哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

民進党解党論。蓮舫ー野田主導の民進党は、即、解党・解散すべきである。「二重国籍」疑惑の蓮舫・党首も「消費税増税」一直線の野田佳彦幹事長も、政治家としては失格。終わっている。二人とも、即、引退するしかない。(続く)


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

?https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー




民進党解党論。

蓮舫ー野田主導の民進党は、即、解党・解散すべきである。「二重国籍」疑惑の蓮舫・党首も「消費税増税」一直線の野田佳彦幹事長も、政治家としては失格。終わっている。二人とも、即、引退するしかない。新潟知事選の敗北で、安倍自民党にも激震が走っているが、民進党は激震を通り越して、解党=解散論が沸き起こっている。私は、民進党の解党=解散論に賛成である。

鹿児島県知事選に続く新潟知事選の敗北は、安倍自民党が、必ずしも国民の圧倒的な支持を得ているわけでも、盤石であるわけでもないことを示したが、これは、ちょっとした「きっかけ」で、簡単に政権交代が起きる可能性があるということだ。しかし、自民党にもまして、危機的状況に追い込まれているのが、蓮舫党首の率いる民進党だ。


新潟知事選は、小沢一郎(自由党)や志位和夫(共産党)等が主導する「野党共闘」「野党連合」「国民連合政権」・・・グループの勝利だった。民進党は、野党共闘路線から離脱した。選挙情勢や政局の急変を受けて野党共闘路線に舞い戻ろうとしても、もはや野党共闘、野党連合グループで主導権を握ることは出来ない。第二自民党、あるいは自民党補完政党を目指す野田佳彦(幹事長)がいる限り、民進党の存在意義はない。蓮舫も野田も、黙って、小沢=志位連合に、金魚の
糞のように、付き従うしかない。



野田佳彦は、連合の顔色を伺いながら、「蓮舫が新潟知事選の応援で新潟入りするようなことがあれば 、身体を張ってでも止める」と言っていたとか、いなかったとか、言うことだが、今は、どう思っているのだろうか。野田佳彦には、怒り心頭で、蓮舫に辞表を叩きつけるぐらいの根性は、ないのか?野田佳彦という政治家に、それぐらいの根性があるわけがない。



(続く)




👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールか携帯でお願いします。
メール=yama31517@gmail.com。携帯ー090-6007-0726

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングへ