哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

安倍内閣と「ネット右翼亡国論」

安倍内閣と「ネット右翼亡国論」。安倍首相は内閣改造に取り組んでいるようだが、今、安倍政権は大きな危機を抱え込もうとしている。第一の危機は石破が、満を持していたかのように閣外に出たことだ。第二は都知事選で、「反乱分子=小池百合子が 、自民党推薦候補に圧勝したことだろう。安倍首相は「危機」に弱い政治家である。石破問題と小池問題を抱えて、平静でいられるだろうか。おそらく、平静ではいられない。心中は、ハラワタが煮えくり返っているだろう。さて、話は変わる。相模原大量殺人事件。犯人の学歴や家族環境の内部情報が漏れてこない。何故なのか。マスコミは、こういう大事件が起きると、すぐ過剰反応して、犯人の学歴や家族環境がを暴露しまくるはずだが、今回は、何故だか、未だに明らかではない。友人や同級生の話が公開されているので、マスコミ関係者は知っていると思われるが、いまだに報道する気配はない。先日、立川で、カルチャーセンターの「小説教室」の授業があった。そこで、受講生達とお茶を飲みながら話していて、分かった。八王子在住の人の話では、高校は「八王子実践高校」、大学は「帝京大学」らしい。別の受講生の話では、そんなことはネットで調べると、すぐ分かるということだった。はたして、どうなのであろうか。安倍内閣と相模原大量殺人事件の共通点は、「ネット右翼」である。「ネット右翼亡国論」の観点から、安倍内閣改造と相模原大量殺人事件を見ると、はたしてどういうことになるのか?私見によれば、「ネット右翼」とは、中途半端な物知りで、自分以外の他人を、「馬鹿」か「あほう」のように見下す人種である。他人がみんな馬鹿に見えるほどに、自己中有心的な「馬鹿」、それが「ネット右翼」である。意外かもしれないが、「ネット右翼」はよく勉強している。が、その勉強の中身が薄く、幼稚である。だから、一冊の書物を書き上げるだけの才能はない。あるいは、一冊の本を書き上げることができたとしても、入門書か解説書に過ぎない。相模原事件の犯人は、まさにそうだったように見える。あるいは安倍改造内閣の面々を見ると、彼らもまた「ネット右翼」であることが分かる。



👈応援クリックよろしくお願いします!






政治ランキングへ




👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、こちらからお願いします。メール=yamazaki4669@yahoo.co.jp。携帯=090-6007-0726。