哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小池劇場の終焉。小池百合子は、何を間違ったのか?小池の裏には上山信一という怪しい経営コンサルタントがいた。「竹中平蔵2号」である。……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー


小池劇場の終焉。
小池百合子は、何を間違ったのか?豊洲の盛り土問題やボート競技場問題など、向かうところ敵なしの「我が世の春」の時代もあったが、はやくから、小池百合子周辺には、何か胡散臭い感じもつきまとっていた。


予想通り、小池劇場のメッキが禿げるのも早かった。ボートやバレーなどの五輪会場問題などは、ことごとく小池百合子の思惑通りには行きそうもない。テレビや新聞、週刊誌なども、もう小池劇場には飽き飽きした感じだ。某週刊誌は、小池百合子の卓袱台返し、つまり五輪返上の可能性まで予告する始末だ。


小池百合子の裏には「上山信一」という怪しい経営コンサルタントがいる。肩書きは「慶応大学政策学部教授」のようだが、これは竹中平蔵と同様に、その正体を隠す隠れ蓑だろう。上山信一の正体とは何か。上山信一の役割とは何か。私は、「竹中平蔵2号」だと思う。上山信一は、今、かなり焦っているはずである。何故か。



ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー
ボート・カヌー、「海の森」が有力 東京五輪会場見直し
朝日新聞デジタル 11/24(木) 20:12配信


 2020年東京五輪パラリンピックの会場計画見直しで、ボート・カヌー会場は、東京都湾岸部に新設する「海の森水上競技場」が有力となっていることが、関係者への取材でわかった。宮城県の「長沼ボート場」の案は厳しい情勢になった。水泳会場は、当初の2万席の観客席を大会後に規模縮小工事(減築)をする案から、1万5千席で減築しない案で決まる見通しだ。

 見直しの対象は、東京都が大規模施設をつくる計画の「ボート・カヌー」「バレーボール」「水泳」の3競技会場。小池百合子知事が、国際オリンピック委員会(IOC)や国、大会組織委員会を交えた4者協議に複数案を示していた。29日にも開かれるトップ会談で決まる。

 ボート・カヌーは、「海の森」の(1)費用削減案(2)仮設にする案(3)「長沼」への変更案の計3案を提示。小池氏は「長沼」に前向きだったが、競技団体などが「海の森」を支持していた。都は結論が出るまで工事を中断している。会場変更で建設を中止した場合、損害賠償などに約100億円の支出が見込まれるとの試算も明らかにしている。

朝日新聞社


ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー



……(続く)


山崎行太郎の著書。


=============
山崎行太郎の著書。
=============

⬇⬇⬇


安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links





曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


👈応援クリックよろしくお願いします!


イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島由紀夫

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links




柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


=============




👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。