。( 続く)

(続17)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎を筆頭に雑文ライター武田砂鉄等は、頻りに「新潮社」の編集責任問題から争点をずらし、杉田水脈や小川榮太郎等、執筆者個々人の責任問題へ論争の争点を誘導しようとしている。武田砂…

(続16)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎は、「小川栄太郎批判」もそうだったように、朝日新聞論壇時評でも、肝心な根本問題を隠蔽し、そこから逃走し、仲間向けの自閉的、自慰的な政治漫談に終始している。 保守論壇の動向やその堕落等についてはほとんど触れていない。論壇は、左派論壇や左派市民運動にしかないらしい。( 続く)

(続16)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎は、「小川栄太郎批判」もそうだったように、朝日新聞論壇時評でも、肝心な根本問題を隠蔽し、そこから逃走し、仲間向けの自閉的、自慰的な政治漫談に終始している。 保守論壇の動向や…

(続15)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎の朝日新聞論壇時評『 ぼくらの民主主義なんだぜ』を読みながら「 おれは泣いた」。あまりにもレベルが低過ぎ。これぞ、『 公衆便所の落書き』ではないのか? ( 続く)

(続15)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。高橋源一郎の朝日新聞論壇時評『 ぼくらの民主主義なんだぜ』を読みながら「 おれは泣いた」。あまりにもレベルが低過ぎ。これぞ、『 公衆便所の落書き』ではないのか? ところが不思議なことに、…

(続14)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。そして、誰もいなくなった「『新潮45』廃刊事件」論争。 「新潮45」に掲載された小川榮太郎の「 LGBT騒動 論文」を「 公衆便所の落書き」とTwitterで罵倒し、次に『新潮 』11月号に名指しで、嫌味タップリの「 小川榮太郎批判 」を書いた自称=作家の高橋源一郎が、いよいよ本格的な論争を仕掛けるかと思って待っていたら、どーも、逃げ出そうとしている。( 続く)

(続14)「新潮45」を廃刊に追い込んだ「 LGBT騒動 」について。そして、誰もいなくなった「『新潮45』廃刊事件」論争。 「新潮45」に掲載された小川榮太郎の「 LGBT騒動 論文」を「 公衆便所の落書き」とTwitterで罵倒し、次に『新潮 』11月号に名指しで、嫌…

一昨夜は、政治学者の岩田温先生が上京、翌日つまり14( 日曜日 )、新著『 流れない読書』刊行記念講演会が予定されていたにもかかわらず、新宿の『 玄海』で呑み会だった。( 続く)

一昨夜は、政治学者の岩田温先生が上京、翌日つまり14( 日曜日 )、新著『 流れない読書』刊行記念講演会が予定されていたにもかかわらず、新宿の『 玄海』で呑み会だった。岩田氏の結婚式以来、久し振りの呑み会で話がはずむ。今、話題の「 LGBT騒動 」や「…

本日、政治学者=岩田温先生の『 流れない読書』出版記念講演会が、午後2:00〜4:00、東京ガーデン・パレス( 御茶ノ水駅5分)で開催されます。新著『流れない読書 』の読書論に基づいて、独自の「存在論的読書論」を熱く語るそうです。( 続く)

*本日、政治学者=岩田温先生の『 流れない読書』出版記念講演会が、午後2:00〜4:00、東京ガーデン・パレス( 御茶ノ水駅5分)で開催されます。新著『流れない読書 』の読書論に基づいて、独自の「存在論的読書論」を熱く語るそうです。

( 続11)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。高橋源一郎の「 「新潮」論文( 小川榮太郎批判 )」が業界人や業界関係者、その周辺に寄生する奴隷文化人たち( 作家、評論家、ライター)が、大絶賛し、雁首を並べて、言論統制と言論封殺に邁進しているらしい。これって、大政翼賛会? まさに戦争前夜だなあ?(笑)。日本の出版ジャーナリズムは、「 LGBT騒動 」と「『新潮45』廃刊事件」で、終わったね。蓑田胸喜もビックリ。

( 続11)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。高橋源一郎の「 「新潮」論文( 小川榮太郎批判 )」を、業界人や業界関係者、その周辺に寄生する奴隷文化人たち( 作家、評論家、ライター)が大絶賛し、雁首を並べて、言論統制と言論封殺に邁進している…

昨日の失敗。金曜日と木曜日をまちがえる。途中で気付く。そのまま帰宅して、『マルクスとエンゲルス 』( 「月刊日本」)の連載原稿を書く。( 続く)

昨日は、金曜日と木曜日を勘違いして、大学へ。しかし、池袋駅で乗り換える頃、友人から、明日のコンサートの件で確認のメールあり、勘違いにきづく。良かった。また笑われるところだった。そのまま帰宅し、『小林秀雄とベルグソンとマルクス( 3) 』( 「月刊…

清水正先生ドストエフスキー論執筆50周年大感謝祭

記憶力が弱いのでなんでも忘れるが、もう何年か前、日大芸術学部の清水正教授、山下聖美教授、大学院生の某君等と、サンクト・ペテルブルクとモスクワに旅行したことがある。懐かしい青春時代( 老年期?)の思い出だ。今度、清水正教授の定年を記念して、大イ…

( 続10)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。高橋源一郎の「 小川榮太郎批判」は批判になっていない。「『新潮45』廃刊事件」からも「 LGBT騒動 」からも逃げている。( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続10)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。高橋源一郎の「 小川榮太郎批判」は批判になっていない。「『新潮45』廃刊事件」からも「 LGBT騒動 」からも逃げている。 ーーーーーーーーーーーーーーーー…

( 続9)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。私は、「 LGBT騒動 」や「『新潮45』廃刊事件」は、近頃、珍しく面白い事件だと思う。思想史的にも転換点になる本質的な事件だと思う。大いに議論、論争すべきだ。偽物と本物の差別化が可能になり、左右に関係なく、偽物たちが、淘汰されるだろう。( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続9)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。私は、「 LGBT騒動 」や「『新潮45』廃刊事件」は、近頃、珍しく面白い事件だと思う。思想史的にも転換点になる本質的な事件だと思う。大いに議論、論争すべき…

( 続8)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。高橋源一郎がTwitterで予告していた「 『 文藝評論家』 小川榮太郎の全著作を読んで、おれは泣いた。」( 「新潮」11月号)を、友人から写メを送って貰って、じっくり読んで、俺は笑った。期待外れの駄文だった。「便所の落書き 」( 高橋源一郎 )とは言わないが、まーそれに近い駄文だ。「新潮」11月号を買おうかと思ったが止めた。それだけの価値はない。( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続8)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。高橋源一郎がTwitterで予告していた「 『 文藝評論家』 小川榮太郎の全著作を読んで、おれは泣いた。」( 「新潮」11月号)を、友人から写メを送って貰って、じ…

( 続7)「新潮」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。「『新潮45』廃刊事件」のドサクサに付け込んで、久々に登場してきたエセ漫画家=小林よしのりが、「ワシは保守だ 」と名乗っているらしい。おいおい、小生と、「 沖縄集団自決裁判論争 」を戦わしていた頃は、「ワシは保守だと言ったことはない 」と言っていたはずだがーーー。変われば変わるものだのう。そもそも今は、立憲民主党や不倫議員=山尾志桜里のパシリだろう。何が保守だよ。今は、しがない「クズレ左翼」だろう。( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続7)「新潮」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。「『新潮45』廃刊事件」のドサクサに付け込んで、久々に登場してきたエセ漫画家=小林よしのりが、「ワシは保守だ 」と名乗っているらしい。おいおい、小生と、「 …

( 続6)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。「『新潮45』廃刊事件」が、何故、「杉田=小川バッシング」にすり替えられたのか?、「一億総バッシング社会化」こそ、現代日本の病巣ではないのか?( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続6)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。「『新潮45』廃刊事件」が、何故、「杉田=小川バッシング」にすり替えられたのか?、「一億総バッシング社会化」こそ、現代日本の病巣ではないのか? ーーーー…

( 続5)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり!( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続5)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 断…

( 続4)「新潮45」を廃刊に追いこんだ「 LGBT騒動 」について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり!( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続4)「新潮45」を廃刊に追いこんだエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 昨夜、松本洋三氏の取り計らいで、…

( 続3)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり!( 続く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ( 続3)「新潮45」を廃刊に追い込んだLGBT騒動について。付和雷同するエセ左翼=高橋源一郎、小林よしのり等の「 赤信号、みんなで渡れば怖くない!」的な言説に異議あり! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「 …