哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

いい加減にしろ、小池一派よ!豊洲市場の盛り土問題やカヌー競技場問題などで、マスコミを使って、いつまで大騒ぎするつもりか? 個人的な野心実現のために、盛り土問題やカヌー競技場問題を、これ以上、悪用するのはやめてくれ! そもそも、盛り土問題やカヌー競技場問題など、マスコミが連日連夜、大騒ぎするほど、それほど大きな問題ではない。「人気取り」のダシに使っているだけだろう。 <<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

いい加減にしろ、小池一派よ!
豊洲市場の盛り土問題やカヌー競技場問題などで、マスコミを使って、いつまで大騒ぎするつもりか? 個人的な野心実現のために、盛り土問題やカヌー競技場問題を、これ以上、悪用するのはやめてくれ! そもそも、盛り土問題やカヌー競技場問題など、マスコミが連日連夜、大騒ぎするほど、それほど大きな問題ではない。小池女史が、「小池ブーム」とやらを過剰に意識して、「人気取り」のダシに使っているだけだろう。


小池女史よ、あるいは小池一派よ、TPP法案が衆議院で可決されたようだが、そちらには関心はないのか? それこそ、日本国家や国民にとっては、大問題だろう。それとも、TPP法案を、国民の目から逸らし、隠蔽するために、安倍政府に協力しているのか。


小池女史とその一派は、都知事選での「大勝利」に浮かれて、「小池政治塾」まで立ち上げ、ゆくゆくは、「大阪維新の会」に倣って、「小池新党」で国政新出を狙っているとか。橋下徹も、「小池政治塾」の講師に予定だれているというから、実際、小池女史の狙いは、国政なのだろう。


ずばり、女性初の「総理総裁」になりたいというのがホンネなのだろう。だから、都政改革にしろ、豊洲市場の盛り土の問題にしろ、カヌー競技場問題にしろ、「小池ブーム」を永続化するための「ネタ」なのだ。すべて、パフォーマンスの「やりすぎ」である。総理総裁が狙いというのなら、ファッションやパフォーマンスばかりに夢中になるのではなく、もっと地道にやった方がいいんじゃないのか。


特に、小池一派は、石原慎太郎を、「さらしもの」にしようとしているようだが、私は、そのやり方には疑問を感じる。私は、いつも、石原慎太郎を批判・罵倒してきたが、現役を引退して、静かな老後を過ごしている石原慎太郎を批判・罵倒しようとは思わない。まして、石原慎太郎を「さらしもの」にして、庶民の拍手喝采をえようなどとは思わない。それは、日本の政治を韓国・朝鮮レベルの「怨念政治」に堕とすことになる。


そもそも、キャスター上がりの三流政治家と、毀誉褒貶はあるにしろ、前代未聞の、一流の文人政治家・石原慎太郎とでは、格が違いすぎるだろう。少なくとも私は、石原慎太郎という人物を畏怖する。もう、こういう「人物」(作家、政治家)は、二度と出てこない


小池女史よ、あるいはその一派よ、醜悪な私利私欲のために、「墓」を暴き出すような下品な真似はやめろ、と申し上げたい。

(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。