哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

「トランプ暗殺事件」は本当に起きるのか? 今回の米国大統領選挙が残した傷跡は、予想を遥かに超えているようだ。ヒラリー支持者や応援団の中には、暴徒化し、星条旗を焼いたりするものまで現れているようだ。CNN、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストなど、有力マスコミが、わずか二誌を除いて、ヒラリー・クリントンを支持し、応援していたこともあって、事態は収まりそうもない。おまけにヒラリーが、まだ「名誉ある敗北」を認めていないようだ。……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



⚫️「トランプ次期大統領暗殺事件」は本当に起きるのか?

今回の米国大統領選挙が残した傷跡は、予想を遥かに超えているようだ。ヒラリー支持者や応援団の中には、暴徒化し、星条旗を焼いたりするものまで現れているようだ。CNN、ニューヨークタイムズワシントンポストなど、有力マスコミが、わずか二誌を除いて、ヒラリー・クリントンを支持し、応援していたこともあって、事態は収まりそうもない。おまけにヒラリーが、まだ「名誉ある敗北」を認めていないようだ。


トランプは、暗殺事件を恐れて、防弾服を身にまとっているというが、おそらく本当だろう。

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー

メール問題再捜査が敗因=「胸張り裂ける思い」-クリントン
時事通信 11/13(日) 6:24配信

 【ワシントン時事】8日の米大統領選で敗北した民主党ヒラリー・クリントン国務長官は12日、自身の私用メール問題に関する連邦捜査局(FBI)の捜査再開決定が敗因だったという見方を示した。

 ワシントン・ポスト紙(電子版)が伝えた。クリントン氏は、敗北について「胸張り裂ける思い」を明かしたという。

 FBIのコミー長官は10月28日、クリントン氏が長官時代に私用メールを公務に使った問題で、新たなメールが見つかったとして捜査再開を議会に書簡で伝えた。しかし、訴追しないという結論は、再捜査後も変わらなかった。

 クリントン氏は12日の支援者との電話会議で、負けた理由はたくさんあるとしながらも、「コミー氏の書簡が示した疑いは根拠がなかったと証明されたが、私たちの分析では、これが勢いを止めた」と語った。コミー長官が投票2日前に訴追見送りを明らかにしたのも、かえって共和党のドナルド・トランプ氏支持者が多く投票する動機付けになったとも述べた。 

 ポスト紙によれば、電話会議でクリントン氏は、悲しげに笑いながら「胸が張り裂ける思いだ」と話し、「特に皆さんが懸命に働いてくれたので、ものすごくつらい敗北だ」と心情を吐露した。(了)


ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー

👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。