哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

産経新聞と野田佳彦と小沢一郎。「野田–小沢会談」が波紋を呼んでいる。早速というか、遅ればせながらというか、安倍ー自民党系の御用新聞としてお馴染みの産経新聞が、「野田–小沢会談」について、他の新聞とは異なる詳細な分析を披露している。安倍自民党の警戒感が伝わってくるような記事だ。凡庸な政治ジャーナリストは無視するだろうが、我が産経新聞は無視していない、ということが、よく分かる。「野田–小沢会談」の展開次第では、ひょっとしてひょっとなる可能性が出てきたからだ。 <<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

産経新聞野田佳彦小沢一郎
「野田–小沢会談」が波紋を呼んでいる。早速というか、遅ればせながらというか、安倍ー自民党系の御用新聞としてお馴染みの産経新聞が、「野田–小沢会談」について、他の新聞とは異なる詳細な分析を披露している。安倍自民党の警戒感が伝わってくるような記事だ。


凡庸な政治ジャーナリストは無視するだろうが、我が産経新聞は無視していない、ということが、よく分かる。「野田–小沢会談」の展開次第では、ひょっとしてひょっとなる可能性が出てきたからだ。


安倍自民党御用新聞産経新聞が、「野田–小沢会談」について、何処の新聞より詳しく、細かい状況まで書いているところがミソである。産経は、「野田–小沢会談」の行く末を警戒しているのだ。


産経は、「野田–小沢会談」を、政界の片隅の、はぐれ者同士の小さな会談のように書いているが、そうではないということを、一番知っているのが産経である。会談の様子は、産経の書いている通りかもしれないが、一つだけ違うところがある。「野田–小沢会談」は、小沢一郎主導の会談だったということである。野田は、小沢一郎が差し出した救いの手に、待ってましとばかりに、しがみついてきたにすぎない。


いいかえれば、志位和夫小沢一郎主導の野党共闘に、民進党野田佳彦が、仲間入りを志願してきたということだろう。民進党は、実質的に小沢一郎の指導下に入ったと言っていい。


この会談は、形式だけの、テキトーな儀礼的な会談ではない。小沢一郎は、野田佳彦に、早速、「統一名簿」(「オリーブの木」構想)を打診したようだ。野田は、受け入れざるをえないだろう。そうなれば・・・。


ちなみに、私が個人的に応援している「多ヶ谷亮(たがや・りょう。千葉11区)も、民進党の公認が決定し、民進党入りしたようだ。これも、「野田–小沢会談」の成果とみていい。




ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー

『自由・小沢一郎代表、民進・野田佳彦幹事長と4年4カ月ぶりの和解 双方が抱える厳しい懐事情

 民進党野田佳彦幹事長と自由党小沢一郎代表が急接近している。両氏には旧民主党の野田政権時代、消費税増税をめぐって激しく対立し、小沢氏が党を飛び出して政権崩壊につながった過去がある。10月下旬から2度会談し、4年4カ月ぶりの和解をアピール。するのは早期の次期衆院選を視野に野党共闘を加速させるのが狙いだが、裏を返せば互いに厳しい事情を抱える現実がある。

 野田氏「先輩幹事長として、いろいろ教えていただきたいことがあります」

 小沢氏「もし私でお役にたてることであれば、何なりとお話ししますよ」

 10月29日夜、国会近くのホテル内の日本料理店で、野田氏と小沢氏が久々に顔を合わせた。

 仲介したのは、小沢氏に近い民進党鈴木克昌衆院議員だ。鈴木氏は10月24日、野田氏に面会して会談を持ちかけた。野田氏はその場で承諾し、鈴木氏も小沢氏にすぐに報告した。

 「えー、野田くんが俺に会うのか?」

 小沢氏は驚きの声を上げたが、最終的に「恩讐を超えてお目にかかろう」と受諾したという。

 29日の会談では、当初は緊張した雰囲気だったが、野田氏が教えを請う姿勢を見せてからは酒も進んだ。両氏は安倍晋三政権を倒すために連携する重要性を確認し、上機嫌の小沢氏が「酒がうまいな、うまいな」と笑顔を見せた。野田氏もその場で「表で再会談をやりましょう」と提案し、11月2日に2度目の会談が行われた。

 2日の会談は、両氏が報道陣の取材に応じ、選挙協力を加速させることで一致したと「発信」。さらに、この日は「恩讐を乗り越えた」として盛んにアピールしたが、次期衆院選を控えて苦しい立場に置かれているのは同じだ。

 野田氏は9月の党役員人事で幹事長を引き受けたが、旧民主党が政権を失った「戦犯」のイメージが強く、求心力は低い。先月の新潟県知事選や衆院東京10区、福岡6区の両補欠選挙では、中途半端な対応に支持団体の連合や共産党との関係を悪化させ、双方から厳しい批判を浴びた。

 苦しいときに持ち上がったのが小沢氏との会談だった。小沢氏側近は「野田氏には渡りに船だったはず」と指摘。小沢氏は共産党志位和夫委員長と太いパイプがあり、野田氏がこれに頼った面もある。党中堅は「普段の言動からすると、野田氏は相当我慢して会っているはず」と語る。

 展望が開けないのは小沢氏も同じだ。保守票の取り込みを意識して先月、党名を「自由党」に変更したが、5人の現職議員でぎりぎり政党要件を満たすにすぎない。次期衆院選で党勢を拡大できる見通しはなく、民進党との連携や、最終的には「合併」に活路を見いだすしかなさそうだ。

 ただ、「壊し屋」の異名を持つ小沢氏を民進党が受け入れる機運は皆無に近い。民進党内には小沢氏に近い議員も多いが、「復党すれば『いつか来た道』に必ず戻る」(閣僚経験者)と警戒感の方が勝っている。(山本雄史)(産経新聞16年11月4日)』 

ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー

小沢氏、統一名簿受け入れを要請 民進・野田幹事長に
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016110401002043.html
2016年11月4日


 自由党小沢一郎共同代表が、民進党野田佳彦幹事長と10月29日と今月2日に行った一連の会談で、次期衆院選での共闘に関し、比例代表で野党が統一名簿をつくる「オリーブの木」構想の受け入れを求めていたことが分かった。関係者が4日、明らかにした。
 同構想は小沢氏の持論で、民進、自由、社民の3党による名簿作成を目指している。社民党は前向きのため、民進党の対応が焦点になる。「犬猿の仲」とされた小沢、野田両氏が立て続けに会談したため、協議内容に関心が集まっていた。
 関係者によると両氏は会談で「オリーブの木」構想について議論。小沢氏は反与党票の受け皿になると説明した。
(共同)
ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーーk


👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。