読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

桜井誠と『ネット右翼亡国論』。安田浩一の『ネットと愛国』を読むーポリティカル・コレクトネス亡国論。 私の考えでは、「ネット右翼」に特有の思考は、思想や言論が、抽象論や一般論、あるいは原則論や常識論に流れてしまうことである。 つまり、思想や言論が「空理空論的なもの」になってしまうことである。要するに、「ネット右翼」の思想や言論には、具体性と身体性と唯物論性がない。 ……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー


桜井誠と『ネット右翼亡国論』。安田浩一の『ネットと愛国』を読むーポリティカル・コレクトネス亡国論。

私の考えでは、「ネット右翼」に特有の思考は、思想や言論が、抽象論や一般論、あるいは原則論や常識論に流れてしまうことである。
つまり、思想や言論が「空理空論的なもの」になってしまうことである。要するに、「ネット右翼」の思想や言論には、具体性と身体性と唯物論性がない。

その結果、「ネット右翼」の思想や言論は、概念化し、公式化し、平板化する。キャッチフレーズとプロパガンダの思想である。その人、独自の、「生きるか死ぬかの選択を迫られた存在論的原体験」に基づいた独創的な思想や言論がない。それ故に、思想や言論が、容易に拡散し、大衆化し、流行化しやすいが、また滅びやすい 。

しかし、不思議なことに、「ネット右翼」を批判、論破、罵倒する側の思想や言論も、同じように、「空理空論的な原則論」に堕落している。つまり、空疎な「ポリティカル・コレクトネス(political correctness)」に堕落している。

安田浩一の「桜井誠」への厳しい批判を中心的テーマとする『ネットと愛国』も、私には、「空理空論的な原則論」にすぎないように見える。
私が、『ネットと愛国』を一読して、即座に不快感と怒りを感じたのは、「桜井誠」を批判 、罵倒する安田浩一の思考が、「ネット右翼」と同様に、「空理空論的な原則論」にすぎないように思えたからだ。
つまり、安田浩一の「桜井誠」批判のポイントは「差別批判」、「ヘイトスピーチ批判」、「ヘイトクライム批判」・・・であるが、私に言わせれば、それらは、薄ぺらな「ポリティカル・コレクトネス」にすぎない。つまり「空理空論的な原則論」にすぎない。言っている内容は立派だが、その思想や言論に具体性と身体性と唯物論性がともなっていない。そして「差別反対」という空疎なポリティカル・コレクトネス(政治的正義)を繰り返し主張し、じっさいは、主張とは逆に、自分たちこそが、過激な「差別的言動」を繰り返すことになる。いわゆる「正義の暴走」である。




抽象論や一般論、あるいは原則論や常識論とは何か。これらの「空理空論的なもの」に共通するものは何か。
私は、「思想の土着化」や「思想の存在論化」がない場合の思考であると考える。
たとえば、「原体験」ということばがある。「思想の土着化」や「思想の存在論化」に必要不可欠なものとは、「原体験に基づく思考」である。つまり、その思想や言論に、具体性と身体性と唯物論性がないことである。


ポスト・モダン全盛の時代には、「原体験」とでも言うべき素朴な言葉が、軽視され、笑い物にされていた。思想や 文学に原体験など不要であり、思想や文学は、もっと知的な作業であるべきだ、というわけである。

思想や言論が正しいか間違っているか・・・・・・は、もちろん大事である。しかし、その思想や言論が生きているか、あるいは形骸化し、死んでいるかは、もっと大事である。

ポスト・モダン全盛の時代には、後者の思想や言論が「生きているか、死んでいるか 」という問題が、不当に無視、黙殺されてきた。



(続く)



👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。