哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

野田佳彦と小沢一郎の最終戦争が始まった。野田佳彦に、小沢一郎と全面対決できるだけの戦略や戦術があるのか?あるわけがない。野田の背後にいる仙谷由人と同様に、なすすべもなく、政界引退に追い込まれるだろう。野田も仙谷も、自分では何も出来ない。自民党や警察官、司法、マスコミなどの支援=協力なしには、何も出来ない「政治的デクノボウ」だと言っていいだろう。(続く)


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



野田佳彦小沢一郎の最終戦争が始まった。野田佳彦に、小沢一郎と全面対決できるだけの戦略や戦術があるのか?あるわけがない。野田の背後にいる仙谷由人と同様に、なすすべもなく、政界引退に追い込まれるだろう。野田も仙谷も、自分では何も出来ない。自民党や警察、司法、マスコミなどの支援=協力なしには、何も出来ない「政治的デクノボウ」だと言っていいだろう。


野田は、今年 、3月ごろ、「小沢抜きの野党共闘なら・・・」と言ったが、いかにも野田の政治音痴ぶりを発揮した言葉だった。野党共闘から小沢を排除することが出来るわけがない。野党共闘の提唱者とキーマンは、小沢一郎共産党志位和夫である。小沢一郎抜きの野党共闘など、ありうるわけがない。それが、ありうると考える野田佳彦


そして、野田と蓮舫の新潟知事選のドタバタ喜劇である。野党共闘から排除されているのは、野田佳彦だけである。野田は、「連合」に気を使って、反原発からも、野党共闘からも逃げた。、しかし、野党共闘が勝つ可能性が出てくると・・・。蓮舫は応援に駆けつけたが、さすがに、野田佳彦は、小沢一郎とともに応援演説をすることはできない。民進党の中で、野田佳彦だけが迷走し、孤立しているのだ。


野田は、新潟知事選敗北を受けて、「連合」に謝罪したそうである。どこまで、アフォなのだろうか。野田が、政治家として生き延びる道は一つしかない。それは、小沢一郎の前で土下座することだ。しかし、野田にそういう芸当が出来るはずはない。小沢一郎も、野田の土下座など無視だろう。

(続く)




👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。