読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小池都知事の裏に「上山信一」あり。昨夜、TBSの夜のニュース番組に「上山信一」が出演していた。上山は、橋下徹・大阪府知事(大阪市長)の顧問と称して、「大坂」を大混乱に陥れた中心人物である。大坂で大失敗の後、表舞台から消えたかと思っていたら、今度は、小池都知事の「顧問」だという。この「上山信一」という人物は、いったい、何者なのか?「竹中平蔵2号」ではないのか? <<下に続く。ここをクリック。>>




政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



小池都知事の裏に「上山信一」あり。昨夜、TBSの夜のニュース番組に「上山信一」が出演していた。上山は、橋下徹大阪府知事(大阪市長)の顧問と称して、「大坂」を大混乱に陥れた中心人物である。大坂で大失敗の後、表舞台から消えたかと思っていたら、今度は、小池都知事の「顧問」だという。この「上山信一」という人物は、いったい、何者なのか?「竹中平蔵2号」ではないのか?


上山は、小池都政におけるマスコミ対策を担当しているらしい。小池都知事が、「盛り土問題」の調査報告とそれに対応する処分発表をやった日、上山は、小池発現を補強するために、TBSのニュース番組に出演したということらしい。この役割分担のシステム、何処かで見たことがないか。小泉改革時代の「竹中平蔵」である。

上山と竹中は経歴も似ている。米国留学を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職・・・。帰国後は?つまりアメリカ式の経営コンサルタントとして、日本国家や日本社会の構造改革(解体)を目指して暗躍。その関係で、構造改革(解体)志向の権力者やその周辺に「顧問格」として食い込む。

失敗すると、慶應大学教授におさまる。タイミングを見て、次の権力者を捜し出し、その周辺に顧問として食い込む。

今、まさに、小池都知事の周辺に「改革者」として食い込み、東京や都政を、「大混乱」に陥れようとしているというわけだ。


(続く)




👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。