哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

民進党撲滅論。 民進党を、今すぐ撲滅せよ。東京補選でも福岡補選でも、民進党が迷走を繰り返して、自滅への道を突き進んでいるらしい。「日刊ゲンダイ」に以下のような記事が出ている。いやはや。野党共闘は、民進党抜きでやりましょう。自由党や共産党中心の野党共闘で、「自・公・民」を倒せ。(続く)


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



民進党撲滅論。

民進党を、今すぐ撲滅せよ。東京補選でも福岡補選でも、民進党が迷走を繰り返して、自滅への道を突き進んでいるらしい。「日刊ゲンダイ」に以下のような記事が出ている。いやはや。野党共闘は、民進党抜きでやりましょう。自由党共産党中心の野党共闘で、「自・公・民」を倒せ。


蓮舫や野田等が、ここまでひどいとは思わなかった。新潟知事選で、見苦しい猿芝居を演じて、恥をかき、少しはまともになるのかと予想しないわけではなかったが、みごとに予想はハズレ、東京10区補選と福岡補選では、さらに見苦しい猿芝居を演じているらしい。野党共闘と言いながら、共産党自由党の応援を断り、民進党候補者は、逃げ回っているという。野田佳彦仙谷由人らの策謀だろう。


今後の野党共闘は「民進党抜き」でやるべきだろう。蓮舫=野田の民進党は、自民党と連携し、共闘した方がいいだろう。心ある民進党の一部と、共産党自由党社民党などで、「野党共闘」を再構築すればいいだろう。新潟知事選を振り返るまでもなく、いい闘いになるだろう。


蓮舫等と代表選を闘った玉木雄一郎も、「保守リベラル」を目指すと言っている。こいつも、ダメだ。期待していたが、やはりニセ・エリートである。本心は自民党に移籍したのだろう。野党や反権力、左翼革新派・・・を名乗ることを恐れているのだろう。


私は、かつて保守や保守反動を自称していた。それは、政治的な保守や保守反動は、権力迎合、体制迎合というより、誤解を恐れずに言えば、少なくとも東京の言論空間では、反体制的、反権力的であったからだ。


今、保守や右翼は、単なる現状維持派、体制ベッタリ、権力迎合・・・に成り下がっている。「保守リベラル」と言っても、同じである。私は、密かに「在特会」、あるいは「日本第一党」を支持、応援している。彼らは、「保守」っといっても、反体制的保守であり、反権力的保守だからだ。


野田、蓮舫、玉木・・・は、自民党議員よりも保守的な、体制ベッタリの「保守」、いわゆる「保守リベラル」である。民進党議員は、この泥舟、第二自民党=民進党から抜け出す準備をせよ 。






(続く)

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー
東京・福岡補選でも…野党共闘の足並み乱す民進幹部の愚--(日刊ゲンダイ)


 これじゃあ不戦敗も同然だ。投開票まで残り2日の衆院東京10区と福岡6区の補選をめぐり、民進党執行部のチグハグ対応が野党共闘の足並みを乱している。いずれも民進候補に一本化したが、支持基盤の連合を気遣って共産、自由、社民の推薦を拒否。そのくせ、票だけせがむダブルスタンダードを平然と続けているのだ。

 投票日が迫る19日、福岡・西鉄久留米駅前でようやく野党4党幹部による合同演説が実現。共産は志位和夫委員長が駆けつけたのに、民進が出したのは蓮舫代表ではなく、安住淳代表代行だった。

「市民団体の呼び掛けで形になったのですが、民進の対応は見苦しかった。連合福岡などの“共産アレルギー”に配慮して、志位委員長と新井富美子候補が並ぶことのないように、登場時間を調整したのです。偶然なのか、志位委員長が予定より早く到着して結局5人が揃ってしまい、民進関係者は冷や汗をかいていた」(地元メディア関係者)



東京・池袋駅前で20日行われた合同演説はさらにお粗末だった。志位委員長に加え自由党山本太郎代表も足を運んだが、民進は安住氏が再登板。肝心の鈴木庸介候補は不在だった。

「党本部から連絡がなかったので、こちらはこちらで遊説していました」(選対事務所関係者)

 補選を密着取材するジャーナリストの横田一氏は言う。

「東京10区はグチャグチャです。野田幹事長は共産嫌いだし、馬淵澄夫選対委員長も距離を置いている。現場を仕切る都連の松原仁会長や長島昭久幹事長は毛嫌いしている。合同演説の時間帯、鈴木候補は池袋まで電車で10分ほどの場所を回っていた。スケジュール調整がつかないはずがない。都知事選で対立した若狭勝候補の応援に小池知事と安倍首相が並び立つ自民党とは雲泥の差です」


 自由党小沢一郎代表が「支持母体の連合が言うことを一から十まで聞くなら出先機関になる」とチクリとやるのも当然だ。

「連合にも共産にもいい顔をしたい党執行部は野党共闘を打ち出す場面では蓮舫代表を隠し、安住代表代行に任せている状況なのです」(民進党関係者)

 新潟知事選の勢いはどんどん削がれていく。
ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー


👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。