哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

自由主義から帝国主義へ ……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ




政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



自由主義から帝国主義へ。
トランプはTPP脱退とFTA開始を宣言した。これは、何を意味するか。TPPからFTAへという変化を、まさか喜んでいる人はいないだろうが、この変化の思想的、政治的意味を理解している人は少ないのではないか。要するに、覇権国家アメリカの衰退がある。


覇権国家は、成長期、あるいは全盛期には自由主義を採用する。自由貿易主義である。国内の生産力が旺盛なために、工場の海外移転など眼中にない。しかし、全盛期は長くは続かない。世界の工場であったはずの国内の工場が、安い労賃を求めて海外移転し、国内は単なる消費地と化す。そして国内は疲弊していく。


覇権国家はいつまでも覇権国家であることは出来ない。覇権国家にもやがて衰退期がやってくる。衰退期には、覇権国家は、自由主義をかなぐり捨てて、覇権国家の位置を守ろうとして、帝国主義的な対外政策を採用する。つまり、生産力で負けた覇権国家は、金融や貿易、文化などの分野で、露骨な自国防衛的、保護主義的政策を取る。


当然、覇権国家とその貿易の相手国の間に衝突が起きる。戦争の可能性が肥大化する。一触即発の、殺伐とした国際関係が露呈する。トランプの登場は、覇権国家アメリカの「自由主義から帝国主義へ」の転換を意味する。

(続く)


👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。