哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

安倍晋三と麻生太郎と「ネット右翼亡国論」。安倍政権は「ネット右翼政権」である。

メールやレポート(学生)は、次の「メールフォーム」から送信してください。➡︎ https://ws.formzu.net/fgen/S49964599


政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



安倍晋三麻生太郎と「ネット右翼亡国論」。安倍政権は「ネット右翼政権」である。



たとえば、安倍首相は国会答弁の中で、「「ポツダム宣言」は読んでいない」と発言した。麻生太郎は、「憲法改正ナチスに学べ」と、あるシンクタンクの講演で発言したといわれる。いずれも、雑談や酒席の場などでの冗談半分の発言ではない。言い換えれば、「公的な場」か、あるいはそれに準ずる場での大真面目な発言である。


さらには、安倍首相の若手応援団と思しき自民党議員たちの勉強会「文化芸術懇話会」が議員会館で開かれ、そこに講師として招待された作家の百田尚樹は、「沖縄の新聞2紙はつぶさなあかん」と発言したと言われる。言論統制・言論封殺・言論弾圧とも言うべき発言が、国会周辺で行われ、若手議員たちに熱烈に支持されているのだ。

安倍首相を筆頭に、麻生太郎から応援団の文化人百田尚樹にいたるまで、その発言は、とても正視できるものではない。安倍政権は「ネット右翼政権」だと言いたくなるわけである。言い訳や釈明はなされているようだが、いずれも納得できるものではない。


(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします! (この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html
下記のブックマーク(+B)、TwitterFacebook(シェア)もよろしくお願いします。山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726
mk