哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

江藤淳は、何故、宮沢俊義を批判したのか?

👈応援クリックよろしくお願いします! (この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726


政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



◼️江藤淳は、何故、宮沢俊義を批判したのか?
江藤淳の『一九四六年憲法ーその拘束』(文春学術ライブラリー)を読むと、江藤淳の関心が憲法の意味や解釈ではなく、憲法の「起源」であり、憲法の成立過程の秘密の探究と分析であることが分かる。いわゆる憲法学者たちとは違う。

憲法学者たちには、憲法の原理、あるいは起源を、もしくは起源の起源を問うという「原理的思考」が、つまり「哲学的思考」がない。江藤淳には、それがある。江藤淳を批判・冒涜することを仕事としているらしい凡人の小谷野敦には、何も見えていない。哀れというしかない。

さて、憲法学者たちは、憲法成立過程に関心を持っていないだけではなく、それを隠蔽しようとしている。その代表が東大法学部教授で、戦後の憲法学の権威者となった宮沢俊義だったのだ。宮沢俊義は、マッカーサー憲法の成立過程の秘密を、協力者としてかなり詳しく知っていたが故に、それを必死で隠蔽しようとしたのだ。江藤淳の「宮沢俊義批判」の意味はそこにある。

戦後の護憲派憲法学者たちは、「平和憲法」の成立過程を誰も問題にしようとしない。長谷部恭男樋口陽一も、「立憲主義」を強調するだけで、戦後憲法、つまりGHQ憲法の成立過程を問題にしない。出来ないのだ。だから彼等の憲法論や憲法研究は、「憲法論ごっこ」にすぎない。

それは、護憲派憲法学者たちが生きて行く上での存在理由、つまり戦後の憲法学者たちの「タブー」なのだ。江藤淳は、その戦後の護憲派憲法学者たちの「タブー」を暴露・解明しようとしたのだ。だから、『江藤淳の言い分』で斉藤禎が言うように、江藤淳は潰され、以後、不当に無視黙殺され続けているのだ。しかし、いつまでも、それが続くわけではない。「新潮45」という月刊誌で、「江藤淳は甦る」という連載も始まったらしい。(続く)



続きは、『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから➡︎http://www.mag2.com/m/0001151310.html