読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

「女のいやらしさ」の政治学。小池百合子と石原慎太郎。久しぶりに「女のいやらしさ」というものを見せつけられ、愉快な気分になった。小池百合子都知事の、男の目線を意識した「作り笑い」である 。小池百合子は、その「作り笑い」で、政界を渡り歩いてきたのだろうか。今までは、ほとんど見なかった「作り笑い」は、苦し紛れの笑いかもしれないが、どうも、そうではないような気もする。都知事選当選後も、しばらくは見せなかったはずである。やはり、「小池ブーム」とか「小池劇場」 ……<<下に続く。ここをクリック


政治ランキングへ
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー



「女のいやらしさ」の政治学。小池百合子石原慎太郎。久しぶりに「女のいやらしさ」というものを見せつけられ、愉快な気分になった。小池百合子都知事の、男の目線を意識した「作り笑い」である 。小池百合子は、その「作り笑い」で、政界を渡り歩いてきたのだろうか。今までは、ほとんど見なかった「作り笑い」は、苦し紛れの笑いかもしれないが、どうも、そうではないような気もする。都知事選当選後も、しばらくは見せなかったはずである。やはり、「小池ブーム」とか「小池劇場」「小池新党」などというマスコミの加熱報道に、小池百合子自身が浮かれ始めた頃からのもののように見える。



「黒い頭のネズミ」とは石原慎太郎のことであろうか。小池百合子石原慎太郎。私は、石原慎太郎が好きではない。しかし、小池百合子ごときが、ニヤニヤ笑いながら、「黒い頭のネズミ」などというのは許せない。思い上がりもいいところである。「女だから」と許せる話でもない。「作り笑い」に誤魔化されるほど、フェミニストでもない。いい加減にしろ、と言いたくなる。



老いたりとはいえ、石原慎太郎石原慎太郎である。政治的立場はどうであれ、石原慎太郎は、戦後日本を象徴する人物の一人である。そういう「歴史的人物」(ヘーゲル)を、愚弄する発言をするというのなら、それ相応の覚悟が必要だろう。小池百合子には、その覚悟があるのか。「作り笑い」で、誤魔化されるほど、日本国民は、「女のいやらしさ」や「女の作り笑い」に寛容だろうか。




ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーーーー

小池知事 「黒い頭のネズミ」は「ご想像にお任せ」


 東京都議会定例会の本会議で代表質問が7日開かれ、小池百合子知事と自民党の崎山知尚都議が応酬を繰り広げた。2020年東京五輪パラリンピックの会場見直しをめぐり、小池氏が物をかすめ取る者を意味する「大きな黒い頭のネズミがいっぱいいると分かった」と発言したことに関し、崎山氏が「このような発言は、公職に就く者として恥ずべき発言。『大きな黒い頭のネズミ』とは、一体誰のことですか」と問うと、小池氏は「(誰かは)ご想像にお任せします」と答弁。議場からは激しいヤジが飛んだ。
ーーーーーーーーーー
(以下略)

ーーーーーーーーーー引用終りーーーーーーーーーー


👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。