読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

中上健次と柄谷行人、あるいは「熊野大学」とは何だったのか?

メールやレポート(学生)は、次の「メールフォーム」から送信してください。➡︎ https://ws.formzu.net/fgen/S49964599


政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー




============= =============
中上健次柄谷行人、あるいは「熊野大学」とは何だったのか?
============= =============

中上健次没後に、中上健次と親しかった柄谷行人渡部直己浅田彰等を初めとして、一部の友人たちを中心に、中上健次の故郷・新宮で、「熊野大学」という「勉強会」「シンポジュウム」が、毎年、もよおされ、その模様が、文芸誌「文学界」に掲載されるというのが、習わしになっている。ほとんど毎年、柄谷行人が参加したこともあって、文壇周辺では、それなりの影響力を持っているように思われる。

しかし、私は、この「熊野大学」というシンポジュウムが、どのような役割を果たしのかということに関しては、かなりの疑問を持っている。前回も書いたように 、中上健次という作家は、ポスト・モダン派の評論家たちや学者たちに持て囃されることによって、もう一つの本質的な側面、つまり「思想の土着化」「思想の存在論化」という側面が軽視され、忘れられ、黙殺されることになった。つまり、中上健次は、東京のポスト・モダン派の評論家や学者たちの手によって、スター作家に「祭り上げ」られ、文壇的地位を確立したが、しかし、中上健次の存在本質は、そこにはなかった。

たしかに、ポスト・モダン派の評論家たちも、熊野という土地へのこだわりや部落出身という事実を黙殺・隠蔽したわけではない。むしろ、強調しすぎるぐらいだった。しかし、私は、そこにこそ問題があったと思う。彼等、ポスト・モダン派は、中上健次の「出身地」や「被差別部落」について、過剰に饒舌に語ることによって、逆に、それ等を無視・黙殺・隠蔽し続けたのである。
(続く)





👈応援クリックよろしくお願いします! (この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726。