哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

安田浩一と桜井誠。私には、安田浩一より桜井誠の方が思想的に遥かに深く本質的であるように見える。安田浩一の書くものは、人畜無害な左翼市民主義的な偽善だらけである。


政治ランキングへ

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー


安田浩一桜井誠

私には、安田浩一より桜井誠の方が思想的に遥かに深く本質的であるように見える。安田浩一の書くものは、人畜無害な左翼市民主義的な偽善だらけである。たとえば、桜井誠が主張する「在日特権」を、「そんなものがあるはずがない、そんなものは幻だ」と切り捨てる。そして、「在日朝鮮=韓国人たちが、可哀想だ」というわけだ。安田浩一の自己欺瞞と偽善には、ウンザリする。

在日特権」はないと言えばないし、あると言えばある。極めて心理的、思想的問題だからだ。

安田浩一は、桜井誠を、「反社会的人物」「危険人物」というイメージを定着させることによって、社会的に抹殺しようとしているかに見える。安田浩一は、桜井誠を、思想的に語るに値しないと言いているようだが、私には、そうは見えない。

桜井誠が提起している「朝鮮・韓国問題」は、重要である。近代日本の、そして戦後日本の最重要課題である。桜井誠の功績は、多くの日本人が、見て見ぬフリをしている「在日問題」、あるいは「在日特権問題」を、インテリや大学教授たちの「おしゃべり」のレベルから、一般庶民の生活や実践運動のレベルへ引き下ろしたところにある。

言い換えれば、在日問題や在日特権問題を、生々しい問題として、日本国民の目の前に突き付けたところにある。「桜井誠」や「在特会」が、社会的に無視、黙殺されるどころか、ある程度の支持を得ていることは、問題を共有していることを意味する。実は、日本国民の多くが、「在日問題」や「在日特権問題」に苛立っているのだ。

在日特権などない」と言い切る安田浩一には、実は、日本国民の多くが、「在日問題」や「在日特権問題」に苛立っているということも、日本国民の集合的無意識とその奥に潜む凶暴なナショナリズムも、何も見えていない。



(続く)





👈応援クリックよろしくお願いします!


(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。





政治ランキングへ