山崎行太郎(哲学者、文芸評論家)-Blog……『毒蛇山荘日記』

山崎行太郎(やまざき.こうたろう)。哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学を経て現職。「西南塾=政治哲学研究会」主宰。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『 江藤淳と小沢一郎』『保守論壇亡国論』『 曽野綾子大批判』『 最高裁の罠』『ネット右翼亡国論』『 エセ保守が日本を滅ぼす』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『適菜収対談集ーエセ保守が日本を滅ぼす』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。

我々は、南洲墓地での「大久保利通慰霊祭」に断固、反対する!大久保利通一族の横暴を許すなかれ。今後と責任を追求していく。

いよいよ近ずいて来ましたね。南洲墓地における「5/6大久保利通慰霊祭」。何故、大久保利通慰霊祭を、南洲墓地で行わなければならないのか?最近の鹿児島の人間は、本当にいい加減になっている。西郷隆盛と大久保利通の区別もつかないらしい。西南戦争の敗者…

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に断固反対し、実行委員会諸氏に抗議する。

いよいよ近ずいて来ましたね。南洲墓地における「5/6大久保利通慰霊祭」。何故、大久保利通慰霊祭を、南洲墓地で行わなければならないのか?最近の鹿児島の人間は、本当にいい加減になっている。西郷隆盛と大久保利通の区別もつかないらしい。西南戦争の敗者…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎」中心のネット情報活動へ。さて、「月刊日本」から適菜収さんとの対談集が出ることになりました。副編集長中村君の努力でゲラが出来上がったので連休中に仕上げて、「まえがき」とともも渡そうと思っています。というわけで『 文学や哲学を知らずして、政治や経済を語るなかれ!』という小生のモットーを再確認しているところです。

(続く)・ ・ ⬆︎ メールマガジン「週刊=山崎行太郎」中心のネット情報活動へ。さて、「月刊日本」から適菜収さんとの対談集が出ることになりました。副編集長中村君の努力でゲラが出来上がったので連休中に仕上げて、「まえがき」とともも渡そうと思っていま…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎。(「西郷南洲伝」=「創作ノート」)」を配信しました。今号から、『南洲伝』(創作ノート)を少しずつ連載していきます。主に、奄美、徳之島、沖永良部。。。流刑時代の「島の生活」を中心に取り上げ、「西郷南洲伝」とする予定です。最初は「重野安繹(しげの=やすつぐ )」との交流を

メールマガジン週刊山崎行太郎」配信しました…今回の号は、西郷『南洲伝』の創作ノートのを開始しています。重野は、薩摩藩の武士で、少年時代から、かなりの秀才だったらしく、若くして江戸の学問所「昌平講」に学び、学問に励んでいました。しかしここで問…

メールマガジン「週刊=山崎行太郎 」最新号を送信しました。今回のテーマは「プラトンとデカルトとマルクスの接点(1)」。小林秀雄のマルクス論は、プラトン論やデカルト論にもつながっている。ともに存在論的読み方である。ここに小林秀雄から柄谷行人へと続く日本独自のマルクス論は出来上がった。

メールマガジン「週刊=山崎行太郎」最新号を送信しました。今回のテーマは「プラトンとデカルトとマルクスの接点(1)」。小林秀雄のマルクス論は、プラトン論やデカルト論にもつながっている。ともに存在論的読み方である。ここに小林秀雄から柄谷行人へと続…

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に、原口泉会長が不参加とか。

南洲墓地での大久保利通慰霊祭に、原口泉会長が不参加とか。それにしてもひどいものだな 。講演会は強行!? 事務局はまだ、やるつもりらしもりらしい。馬鹿にもほどがある。南洲墓地での大久保利通慰霊祭???????g 先日、南洲墓地に行ったが、そこで不思議なも…

私は、セクハラ問題に関心も興味もない。しかし、福田淳一という財務省事務次官の言動には違和感を覚える。福田は、セクハラの事実はない、記憶にもない。と自信満々に言っていた。新潮が、テープ録音を公開しても、シラをきっていた。新潮とは裁判でたたかうと。私も録画の相手は水商売の女か?と思っていたら?

私は、セクハラ問題に関心も興味もない。しかし、福田淳一という財務省事務次官の言動には違和感を覚える。福田は、セクハラの事実はない、記憶にもない。と自信満々に言っていた。新潮が、テープ録音を公開しても、シラをきっていた。新潮とは裁判でたたか…

西郷隆盛とルソー。西郷隆盛にとってもルソーにとっても…「革命」は理想社会を実現するための革命ではなかった。それは「存在論的革命」であった。

西郷隆盛とルソー。 西郷隆盛にとってもルソーにとっても…「革命」は理想社会を実現するための革命ではなかった。それは、理想や目的の実現のためではなく、内在的論理にもとずく已むに已まれぬ革命、つまり「存在論的革命」であった。それはともまくとして…

パワハラからもセクハラからも遠く離れてー『 山川方夫伝 』への道。私は、パワハラにもセクハラにもそれなりの興味を持つ。しかし、本質的な興味ではない。私は、パワハラやセクハラの議論は、社会的正義や公共性の問題に終始するしかないのを見ていて、これらの問題から顔を背けたくなる。私は、誰も反対できないような社会的正義や公共性というものが嫌いである。そこには「私」の問題も「実存」の問題も、「存在」の問題もないからだ。

パワハラからもセクハラからも遠く離れてー『 山川方夫伝 』への道。 私は、パワハラにもセクハラにもそれなりの興味を持つ。しかし、本質的な興味ではない。私は、パワハラやセクハラの議論は、社会的正義や公共性の問題に終始するしかないのを見ていて、こ…

Youtube対談「西部邁自殺幇助事件」と西部邁の弟子達。西部邁の弟子達もみんなエセ保守だった。エセ保守の終焉。

youtube対談動画「山崎行太郎と内山卓也の『政治哲学チャンネル 』」です。いつものように森哲子さんの協力で出来上がりました。●Youtube対談「西部邁自殺幇助事件」と西部邁の弟子達。西部邁の弟子達もみんなエセ保守だった。エセ保守の終焉。 https://yout…

Youtube対談「西部邁事件とエセ保守の終焉」

Youtube対談「西部邁事件とエセ保守の終焉」https://youtu.be/69sSneH7Lb8 (続く) ・ ・ ⬆︎「ランキング」に参加。応援のクリックをお願いします。「読者になる」と、新しい記事がアップされる度に連絡が届きます。 続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』…

明日(4/15)、Youtube撮影。藤井聡や中島岳志等を筆頭に、西部邁の弟子達はすべてエセ保守だった。

明日(4/15)、Youtube撮影。藤井聡や中島岳志等を筆頭に、西部邁の弟子達はすべてエセ保守だった。西部邁の多摩川投身自殺を言行一致の思想的自殺と見て、さすが保守思想の構築者と絶賛していた西部邁の弟子や愛読者やフアンたちだったが、自殺幇助者が二人も…

プラトンとデカルトとマルクスの接点。あるいは存在論的思考とは何か?「月刊日本」に連載中の「マルクスとエンゲルス」も40回を超えた。今月は小林秀雄によるプラトン、デカルト、マルクスの読み方について書いてみたい。私は高校時代に小林秀雄を読み始めたが今も読んでいる。飽きない。何故か?

・・ プラトンとデカルトとマルクスの接点。あるいは存在論的思考とは何か?「月刊日本」に連載中の「マルクスとエンゲルス」も40回を超えた。今月は小林秀雄によるプラトン、デカルト、マルクスの読み方について書いてみたい。私は高校時代に小林秀雄を読み…

iPhoneのバッテリーの調子が悪く、最近、イライラしたりヒヤヒヤすることが多かった。ところが、先日、iPhoneのアクテイビテーションロック(?)なるものがかかてしまい、まったく使用不能に。なので、iPhoneからAndroidにのりかえることにした。(以下の本文を読みたい人は、ここをクリックしてください。)

*iPhoneのバッテリーの調子が悪く、最近、イライラしたりヒヤヒヤすることが多かった。ところが、先日、iPhoneのアクテイビテーションロック(?)なるものがかかてしまい、まったく使用不能に。飛行機のチケットの予約から搭乗手続きまで、スマホを使っている…

久しぶりに武蔵浦和の本屋さんで立ち読み。佐藤優さんの新著『浦和高校』と『十五の夏』を読み、あらためて佐藤さんの誰に真似できまい独特の思考力と特異な才能、そして行動力に驚く。江藤淳の『定本-南洲残影』を買い、近くのカフェで、再読、三読。司馬遼太郎や林真理子らと比較しつつ熟読。江藤淳の描く西郷南洲は存在論的思考をする存在論的人間だ。司馬遼太郎や林真理子らのような大衆通俗作家たちには理解不可能だろうと思いつつ、ページをめくる。江藤淳と司馬遼太郎の差異は大きい。司馬遼太郎の『翔ぶが如く』は西南戦争を勝者の立場に立

・・ 久しぶりに武蔵浦和の本屋さんで立ち読み。佐藤優さんの新著『浦和高校』と『十五の夏』を読み、あらためて佐藤さんの、誰にも真似できない独特の思考力と特異な才能、そして行動力に驚く。浦和高校一年(15歳)にときに、東欧単独旅行とは。江藤淳の『完…

昨日は久しぶりに「月刊日本」の辻説法に参加した。ともに鹿児島出身の稲村公望さん、内弘志さんも参加しており、三人で「スリーショット写真」が出来上がった。辻説法の後、稲村さんは次の用事があるということで、内さんと二人で、西郷や大久保利通の話題を肴に飲み会。内さんから大事な話を聞いた。数日前、初めて訪ねた南洲墓地にかかわる話。南洲墓地に隣接して、西郷南洲顕彰館(?)があるが、そこで、大久保利通の慰霊祭(?)が、来月、行われるらしい。という

・・ 昨日は久しぶりに「月刊日本」の辻説法に参加した。ともに鹿児島出身の稲村公望さん、内弘志さんも参加しており、三人で「スリーショット写真」が出来上がった。辻説法の後、稲村さんは次の用事があるということで、内さんと二人で、西郷や大久保利通の…

初めて「南洲墓地」(南洲神社)に行って来た。私はロマン主義的な英雄伝説も郷土自慢的メロドラマも嫌いである。だから、これまで、敢えて南洲墓地には行かなかった。今回、初めて訪ねてみて、やはりもっと深いものを感じた。西郷隆盛の墓の前に、ボランティアが二人いて、不愉快だった。テレビの通俗的メロドラマに洗脳されたかのようなロマン主義的な英雄伝説と郷土自慢的メロドラマーーーにウンザリした。余計な説明はいらない。静かな墓地のたたずまいだけが感動的なのだ。

・・ 初めて「南洲墓地」(南洲神社)に行って来た。私はロマン主義的な英雄伝説も郷土自慢的メロドラマも嫌いである。だから、これまで、敢えて南洲墓地には行かなかった。今回、初めて訪ねてみて、やはりもっと深いものを感じた。西郷隆盛の墓の前に、ボラン…

昨夜二週間近くの鹿児島帰郷の旅を終え羽田空港に帰着。一昨夜は高校時代の同級生たちの飲み会が中央駅西口の「寿庵」であり参加。女性も数名。鹿児島の公立高校から進学指導に逆らって「北大」に進学した二人の話が面白い。北大に医学部を含めて6名も進学したらしい。我が母校は反骨精神旺盛なのだ?

・・ 昨夜二週間近くの鹿児島帰郷の旅を終え羽田空港に帰着。一昨夜は高校時代の同級生たちの飲み会が中央駅西口の「寿庵」であり参加。女性も数名。鹿児島の公立高校から進学指導に逆らって「北大」に進学した二人の話が面白い。北大に医学部を含めて6名も…

「森友=大疑獄事件」から遠く離れて---。「森友決裁書=書き換え」の首謀者・佐川宣寿の証人喚問が先日行われたが私は宿泊先の鹿児島市内の某温泉のテレビでじっくり観察した。しかしつまらない証人喚問だった。原因は財務官僚=元理財局長・佐川宣寿という男が予想以上につまらない小役人だったからだ。安倍政権支持のネット右翼系の文化人たちは、これで証人喚問も森友問題も乗り切った、安倍政権は大丈夫だ、と能天気なことを囁いているお気の毒な頭脳の持ち主もいるようだが、大多数の国民の目線も、検察当局の目線もがそうではないことは明

・・ 「森友=大疑獄事件」から遠く離れて---。「森友決裁書=書き換え」の首謀者・佐川宣寿の証人喚問が先日行われたが私は宿泊先の鹿児島市内の某温泉のテレビでじっくり観察した。しかしつまらない証人喚問だった。原因は財務官僚=元理財局長・佐川宣寿とい…

鹿児島県南九州市川辺町にある小さな石橋。鹿児島には、こんな石橋が、各所にあったはずですが、ココともう一箇所しか知りません。この川辺町の小さな石橋は、バスの上からもハッキリ見えるので、ここに差し掛かると,、ああ、ふるさとに帰って来たんだと思います。いつまでも残ってる欲しいです。私が高校時代によく渡った甲突川に架かる高麗橋も、大きな石橋でしたが、水害のために、コンクリート橋に架け替えられました。残念です。風情も何もあったものではないです。今、高麗橋の周辺は、整備され、郷土

・・ 鹿児島県南九州市川辺町にある小さな石橋。鹿児島には、こんな石橋が、各所にあったはずですが、ココともう一箇所しか知りません。この川辺町の小さな石橋は、バスの上からもハッキリ見えるので、ここに差し掛かると,、ああ、ふるさとに帰って来たんだ…

薩摩半島横断の巡礼の旅。昨日は久しぶりに晴天だったので、荒れ果てている毒蛇山荘の庭の手入れをした後、10時ごろ、隣町(枕崎市)にある両親と先祖の墓へ苦難の巡礼の旅へ。散歩がてら、徒歩で、難所のミノン峠を越え、サガヤマダケの中腹を縦断。小さい頃から父と母、そして兄たちと、正月とお盆に通った道だ。この道を通るたびに、「この道はいつか来た道〜〜」「ああそうだよ、お母様と、〜〜」という詩やメロディが浮かんでくる。歩きながら、スペイン、サンチャゴの巡礼の道を連想。この苦難の道を歩き続けることに意味がある 。歩いても

・・ 薩摩半島横断の巡礼の旅。昨日は久しぶりに晴天だったので、荒れ果てている毒蛇山荘の庭の手入れをした後、10時ごろ、隣町(枕崎市)にある両親と先祖の墓へ。苦難の巡礼の旅へ。散歩がてら、徒歩で、難所のミノン峠を越え、サガヤマダケの中腹を縦断。小…

昨日(3/20)、朝一番の便で、羽田空港を出発。10時に鹿児島空港に到着。時間に余裕あり。というわけで、空港内の足湯で、温泉気分。これから薩摩半島の山奥にある毒蛇山荘へ。 ところで、西田昌司議員の怒鳴り声だが、予想どおり、あれは、ヤラセだったようだ。西田は、数日前、安倍首相と3時間ほど密談。森友事件を財務省事件に矮小化しようと、財務官僚に対して怒鳴り声を張り上げたというわけだ。しかし、今更、言うまでもなく、森友事件は、「安倍首相夫妻事件」である。「第二の森友事件=決裁書書き換え事件」は、その余波に過ぎない

・・ 昨日(3/20)、朝一番の便で、羽田空港を出発。10時に鹿児島空港に到着。時間に余裕あり。というわけで、空港内の足湯で、温泉気分。これから薩摩半島の山奥にある毒蛇山荘へ。 ところで、西田昌司議員の怒鳴り声だが、予想どおり、あれは、ヤラセだった…

*安倍政権支持率が3割台に急落。安倍政権に衝撃が走っている。ここは、櫻井よしこ、百田尚樹、ケント・ギルバート等のような「安倍応援団のエセ保守文化人」に登場してもらうしかあるまい。しかし国民はよく見ている。国民を騙すことは容易ではない。森友文書改竄事件の本質は、財務官僚や近畿財務局ではなく、もちろん籠池夫妻でもなく、安倍夫妻にあることを、知っている。今度は、逃げることは出来ない。「安倍応援団のエセ保守文化人」も、手の打ちようがない。ジタバタするだけだろう。(続く)

・・ 安倍政権支持率が3割台に急落。安倍政権に衝撃が走っている。ここは、櫻井よしこ、百田尚樹、ケント・ギルバート等のような「安倍応援団のエセ保守文化人」に登場してもらうしかあるまい。しかし国民はよく見ている。国民を騙すことは容易ではない。森…

「伊調馨パワハラ騒動」でお馴染みの至学館大学の学長の「記者会見」と「卒業式挨拶」を、私は、断固、支持する!昨今の日本の文壇にも論壇にも、そしてジャーナリズムにも「批評」がない。「批評」が存在しない代わりに、大政翼賛会的な一億総動員の「ゴマスリ」「ヨイショ」報道と、その反動としての「バッシング」現象が、全国津々浦々にまではびこっている。テレビ・ジャーナリズムその典型である。至学館大学学長の「記者会見」と「卒業式挨拶」に、私は、久しぶりに「批評らしい批評「を感じた。清々しい記者会見であり、批評的思考力を感じさ

・・ 「伊調馨パワハラ騒動」でお馴染みの至学館大学の学長の「記者会見」と「卒業式挨拶」を、私は、断固、支持する!昨今の日本の文壇にも論壇にも、そしてジャーナリズムにも「批評」がない。「批評」が存在しない代わりに、大政翼賛会的な一億総動員の「…

財務省解体論。鯛は頭から腐るというが財務省も、頭から腐っているとしか言いようがない。元財務官僚とかいう馬鹿女がテレビに出まくり、財務省は官庁の官庁だとか、財務官僚は天才の集団だとか、トボけたことを言っているが、毎年、10人も20人も天才が出るわけはないだろう。東大型クイズチャンピオン程度の「エセ天才の集団」だろう。財務省、三人目の自殺者か?森友文書改竄事件で、文書改竄に何等かの形で関与したとみられる二人の自殺者が明らかになったが、実は、もう一人、財務省管理課の女性職員が、自殺未遂事件を起こし

・・ 財務省解体論。鯛は頭から腐るというが財務省も、頭から腐っているとしか言いようがない。元財務官僚とかいう馬鹿女(山口マユ)がテレビに出まくり、財務省は官庁の官庁だとか、財務官僚は天才の集団だとか、トボけたことを言っているが、毎年、10人も20…

財務省2人目の死者が出ているらしい。官舎で首吊り自殺とか。 安倍首相、佐川局長の答弁書を作成した係長のようだ。財務省は、森友文書改竄事件とは関係ないと言いたいらしいが、果たしてどーなのか?(続く)

・・ 財務省2人目の死者が出ているらしい。官舎で首吊り自殺とか。 安倍首相、佐川局長の答弁書を作成した係長のようだ。財務省は、「森友公文書改竄事件」とは関係ないと言いたいらしいが、果たしてどーなのか?以下の「田中龍作ジャーナル」によると、関係…

安倍首相と麻生財務相は「佐川宣寿(前理財局長)」を証人喚問で切り捨て、自分たちはのうのうと生き延びようとしている。籠池泰典=諄子夫妻を切り捨て、刑務所にぶち込んで「口封じ」し、「知らぬ存ぜぬ」と平然としているように、佐川宣寿(前理財局長)も、証人喚問の上、刑務所行きとなるだろう。偽装自殺か刑務所か。次は?次は、安倍首相夫人の専属秘書だった谷査恵子だろう。イタリアに赴任中の谷査恵子は多くの秘密情報を持っているはずだ。谷査恵子の周辺でも、「口封じ」のための何かが起きるような気がする。(続く)

・・ 安倍首相と麻生財務相は「佐川宣寿(前理財局長)」を証人喚問で切り捨て、自分たちはのうのうと生き延びようとしている。籠池泰典=諄子夫妻を切り捨て、刑務所にぶち込んで「口封じ」し、「知らぬ存ぜぬ」と平然としているように、佐川宣寿(前理財局長)…

死に口無し(?)。だが国民は、「安倍晋三はすべて知っていた」と考えている。安倍首相と麻生財務大臣は、「財務省」「近畿財務局」に責任を押し付けて、強行突破で「逃げる」つもりのようだが、逃げ切れるとは思えない。おそらく時間稼ぎをすればするほど、安倍政権はジリ貧状態に追い込まれ、自民党自体がガタガタになり、解散総選挙の大敗北で「政権交代」ということも夢ではない、ということになるだろう。今回の「国有地払い下げ事件」としての「森友事件」の背後に、政治家、具体的にいえば、安倍首相夫妻が深く絡んでいる(続く)

・・ 死人に口無し(?)。だが国民は、「安倍晋三はすべて知っていた」と考えている。安倍首相と麻生財務大臣は、「財務省」「近畿財務局」に責任を押し付けて、強行突破で「逃げる」つもりのようだが、逃げ切れるとは思えない。おそらく時間稼ぎをすればする…

首吊り自殺前後の周辺状況が怪しい。自殺した近畿財務局職員は離婚協議中で一人暮し。第一発見者は警察? 遺書は兵庫県警が押収=保管しているらしい。何か「変だ?」と思わないか?私は、思う。(続く)

・・ 首吊り自殺前後の周辺状況が怪しい。自殺した近畿財務局職員は離婚協議中で一人暮し。第一発見者は警察? 遺書は兵庫県警が押収=保管しているらしい。何か「変だ?」と思わないか?私は、思う。情報が錯綜しているが、「当たらずとも遠からず」というこ…

誰の指示で書き換えを行なったのか?大疑獄事件に発展しそうな森友問題 。麻生太郎と安倍首相に影響が及ぶのは不可避。一方の主役=籠池夫妻の長期拘留が続くと共に、近畿財務局の職員が「遺書」を残して自殺した。自殺した財務局職員は、ノンキャリアで、森友学園との土地取引の現場にいて、「決裁書書き換え」を強制された張本人だったらしい。つまり詳細な取引の模様を記した原本を持っていたらしい。国会に提出された決裁書は、国会答弁で問題にならないように書き変えられた方だった。(続く)

・・ 誰の指示で書き換えを行なったのか?^_^大疑獄事件に発展しそうな森友問題 。一方の主役=籠池夫妻の長期拘留が続くと共に、近畿財務局の職員が「遺書」を残して自殺した。自殺した財務局職員は、ノンキャリアで、森友学園との土地取引の現場にいて、「…