哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

鳥越惨敗と野党共闘と民進党。野党統一候補の鳥越俊太郎が惨敗したことで、野党共闘は、あるいは野党共闘戦略は、早くも暗礁に乗り上げ、限界が露呈した感じがするが、果たしてどうだろうか?野党共闘に暗雲がただよい始めたと見るべきか?それとも、逆に、惨敗したとはいえ、野党共闘戦略の成果が明らかになったと見るべきか。私は後者だと思う。

鳥越惨敗と野党共闘と民進党。野党統一候補鳥越俊太郎が惨敗しことで、野党共闘は、あるいは野党共闘戦略は、早くも暗礁に乗り上げ、限界が露呈した感じがするが、果たしてどうだろうか?野党共闘に暗雲がただよい始めたと見るべきか?それとも、逆に、惨敗したとはいえ、野党共闘戦略の成果が明らかになったと見るべきか。私は、後者だと思う。しかし、問題は、野党共闘を誰が主導するのか、である。野党共闘がある程度の成功を収めることが明らかになると、野党共闘に密かに反対していたグループまでが、野党共闘の旗振り役として我先にと、登場してきたというのが、都知事選であったように見える。野党共闘も、またまた、やる気のない。付和雷同グループに横取りされ、その結果、潰れそうになっている、というのが、今、現在である。私は、「民進党」が先頭に立つ限り、野党共闘は砂上の楼閣にしかならないだろうと思う。岡田克也は、代表選(党首選)には出ないらしいから、それでいいのだが、岡田に代わる代表候補蓮舫や前原、細野らしいと聞いて、絶望的な気分になった。彼等は野党共闘に反対していたグループであり、それでいて野党共闘が成功しそうになると、野党共闘の成果を横取りしようとしているグループである。野党統一候補鳥越俊太郎の失敗は、彼等に取り囲まれて、「野党共闘ごっこ」を始めたところにある。要するに今の民進党グループが前面に出始めると、選挙は惨敗する。野党共闘は、民進党が裏方に回り、下働きに徹しない限り、うまく機能しない。




Youtube動画『山崎行太郎の「政治哲学チャンネル」』
を配信しています。
⬇︎
山崎行太郎の「政治哲学チャンネル」





政治ランキングへ





👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
右下のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。