読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『ネット右翼亡国論』『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

小池劇場から小池騒動へ。 小池百合子都知事の猿芝居も、すっかり見透かされ、田舎芝居に堕落してきた。公明党がなびいてきたとか、こなかったとか、騒いでいるのはマスコミだけで、いずれにしろ、オリンピック会場騒動と同様に、「大山鳴動して鼠一匹」で、どうでもいい話だろう。今度は、鼠が公明党都議連中ということだろう。……<<下に続く。ここをクリック。>>……

緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599



ブログ(政治)ランキングへ参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。


ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

小池劇場から小池騒動へ。

小池百合子都知事の猿芝居も、すっかり見透かされ、田舎芝居に堕落してきた。公明党がなびいてきたとか、こなかったとか、騒いでいるのはマスコミだけで、いずれにしろ、オリンピック会場騒動と同様に、「大山鳴動して鼠一匹」で、どうでもいい話だろう。今度は、「鼠」が公明党都議連中ということだろう。

小池百合子知事は、「改革に挑む」とか言っているようだが、「何を」「どう改革する」のか? 「改革」という言葉を連発、多用する奴にには、大阪の某元市長のようにように、ろくな奴はいない。「改革」「改革」と大騒ぎして、単に組織を引っ掻き回して、ガタガタにし、自分だけが偉くなり、有名になりたいだけ。後は野となれ山となれーーー。

小池都政の「改革」になんの関心もない。毎日、テレビ画面に登場し、厚化粧の、着せ替え人形もどきの、どぎついファッション・ショーにウンザリしているだけだ。

「文藝春秋」では、「都政改革本部の特別顧問」とかいう肩書きの上山信一とかいう「経営コンサルタント」が、手垢の染み付いた「構造改革論議」をご披露している。すっかり「改革の騎手」気取りである。

竹中平蔵といい上山信一といい、もう正体は見えているのだ。いつまでも、「改革」という言葉で、誤魔化されるわけではない。小池知事よ、そんなに構造改革したければ、まず、自らの厚化粧ファッションを構造改革せよ。 (続く)

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。