哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

『ネットと愛国』の安田浩一の「桜井誠批判」に思想的根拠はあるのか。逆に言えば、桜井誠の「在日特権批判」に思想的根拠はないのか。私は、安田浩一の『ネットと愛国』の桜井誠批判は、単に時代風潮の流行に乗っているだけで、思想的根拠は薄いと思う。

メールやレポート(学生)は、次の「メールフォーム」から送信してください。➡︎ https://ws.formzu.net/fgen/S49964599


政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー


『ネットと愛国』の安田浩一の「桜井誠批判」に思想的根拠はあるのか。逆に言えば、桜井誠の「在日特権批判」に思想的根拠はないのか。私は、安田浩一の『ネットと愛国』の桜井誠批判は、単に時代風潮の流行に乗っているだけで、思想的根拠は薄いと思う。


桜井誠は、いくつかの具体的な「在日特権」を挙げている。「特別永住資格」や「生活保護」「年金」・・・など、安田浩一は、そんなものは、特権でもなんでもないと言っているが、どうだろうか。近代の日本と韓国の関係は複雑である。単純明快に、善悪で割り切ることはできない。その人の思想的立場や背景によって、解釈や評価は大きく異なってくる。私は、安田浩一が間違っているとか、桜井誠が間違っているとかいうつもりはない。


安田浩一は、戦後思想を支持して、それに依拠しているように見える。戦後思想とは、戦前の日本の近代化路線に批判的であり、戦前の思想や政策に批判的、否定的である。それに対して桜井誠は、戦後思想的価値観や歴史解釈に異議申し立てているように見える。


(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします! (この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726