哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

エピクロスとマルクスーマルクスの学位論文『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』について、もう少し書く。このマルクスの学位論文について、深い関心を持って論じる人は、意外に少ない。

👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールでお願いします。メール=yamazaki4669@yahoo.co.jp。



政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎)ーー

エピクロスマルクス

 マルクス学位論文デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』について、もう少し書く。このマルクス学位論文について、深い関心を持って論じる人は、意外に少ない。おそらく、唯物史観史的唯物論・・・というような体系的な思考の萌芽が、この学位論文からは、見えにくいからであろう。言い換えれば、マルクスマルクス主義という観点から読み解くという方向からは、このマルクス学位論文は、深く読むに値しないということだろう。
 しかし、私の関心は、マルクス主義という哲学体系よりも、マルクスその人の思考法ないしは思考過程そのものにある。つまり、マルクスの実存に興味をもって、私は「マルクスエンゲルス」を論じている。イデオロギーではなく存在論である。マルクス主義ではなくマルクスである。その意味で、私には、マルクス学位論文デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』は、充分に面白い。この学位論文は、マルクスが単なる理論家や体系家でないことを示しているからだ。
 マルクスは、『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』の「脚注」で、ヘーゲルとその弟子たちについて、こう書いている。

《へーゲルについても、弟子たちがへーゲルの体系からあれこれの規定をとりだして、これを現実との適合などと、いわば道徳的な視点から説明しようとすることがあるが、これはまったくの無知をあらわにするみものだ。弟子たちはしばらく前までは、へーゲルの体系のすべての一面的な規定に熱中していたことを忘れているのだ。これは弟子たちの著作からも証明できる。
 弟子たちはへーゲルの体系を、完成した知としてうけいれた。これに強い感銘をうけたあまり、素朴なむ無批判な信頼感を抱いて、この体系に帰依していたのである。このことを考えると、師たるへーゲルがその洞察の背後にある意図を隠し持っていたと咎めたりするのは、なんとも破廉恥なことではないだろうか。ヘーゲルにとって学とは、うけいれたりするものではなく、生成するものであり、学のもっとも外部の末端にいたるまで、みずからの心に固有な精神的な血が脈打っているものだった。》
(『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』脚注)

 
 マルクスは、ヘーゲルの弟子たち、つまりヘーゲル左派の哲学者たちを、厳しく批判している。何故、ヘーゲルではなく、ヘーゲルを批判的に乗り越えようとしている若いヘーゲル左派の哲学者たちを批判するのか。マルクスは、むしろヘーゲル左派に属していたはずではないのか。
  もちろん、マルクス学位論文は、そのタイトルが示すように、デモクリトスエピクロスの差異を論じたものである。特に、デモクリトスに対して、エピクロスを肯定的に論じたものだ。しかし、マルクスは、エピクロスを論じつつ、ヘーゲルとその弟子たちについても、かなり熱を込めて論じていてる。何故か。おそらく、学位論文という形式上、ギリシャ時代の哲学者たちを主題的に取り上げているが、当時のマルクスの主要な関心は、彼自身がそれに属していた「ヘーゲル左派」の哲学、つまり「ヘーゲルとその弟子たち」の哲学運動にあったのだろう。言い換えれば、デモクリトスエピクロスを論じながら、へーゲルとその弟子たちの思想的欠陥(限界)を論じているのだ。
 マルクスヘーゲルを批判していない。何故か。おそらく、マルクスヘーゲルの哲学大系だけではなく、ヘーゲルの存在(実存)を見ている。そこから、マルクスは、ヘーゲルのむ思考よりも「ヘーゲルの弟子たち」の思考に、思想的欠陥を見出す。
 たとえば、「弟子たちはへーゲルの体系を、完成した知としてうけいれた。これに強い感銘をうけたあまり、素朴な無批判な信頼感を抱いて、この体系に帰依していたのである。」というのは、ヘーゲルの弟子たちが、自分では考えていない、ということだろう。つまり「受け売り」の思考しか展開していないと言って、批判しているのだ。
 一方、ヘーゲルについては、「ヘーゲルにとって学とは、うけいれたりするものではなく、生成するものであり、学のもっとも外部の末端にいたるまで、みずからの心に固有な精神的な血が脈打っているものだった。」と言っている。これはどういうことか。マルクスも、ヘーゲル左派の一員として、ヘーゲルの観念論的な哲学体系を批判的に乗り越えて、唯物論的哲学を構築していくことになるわけだが、マルクスの主要な関心が、「観念論から唯物論へ」というような体系だけに限定したものではなかったということだろう。少なくとも、マルクスは、ヘーゲルの理論体系はともかくとして、思考する哲学者としてのヘーゲルのことは肯定こそすれ、決して批判はしてなかったということだろう。
 マルクスは、さらに「ヘーゲルの弟子たち」を批判する。

《弟子たちがこのような非難をするところをみると、彼らはこれまで真面目に考えていなかったのではないかと疑問になる。そして真面目に考えていなかったことの原因がヘーゲルにあるといって、ヘーゲルの哲学を克服しようとするのである。しかし弟子たちが忘れているのは、ヘーゲルは自分の体系との間で直接的で、実体的な関係を結んでいたこと、それにたいして弟子たちは、ヘーゲルの体系とは反省的な関係を結んでいるにすぎないということである。》
(同上)

「弟子たちは、ヘーゲルの体系とは反省的な関係を結んでいるにすぎない」というのは、「受け売り」しているにすぎないということだろう。つまり「反省的な関係」とは、自分の頭で考えたものではなく、「習い覚えたもの」だということだろう。マルクスは、「ヘーゲルと弟子たち」を区別しているが、同時に、「マルクスマルクス主義者たち」を、区別しているということができる。
 たとえば、次のようなマルクスの文章を読むと、私は、小林秀雄を連想せずにはおれない。「しかし弟子たちが忘れているのは、ヘーゲルは自分の体系との間で直接的で、実体的な関係を結んでいたこと、それにたいして弟子たちは、ヘーゲルの体系とは反省的な関係を結んでいるにすぎないということである。」
 
 さて、話は変わる。私は、小林秀雄柄谷行人というような「文芸評論家」のマルクス論を導きの糸として、マルクスを読んでいる。それは、「初期マルクスに帰れ」ということでもない。「観念論か唯物論か」という問題意識からでもない。
 たとえば小林秀雄は、「考えるということ」(『考えるヒント』)というエッセイで、本居宣長の言葉をヒントに、「考えるとは、『かむかふ』だ」と言っている。「かむかふ」とは、思考が身体(物)と直接的に向き合うことだと、いわば、理論や尺度や解説を交えずに、物と直に接することだと言っている。私は、小林秀雄本居宣長の「考える」ということに関する分析と主張は、充分に「唯物論的」だと考える。理論や尺度や解説に頼って物(対象)に立ち向かうことこそ「観念論」である。私は、小林秀雄本居宣長の「唯物論的思考」が、マルクスの「唯物論」と異なるとは思わない。いや、マルクス唯物論の本質を解く鍵は、意外なことかもしれないが、小林秀雄本居宣長の思考にある。
 その意味で、マルクス主義の思考、ないしはマルクス主義者たちの思考は、いくら唯物論を叫ぼうと、唯物論的ではない。マルクスの思考とマルクスエピゴーネンの思考は、理論や解説の次元では似ているとしても、思考そのものはまったく異なる。エピゴーネンの思考は、つねに観念論的である。
 

マルクスの『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』に戻る。マルクスは、その学位論文で何を論じようとしたのか。もちろん、「デモクリトスエピクロスの差異」だろう。しかし、同時に、「ヘーゲルヘーゲルの弟子たちの差異」であるように見える。
 
《だからある哲学者が実際に現実と適合していた場合には、その哲学者の弟子たちは、その哲学者自身においては外向けの意識という形式をとっていたものを、その内にひそむ本質的な意識から説明しなければならない。このようにすればこそ、良心の進歩としてみえたものが、同時に知の進歩としても説明できるようになるのである。ある哲学者の特定の良心そのものが問題なのではない。その哲学者の意識の本質的な形態を再構成し、これを特定の形態と意味にまで高め、これによって同時にそれを乗り越えていくことが重要なのだ。》(『デモクリトスの自然哲学とエピクロスの自然哲学の差異』脚注)
 
 むろん、マルクスは批判や批評が悪いといっているわけではない。柄谷行人は、「マルクスの『思想』は、それ以前のものに対する『批判』としてしか存在していない」「マルクスの仕事を『批判』として読むことが何よりも重要なのだ」といっている。マルクスこそが最大の批判者なのである。つまり、マルクスは批判とは何か、批評とは何かを論じているのである。
 マルクスは、ここである種の「決意」を述べているように見える。つまり、以後、ヘーゲルの哲学を批判的に乗り越えて、独自の哲学を切り開いていくマルクスは、ヘーゲルを「外在的」に批判するのではなく、「内在的」に批判していかなければならないと「決意」してているとといっていい。






👈応援クリックよろしくお願いします! (続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールでお願いします。メール=yamazaki4669@yahoo.co.jp。