哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、<br>以下の「メールフォーム」から送信してください。……<<下に続く。ここをクリック。>>……

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

価値形態論から貨幣の形而上学へ。 マルクス資本論』の冒頭部分は 、「商品論」「価値論」という原理論に終始している。マルクスの価値論は、価値形態論と言われる。価値形態論とは何か。何故、マルクス資本論』には、価値形態論が必要だったのか。

価値形態論とは何か 。価値形態とは現実である。ただし、様々な先入観や臆見に汚染される以前の原初的現実である。マルクス資本論』は、近代市民社会、あるいは資本主義経済システムを直視し、その構造的秘密を探究し、搾取と欺瞞を暴露する哲学である。そのためには、まず、価値形態論という原理論が必要だったのである。

言い換えれば、価値形態とは存在論的現実である。この無秩序、混沌、不安定・・・とも言うべき存在論的現実に、一つの秩序とも言うべき貨幣が誕生する。貨幣の登場で、無秩序、混沌・・・・・・は解消され、論理的に体系化される。 われわれは、現実には価値形態論の世界に住んでいるが、意識の世界、観念の世界では、貨幣の形而上学の世界に住んでいる。

貨幣の形而上学で物事を考え流ようになると、価値形態は見えなくなる。柄谷行人が、「貨幣は価値形態を覆い隠す」というのは、そいうことである。イデオロギーとしての「貨幣の形而上学」というものの考え方依拠している限り、原初的現実は見えてこない。つまり価値形態は見えてこない。

(続く)

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。