読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

文春スキャンダル」に群がる「ネット右翼」と「保守論壇」。 最近の日本の政治的、思想的な地盤沈下を象徴する事件だ。ガセネタを承知の上で、選挙妨害が目的で、都知事選の「野党統一候補」として、有力候補者として注目されている鳥越俊太郎に関する「鳥越スキャンダル」を報じた「週刊文春」のシモネタ記事に、「ネット右翼」や「保守論壇」の面々が群がって、大騒ぎしているのだ。鳥越俊太郎に、二、三の色恋沙汰があっただろうことは、想像できる。


「文春スキャンダル」に群がる「ネット右翼」と「保守論壇」。

最近の日本の政治的、思想的な地盤沈下を象徴する事件だ。ガセネタを承知の上で、選挙妨害が目的で、都知事選の「野党統一候補」として、有力候補者として注目されている鳥越俊太郎に関する「鳥越スキャンダル」を報じた「週刊文春」のシモネタ記事に、「ネット右翼」や「保守論壇」の面々が群がって、大騒ぎしているのだ。鳥越俊太郎に、二、三の色恋沙汰があっただろうことは、想像できる。だが、それを、都知事選の真っ最中の今、「大スキャンダル」として報じるべきことか。また 、それをネタに、鳥越俊太郎に都知事選に出る資格がないとかなんとか、池田信夫のように、大騒ぎするに値する事件なのか。池田信夫の政治的、思想的な関心は、エロ週刊誌レベルだということが分かる。ようするに、「文春スキャンダル」は、「ネット右翼」や「保守論壇」の面々の思想的レベルが露呈した事件だといっていいだろう。普段から、なんでも分かっているかのように分析、解説する国際的政治学者や政治ジャーナリストたちは、誰一人、「トランプ現象」の爆発的拡大も「英国のEU離脱」も予知できなかった。国際政治学者や政治ジャーナリストたちの思想的レベルも、週刊誌のシモネタ記事に夢中になる「ネット右翼」や「保守論壇」の面々と同じようなものだろう。ところで、私は、都知事選にさほどの興味もない関心もない。誰が当選しようと、別にどうでもいい。私が、関心を持つとすれば、参院選自民党圧勝の影で 、あまり話題にならないが、この都知事選で「野党統一候補」がすっかり定着し、今後の総選挙でもさらに進化し、政局の「台風の眼」になるだろうということだ。おそらく、共産党との野合を批判していた民進党の中の自民党寄りの一部の議員たちにも、この流れを押しとどめることは出来ない。「野党統一候補」の鳥越俊太郎が負けても勝っても、同じだろう。安倍自民党は、「野党統一候補」路線におびえているはずだ。「野党統一候補」の裏には小沢一郎という軍師がいる。「野党共闘」を実質的に動かしているのは、多分、小沢一郎志位和夫であろう。都知事選をステップに「野党共闘」派の、政権交代をも見据えた本格的な反撃が始まると見ていいだろう。それは、小沢一郎の復活劇の始まりでもある。


(続く)

 

 

👈応援クリックよろしくお願いします!

<center> 

 

山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇

安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!
⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

 

 


曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

👈応援クリックよろしくお願いします!

イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

 

柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links