読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

トランプと小沢一郎の共通性。 トランプには「暴言」だけがあって「政策」がないと、馬鹿の一つ覚えのように、メデイア関係者たちはいう。しかし、そういうメデイアの人たちは、トランプに、大きな「目玉政策」があることを見たくないのである。メデイアや政治エリートの自己否定につながるからだ。言い換えれば、今回のトランプの勝利は、メデイアや政治エリートの敗北だった。 …… <<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー


トランプと小沢一郎の共通性。
トランプには「暴言」だけがあって「政策」がないと、馬鹿の一つ覚えのように、メデイア関係者たちはいう。しかし、そういうメデイアの人たちは、トランプに、大きな「目玉政策」があることを見たくないのである。メデイアや政治エリートの自己否定につながるからだ。言い換えれば、今回のトランプの勝利は、メデイアや政治エリートの敗北だった。


トランプの政策は、「民衆に手に政治を取り戻す」ことである。つまり、政治を、メデイアや政治エリートの手から一般庶民の手に取り戻すことである。誰かの政策に似ていないか?そうだ。「国民の生活が第一」の小沢一郎だ。


「民衆に手に政治を取り戻す」。政治家の政策など、それだけで十分だろう。問題は政治家という人間の「存在」だ。「意は似せやすく、姿は偽がたし」と本居宣長小林秀雄は言う。「意」とは政策であり、「姿」は、人間の「存在性」である。政策論争ほど当てにならないものはない。綺麗事を並べたてることが政策論争である。


「TPP(=環太平洋経済連携協定)反対」と叫んで選挙を闘った安倍自民党が、選挙が終われば「TPP」に狂奔する。選挙が終われば、強行採決


政策論争の結末とは、そんなものだろう。騙される方が馬鹿なのだ。当てにならないのが政策論争である。政治家の暇つぶしが、政策論争である。インチキ政治家は、政策論争しか出来ないのである。


ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー
安倍晋三首相は9日夜、官邸で記者団に対し、トランプ氏への期待を表明した。だが、岸田文雄外相がテレビ東京番組で「(トランプ氏側と)関係が薄いという事実はあった。さまざまな人脈をたどって関係を模索した」と述べたように、新政権との関係構築はこれからだ。

 首相はさっそく、河井克行首相補佐官に対し新政権関係者と「徹底的に会うように」と指示。河井氏は14~18日に訪米し、国防情報局(DIA)局長を務めたマイケル・フリン氏らとの会談を調整している。

 首相は9月の訪米時、トランプ氏の対抗馬であるヒラリー・クリントン氏と会談。来るべき「クリントン政権」を見据えた異例の面会だったが、これが裏目に出た形だ。 

 トランプ氏は在日米軍撤退や日韓の核武装容認に言及してきた。東アジアの安全保障環境が厳しさを増す中、安倍首相にとってトランプ氏の発言は非現実的な放言としか映らず、国務長官を経験したクリントン氏の現実的な安全保障観こそが歓迎できるものだった。(産経新聞16年11月9日)』

ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー

(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!


(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。