読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

上山信一とは何者か。昨日の四者協議とかで、小池都知事の脇に座って、小池に耳打ちしたり、指示を出したりしていたのが、「特別顧問」の上山信一だったが、小池都知事が暴走や迷走を繰り返し、自滅の道を進み始めたのは、この怪しい「経営コンサルタント」の役割が大きい。 上山信一とは、何者か。前にも書いたが、上山信一の正体は「竹中平蔵2号」である。郵政民営化など、「小泉構造改革」路線を主導し、日本経済を破壊つくした竹中平蔵……<<下に続く。ここをクリック。>>


人気ブログランキングへ



政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



上山信一とは何者か。昨日の四者協議とかで、小池都知事の脇に座って、小池に耳打ちしたり、指示を出したりしていたのが、「特別顧問」の上山信一だったが、小池都知事が暴走や迷走を繰り返し、自滅の道を進み始めたのは、この怪しい「経営コンサルタント」の役割が大きい。


上山信一とは、何者か。前にも書いたが、上山信一の正体は「竹中平蔵2号」である。郵政民営化など、「小泉構造改革」路線を主導し、日本経済を破壊つくし竹中平蔵。しかし、さすがに竹中平蔵の正体は、多くの日本人の知るところとなり、その活動の幅は狭まってきている。そこに、「竹中平蔵2号」である。


上山信一等は、経費削減、予算縮小・・・というような綺麗事のタテマエ論を唱えながら、経営の破壊と解体を目指している。破壊と解体により、利権の変更、利権の横取りを目指している。「改革チーム」を結成し、すでにほぼ完成している豊洲新市場やボート競技場などを見直すということは、豊洲新市場やボート競技場(海の森)を、ドブに捨てるということを意味する。皮肉にも、経費削減どころか経費倍増である。


小池百合子上山信一のコンビは、経費削減や経費倍増など眼中になく、小池都知事は、単に騙されているだけかもしれないが、都政の破壊と解体を繰り返すことで、新たな利権創出を目指しているに過ぎない。そもそも、上山信一は、大阪で、つまり橋下徹の「特別顧問」として何をやったのか?


上山信一は、竹中平蔵と同じように、表向きは「慶応義塾大学教授」だが、一大学教授に似つかわしくない豪邸や莫大な資産を保有しているらしい。その資産を、どうやって形成したのか。上山信一等の言う経費削減や無駄の排除という構造改革は、大企業や外国資本への、単なる利権の付け替えに過ぎない。日本人よ、これ以上の破壊と解体を許すな。




ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー
東京五輪>長沼落選に地元落胆 小池劇場に振り回された
毎日新聞 11/29(火) 22:04配信




 長沼ボート場(宮城県登米市)での東京五輪開催は、夢に終わった。29日、東京都や国際オリンピック委員会(IOC)など関係4者のトップ級会合で、小池百合子都知事が長沼ボート場の”落選“を明言した。候補地に浮上してから2カ月。「小池劇場」に振り回された格好の地元住民や関係者からは、落胆や憤りの声が上がった。【山田研、川口裕之】



 「皆で頑張ってきたのがこれで終わりかと思うと……。悔しいのと、悲しいのと、複雑な……」。長沼開催が実現した場合の「選手村」とされた登米市南方仮設住宅東日本大震災で被災した同仮設第1期自治会長の宮川安正さん(76)は午後4時過ぎのテレビニュースで「落選」したことを聞き、言葉を絞り出した。


 会合が始まる午後2時前から、仮設の集会所で10人近い住民とテレビ中継を見守った。「海の森(水上競技場)で進めていく」。午後2時半ごろ、小池知事が発した言葉にしばらく沈黙した。会合終了後、宮川さんは「終わった」ともらした。小池知事の視察に向けて急きょ造られた「選手村用モデルハウス」前を通りかかった住民女性2人は「決まってから作れば良かったのに」とささやき合った。


 村井嘉浩知事はこの日夕方、報道陣の取材に応じた。IOCが長沼ボート場を事前キャンプ場とする方針を示していることについて触れ、「(五輪整備費として試算した)150億~200億円は使えないが、練習できてよかったと思えるようにしたい」と受け入れ態勢を整える考えを表明。一方、長沼開催を期待した地元の被災者に対して、「都が『長沼で』と言わないと実現は難しい。その事情を説明しないといけない」と話した。


 県ボート協会の五野井敏夫会長は「地元はぬか喜びさせられた」と述べ、「復興五輪」を強調した小池知事について「単なるパフォーマンスだったという意識が国民に広がるはずだ」と突き放した。さらに五野井会長は「県も中途半端なコースのままではだめだと分かったはずだ」として、同ボート場の伴走路の整備など、設備の拡充を県に要望する方針だ。
ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー


(続く)


👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。