読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

中上健次と『ネット右翼亡国論』。中上健次は「思想の存在論化」「思想の土着化」を生きた文学者だったが、没後の中上健次は、ポスト・モダン派の包囲網で保護されている。中上健次にとっては、これこそ悲劇である。中上健次は、現在の「ネット右翼」と問題意識を共有している。中上健次にとってはポスト・モダン的思考は、むしろ敵だった

メールやレポート(学生)は、次の「メールフォーム」から送信してください。➡︎ https://ws.formzu.net/fgen/S49964599


政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



中上健次と『ネット右翼亡国論』。

中上健次は「思想の存在論化」「思想の土着化」を生きた文学者だったが、没後の中上健次は、ポスト・モダン派の包囲網で保護されている。中上健次にとっては、これこそ悲劇である。中上健次は、現在の「ネット右翼」と問題意識を共有している。中上健次にとってはポスト・モダン的思考は、むしろ敵だった。

中上健次は、思想的にはポスト・モダン的思考の所有者でもあったかもしれないが、中上健次中上健次文学の存在本質は、和歌山県新宮市被差別部落に生まれ、育ったという経歴や、その来歴をテーマにして書き続けた文学作品が示すように、「思想家の土着化」「思想の存在論化」を体現したところにあったと、私は思う


中上健次は、癌が見つかり、死期が近付くと、東京から新宮へ移り住んだ。そして故郷である新宮で死んだ。ちなみに、「熊野大学」は、死を意識し始めた中上健次が、故郷の新宮に作った「私的勉強会」だった。そのメンバーの中核は新宮の人たちだった。

しかし、中上健次没後の「熊野大学」は、東京組の柄谷行人渡部直己等が中心の「ポスト・モダン的勉強会」へと変貌し、参加者たちにとっては、一種の「観光旅行的勉強会」への道をたどる。中上健次の悲劇、あるいは日本文学や日本文壇の悲劇は、ここに始まるように見える。


柄谷行人も言うように(「文学界」1993/10月号「『千年』の文学・中上健次と熊野」、2016/10月号「中上健次津島佑子」)、中上健次の実質的処女作は、永山則夫論(「犯罪者永山則夫からの報告」)だった。上流階級、高学歴、高収入のポスト・モダン派ではなかった。低学歴、集団就職、肉体労働者の土着派=存在論派であった。



沖縄から、高卒で上京して様々な肉体労働的仕事を転々としたあげく、中上健次と知り合い、中上健次の「マネージャー」(?)となり、中上健次の指導で作家デビューすることになる小浜清志は、中上健次を「親方」と呼んでいたと言う。小浜清志は、自分は、「もう一人の永山則夫だった」と言っている。中上健次、小浜清志、永山則夫・・・は、出生や生活においてだけではなく、精神的にもつながっている。






(続く)


👈応援クリックよろしくお願いします! (この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726。