読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

鳥越惨敗と野党共闘と左翼文化人。鳥越惨敗はある程度、予想できたが、現実は予想以上の惨敗だった。何処に鳥越惨敗の原因はあったのか。

鳥越惨敗と野党共闘と左翼文化人。鳥越惨敗はある程度、予想できたが、現実は予想以上の惨敗だった。何処に鳥越惨敗の原因はあったのか。「週刊文春」と「週刊新潮」の選挙妨害に原因をもとめることも間違いではないだろうが、それだけが原因で、これほどの「大惨敗」を喫するとは思えない。やはり、戦後日本で、当たり前のように「権威」として君臨してきた「左翼」や「左翼文化人」というものに対する世間の「嫌悪感」、「違和感」があると思われるが、当人たちが、それを自覚していないところに「大惨敗」の原因がある。実は、ある段階まで、私も、鳥越を応援していた。しかし、民進党共産党系の「進歩的文化人」(?)たちが、とくに女性たちが、我が物顔で、おまけに上から目線で、鳥越応援演説に登場するに至って、私だけではなく、都民も日本国民も、顔を背けたのだと思う。少なくとも私は、顔を背けた。鳥越俊太郎候補の魅力は、野党統一候補と言いながら、「政党色」が薄いところにあった。「週刊文春」事件で、落ち目になったあたりから、起死回生を狙ったのだろう。急速に鳥越陣営は、政党色を打ち出し、古色蒼然たる政治家や札付きの文化人たちが、我が物顔で、選挙演説を繰り返すようになったように見えた。特に、選挙演説というと必ず出てくるような、太々しい政治家や文化人の顔を見ると、「あ、こりゃ、駄目だ」と思って、私は顔を背けた。特に女性たちを中心とする「古色蒼然たる政治家や札付きの文化人たち」の紋切り型の演説に比べて、結果論で言うわけではないが、小池百合子の演説の方が新鮮で、魅力的だった。
(続く)





政治ランキングへ





👈応援クリックよろしくお願いします!



ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー
分裂自民、手痛い敗北=小池氏処分で寛容論も【都知事選】
時事通信 7月31日 20時34分配信



 自民党は31日投開票の東京都知事選で、推薦した増田寛也総務相小池百合子元防衛相に及ばず、保守分裂選挙で手痛い敗北を喫した。増田氏擁立を主導した党都連の石原伸晃会長らの責任が問われるのは必至だ。党に反旗を翻す形で出馬した小池氏の処分も検討するが、小池氏率いる都の新体制との関係構築を重視して寛容な対応を求める声もあり、難しい判断を迫られそうだ。
 石原氏は31日夜、増田氏の事務所で支持者らに「完敗だった。力不足で申し訳ない」と陳謝したが、自らの進退には言及しなかった。同党の茂木敏充選対委員長は「都民の審判を謙虚に受け止めたい。新知事には、都政の混乱を一日も早く収拾し、課題の解決に力を尽くしていただきたい」とのコメントを発表した。
 自民、公明両党は増田氏をそろって推薦し、徹底した組織選挙を展開。自民党都連は、親族を含め小池氏を支援した場合は除名などの処分対象にするとの文書を出し、締め付けを図った。
 しかし、小池氏はこうした圧力を逆手に取って改革姿勢を前面に出し、与野党支持層や無党派層から幅広く支持を獲得。自民党からは若狭勝衆院議員や一部区議らが公然と小池氏を応援し、党の締め付けは裏目に出た。
 自民党下村博文総裁特別補佐は31日の民放番組で、小池氏や応援者の処分について「党紀委員会などできちんと議論する必要がある」と述べた。党内には「勝ち負けに関係なく除名にすべきだ」との強硬論が出ている。
 一方、2020年の東京五輪パラリンピック少子高齢化対策など重要政策で都と連携していくため、除名など厳しい処分を避けるべきだとの意見もある。増田氏を応援した国会議員からも「国と都はこれから一緒にやっていかなければならない」「今後の小池氏の対応次第だ」といった声が上がる。
 安倍晋三首相は今回、増田氏への支援を呼び掛けるビデオメッセージを寄せたものの、街頭での応援は見送った。敗北のダメージを最小限にとどめ、小池都政との全面対立を避けたいとの思惑があるとみられる。 
ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー



👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
右下のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。