読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

西川善文と横山邦男。 小泉構造改革の中心は郵政民営化だった。それを主導したのは、政府側が、総務大臣の竹中平蔵であり、郵政側が、西川善文であったことは、たぶん、多くの人が知っている。それ故に、西川善文は、自民党から民主党への「政権交代」によって、辞任を余儀なくされたのである。 しかし、三井住友銀行頭取から日本郵政社長に就任した西川善文の、忠実な部下として、郵政民営化の実行部隊を先導した人物が誰であったかは、あまり知られていなかったのではないか? ……<<下に続く。ここをクリック。>


人気ブログランキングへ


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



西川善文と横山邦男。
小泉構造改革の中心は郵政民営化だった。それを主導したのは、政府側が、総務大臣竹中平蔵であり、郵政側が、西川善文であったことは、たぶん、多くの人が知っている。それ故に、西川善文は、自民党から民主党への「政権交代」によって、辞任を余儀なくされたのである。


しかし、三井住友銀行頭取から日本郵政社長に就任した西川善文の、忠実な部下として、郵政民営化の実行部隊を先導した人物が誰であったかは、あまり知られていなかったのではないか?自民党が政権復帰を果たし、もう数年が経つが、今、ここに来て、郵政民営化の実態がわかってきた。


何故なら、安倍政権が、特に「菅義偉官房長官」が、「日本郵便社長」に、「横山邦男」という西川善文の忠実な部下だった人物を送り込んで来たからである。ということは、再び、あの郵政民営化にともなう構造改革の嵐が、やって来るというわけか?横山邦男は、西川善文時代を批判しているというが、口先だけのことだろう。郵政民営化を裏で取り仕切った男こそ横山邦男だった。


菅義偉官房長官と横山邦男は、竹中平蔵西川善文の二人の陰に隠れて、あまり目立たなかったが、実は、当時から、郵政民営化の現場を取り仕切っていた中心人物たちだったと言っていい。

西川善文は、「政権交代」を境に郵政社長を辞任させられ、社会的にも消えていったが、横山邦男は、西川善文とともに郵政を追われるが、しぶとく生き延び、再び郵政に、今度は「日本郵便社長」として復帰したというわけである。まさに、忘れた頃に復帰して来たというわけだ。


竹中平蔵三井住友銀行、ゴールドマンサックス、あるいは日本の暗黒社会人脈などをバックにした西川善文と横山邦男の「郵政犯罪」を、今こそ明らかにすべきだろう。


(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!

(この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。