哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

◼️「反トランプ陣営」は、何故、暴徒化したのか? 「トランプ陣営」は、選挙結果次第では暴徒化するかもしれないと思っていたが、まさか、「ヒラリー陣営」、つまり「反トランプ陣営」が、選挙結果を受けいれられずに、全米各地で、デモを行い、一部が暴徒化するとは思はなかった。 しかし、泡沫候補だったトランプが、有力候補にのし上がってくるにつれて、選挙戦は異常に過熱し、何かが起きそうな予感が……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



「反トランプ陣営」は、何故、暴徒化したのか?
「トランプ陣営」は、選挙結果次第では暴徒化するかもしれないと思っていたが、まさか、「ヒラリー陣営」、つまり「反トランプ陣営」が、選挙結果を受けいれられずに、全米各地で、デモを行い、一部が暴徒化するとは思はなかった。


しかし、泡沫候補だったトランプが、有力候補にのし上がってくるにつれて、選挙戦は異常に過熱し、何かが起きそうな予感がしたことは、誰もが認めるだろう。トランプの台頭で、米国社会で、何が起きていたのか。「トランプ恐怖症」だったのではないか。では、誰が、トランプの登場を恐れたのか。「エスタブリッシュメント(既得権層)」か。おそらく、そうだろうと思う。


グローバル大企業、国際金融資本、メデイア、アカデミズムの世界・・・・・・。それらの一端に連なる各種の人脈。いわゆる米国社会の「エスタブリッシュメント(既得権層)」。彼等は、トランプの登場を恐れたのだ。そこで、必死の「トランプ・バッシング」が繰り返されたのだろう。


トランプは、民族差別主義者、人種差別主義者、レイシスト、白人至上主義者・・・・・・などと悪意に満ち満ちたレッテルを貼られ、罵倒され、徹底的に批判されてきたが、その罵倒や批判を乗り越え、大衆の支持で、大統領選挙に打ち勝った。極めて民主主義的なルールにしたがって当選したと思われるが、「ヒラリー応援団」は、その民主主義的なルールさえ踏み躙り、暴徒化したらしい。


私は、ヒラリー応援団の背後に、「グローバル大企業、国際金融資本、メデイア、アカデミズムの世界・・・・・・。それらの一端に連なる各種の人脈。いわゆる米国社会の「エスタブリッシュメント(既得権層)」がいて、彼等が、何者かに、追い詰められているのだと思う。



理性的で、合理的、民主的な思考をするはずだったヒラリー支持者たちが、理性をかなぐり捨てて暴徒化し、商店のウィンドーなどを叩き壊すテレビ映像を見ながら、私は、「理性の暴走」、あるいは「正義の暴走」「民主主義の暴走」・・・・・・ということを思った。


「理性の暴走」、あるいは「正義の暴走」「民主主義の暴走」・・・・・・。もっともこわいのは、こっちの方だ。





(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。