哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

マルクスとエンゲルスー微妙な差異の哲学

レポート(学生)提出は以下の「メールフォーム」から送信してください。


============= =============
メールフォーム➡︎ https://ws.formzu.net/fgen/S49964599
============= =============



政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー
pー



マルクスエンゲルスー微妙な差異の哲学
   
マルクスエンゲルスの差異、あるいはへーゲルとマルクスの差異は、それは、見かけほど単純な差異ではない。つまりマルクス主義というものがあり、一方に、エンゲルス主義やへーゲル主義とでもいいうるようなものがあるというわけではない。そこには、ともすれば、見過ごされがちな微妙な差異があるだけである。むろん、私が、ここで書こうとしているのは、その「微妙な差異の哲学」である。
へーゲル的観念論からマルクス唯物論への唯物論的転倒として語られるマルクス思想だが、それを、柄谷行人のように、「前後の転倒」として捉えるということは重大な一歩前進だが、「前後の転倒」と言い換えただけでは、まだ転倒の本質を言い当てているとは言いがたい。
 そこには、言葉では容易に説明しがたい「微妙な差異の哲学」とでもいうべきものがある。
たとえば、柄谷行人は、広松渉との対談「共同主観性をめぐって」で、こういっている。

《たとえば「意識が存在を規定するのではなく、存在が意識を規定する」ということばがありますね。昔は、これはマルクス主義的認識論として考えられていたんでしょうが、ぼくはそんなふうに考えたことはありません。二十二、三歳のころ、マルクスのこのことばがまったく腑に落ちるという感じで了解できたのです。マルクスのいう「存在」が何であるか。小林秀雄なら「宿命」というだろう、吉本隆明なら「関係」というだろう。また構造主義者なら「構造」というだろう。それは何でもいいのです。いずれにせよ、それはマルクス主義的認識論なんてものじゃない。「意識」あるいは「意味」にふりまわされてきた人間だけが、もつ認識なのですから。》


私が、最初、この対談を読んだのは、「現代思想」誌上に掲載された時だったが、柄谷行人が、ここで、小林秀雄吉本隆明を例に出して、マルクスの思想的本質を説明しようとしているわけだが、いったい何をいおとしているのか、まったく分からなかった。今なら、分かる。
柄谷行人は、マルクス小林秀雄吉本隆明と同列に論じている。そこが重要な点である。おそらく、マルクスの研究家やマルクス主義経済学者などには、決して起こり得ない話だろう。しかし、小林秀雄吉本隆明を熟読した経験を持つ私には、柄谷行人が何を言おうとしているかが分かる。マルクスエンゲルスの差異、へーゲルとマルクスの差異、つまり、そこに横たわる「微妙な差異の哲学」をいおうとしているのだ。


柄谷行人は、続けて次のように、広松渉の「疎外論から物象化論へ」というマルクス主義解釈の図式を、半ば肯定しつつ批判している。

《広松さんは六十年代に疎外論を批判して、『ドイツ・イデオロギー』の画期性を示す仕事をされました。ぼくはその点について同感でしたけど、ちょっとニュアンスがちがいます。例えばマルクスがある時期に転換したとすれば、ランボーだって転換したわけだしも小林秀雄だって転換した。ぼくには、それらが同一に見えたわけですね。マルクスの転換ということも、必ずしも哲学の方での限定された理論的な変化としてではなくて、もう少し違った意味を持つのではないか、そういうメタフォリカルな読み方でぼくはマルクスを読んできたんです。こういう「転換」をもたないひと、いいかえれば、理論がたんに理論として発展していくのだと考えるようなひとは、マルクスの「逆説」がわからないはずだと、今でも確信しています。》


これは、決定的な広松渉批判である。おそらく広松渉には、柄谷行人のいおうとすることが分からない。広松渉もまた、そのマルクス的転換の存在論的意味について理解はしているが、広松渉にとっては、あくまでもマルクス主義の「理論」の問題としてしか対自的には自覚されていないといっていい。
柄谷行人は、理論化できない問題を提出している。しかし、広松渉は、それをも、理論上の問題として、理論化してしか考えない。ここに、「微妙な差異の哲学」がある。

言い換えれば、マルクスエンゲルスの差異は、柄谷行人広松渉の差異だと言ってもいいかもしれない。
柄谷行人は、マルクスとは異なるが、別の意味で、エンゲルスは有能な思想家だったと言っている。マルクス主義を現在のように世界的大思想に育て上げたのは、エンゲルスである。エンゲルスなくしては、マルクス主義は、マルクス主義たりえなかった、と。これは、マルクス主義確立におけるエンゲルスの貢献度を高く評価する広松渉の『エンゲルス論』にも通じる話だろう。


マルクス主義を形成したのは、エンゲルスである。エンゲルスは、マルクスのテクストの文字通り最初の読者であり、解釈者だった。問題は、彼が、マルクスとはちがった、ある意味で有能な思想家だったことにある。エンゲルスが「真のマルクス」を歪曲したというのは当たらない。エンゲルスの天才なくして、マルクス主義が実際あれほどの神話的、宗教的力をもちえたはずがないからである。》
(『マルクスその可能性の中心』)

これが、柄谷行人的視点である。しかし、ここにはマルクスエンゲルスの思想家として差異、つまり「微妙な差異の哲学」が隠されていることを忘れてはならない。再び言うが、おそらく広松渉には、この「微妙な差異の哲学」は見えていない。むろん、私は、優劣を論じているのではない。思想家の資質の差異を論じているにすぎない。しかし、当時に、このささやかな差異、それが決定的に重要な意味を持ってくる、と。
さて、柄谷行人の言う「微妙な差異の哲学」について、もう一つ別の観点から見てみよう。マルクスに、学位論文として知られる『エピクロスデモクリトスにおける自然哲学の差異』という論文があるが、実は、マルクスは、この論文で、「微妙な差異の哲学」を論じている。


デモクリトスの自然哲学とエピクロスのそれとを同一視するのは、古くから確立された偏見である。だから、エピクロスによるデモクリトスの自然哲学の変更は、たんに恣意的な気まぐれにすぎないと考えられている。一方、私はディテールに関して顕微鏡的な探究のようにみえるものに入りこんでいかざるをえない。しかし、まさにこの偏見が哲学の歴史と同じくらい古いがゆえに、また差異が顕微鏡によってのみ発見しうるほどに隠蔽されているがゆえに、デモクリトスエピクロスの自然哲学のなかに、その相互依存性にもかかわらず、微細なディテールに及ぶような本質的差異を名証することは、いっそう重要となるだろう。》(マルクスエピクロスデモクリトスにおける自然哲学の差異』)


マルクスも、この時点で、「微妙な差異の哲学」を強調していることが分かる。この差異は、「疎外論から物象化論へ」というような差異や転換、あるいはアルチュセールの言うような「認識論的切断」とは違う。もっと些細な「微妙な差異の哲学」である。
私は、この「微妙な差異の哲学」とは、存在論的な自意識、あるいは自己嫌悪、近親憎悪・・・というような存在感情に近いのではないか、と考える。これは、小林秀雄吉本隆明の例で考えると分かりやすいかもしれない。


このマルクスエンゲルスの「微妙な差異の哲学」を、マルクスの存在思想、あるいはマルクスの存在論という観点から探究しつづけたのが、若き日の柄谷行人の友人でもあった対馬斉である。
 対馬斉は、マルクスエンゲルスの差異を強調する厳格な思想家として知られているが、たとえば、へーゲルとマルクスの差異について、こう書いている。

マルクスのへーゲル批判、へーゲル国法論の批判は、その思想的営為の第一歩であった。マルクスフォイエルバッハの「人間=感性」を機軸とし、人間関係を、社会関係を、ひたすら意志関係と捉えたへーゲルを衝く。マルクスはこの思想的営為のなかで、へーゲルの人間関係=自己意識関係の陥せいに、むしろ意識関係を超えて、人間を社会的に繋縛措定している様を発見するのである。そしてこのことがマルクスをして、近代社会の解剖は、それを物質的な生活諸関係から捉えなければならないという、経済学の研究へと赴かしめたのであった。》(『人間であるという運命』)


対馬斉が、ここで指摘しているへーゲルとマルクスの差異と転換は、ある意味では分かりやすい。「自己意識関係」から「社会意識関係」への転換。哲学から経済学への転換。ここまでは、誰でも言いうるものと思われる。

対馬斉の解釈は正確である。しかし、問題の本質は言い当てているが、まだ、「微妙な差異の哲学」を明らかにするには至っていない。「微妙な差異の哲学」を説明しようとしているが、あるいは、「微妙な差異の哲学」というものに気づいて、肉薄しているが、言いあぐねているように見える。
まだ、この説明では、ともすれば、個人意識から社会意識へ、という単純なマルクス主義の公式に転化しかねない危うさを持っている。
たとえば、マルクスの『経済学批判』に次のような一節がある。

《人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定する。》(マルクス『経済学批判』)

(続く)





👈応援クリックよろしくお願いします!


下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726