読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

トランプとマスコミ。マスコミは間違ったのではない。マスコミは「情報操作」に失敗したのだ。……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー


トランプとマスコミ。マスコミは間違ったのではない。マスコミは「情報操作」に失敗したのだ。マスコミには政治的意図があった。それは、トランプ候補を排除し、抹殺することだった。何故?トランプではなくヒラリーだったのか。マスコミこそ巨大な利権集団であり、まさに「エスタブリッシュメント(既得権層)」そのものだったからだ。



ところで、米国のマスコミの情報をコピー=ペーストしただけの日本のマスコミは、米国のマスコミ以上に、体制的、保守的だった。日本の新聞やテレビは、情報機関ではなくなっている。情報操作機関に成り下がっている。私は、ほとんど新聞を読まない。だから新聞情報に左右されることがない。だから日本の新聞が、直前まで、「ヒラリー候補勝利」の予告情報を流していたことを知らなかった。


むしろ、私は、藤井厳喜さんや副島隆彦さん等のネット情報を、半信半疑ながら信用していた。


そもそも、私は、ヒラリーの顔、わざとらしい笑顔の表情、自信たっぷりを演じている言動などが、大嫌いであった。「エスタブリッシュメント(既得権層)」の傲慢さと自信が、大嫌いであった。ヒラリーが「負ける」とは断言はできなかったが、「負けてほしい」「トランプに勝ってほしい」と願望していた。


木村太郎など、怪しい予想屋たちが、「自分の情勢分析の結果、トランプが圧勝することは自明だった」と勝ち誇っているのにも違和感を感じる。何回も言うが、「1/2」の確率である。当たるも八卦、当らぬも八卦」である。


予想は当たることもあれば、当らぬこともある。ただそれだけのことである。「トランプ勝利」を当てた者が、これからも当たり続けるという保証も確証もどこにもない。勘違いすると形而上学や宗教に転化する。


マスコミを中心に、もうその気配がある。「なんでも木村太郎さんに聞け」というわけだ。それこそ危険である。「何が起きるかわからぬ」という危機感と恐怖心を忘れると、一家破産ならぬ国家破産、日本沈没という破滅が待っていることを忘れてはならない。




続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。