哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

稲田朋美防衛大臣は「ネット右翼」か?そもそも「ネット右翼」とは何か?よく勉強しているが、底が浅い。物事を深く考えることがない。そういう「ネット右翼」は政治エリートや文化人エリートにも万延している。稲田も例外ではない。

稲田朋美防衛大臣は「ネット右翼」か?そもそも「ネット右翼」とは何か?よく勉強しているが、底が浅い。物事を深く考えることがない。そういう「ネット右翼」は政治エリートや文化人エリートにも蔓延している。稲田も例外ではない。言うまでもなく、稲田は典型的な「ネット右翼」である。稲田には、思想がない。「思想がない」とは「思想の存在論化」、つまり「思想の土着化」「思想の内在化」がないということだ。雑学的教養と受け売りの知識があるだけである。それは、顔に書いてある。顔は嘘をつかない。メガネを頻繁に取り替えているが、思想も安易に取り替えられるということだろう。「100人斬り裁判」で弁護士をつとめたが、裁判自体は敗北している。何故、敗北したのか。稲田朋美の知識が受け売りであり、偽物だったからである。南京事件南京大虐殺事件について、詳しく勉強していない。素人の雑学の枠を出ていない。私は、「南京事件論争」を繰り返してきた先行研究者たちを、思想の中身が似ているからと言って、「ネット右翼」とは見なさない。稲田の「南京事件」は、先行研究者たちの研究業績の成果を拾い集めた、単なる雑学であり、受け売りである。しかもその自覚もない。それが典型的な「ネット右翼」であるということの意味である。(続く)





(続きはメール・マガジン「週刊=山崎行太郎の毒蛇通信」でお読みください。
www.mag2.com





政治ランキングへ



👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。メール=yamazaki4669@yahoo.co.jp。携帯=090-6007-0726