哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【警察は冤罪製造機関である?】ASKA事件が証明しているのは「警察の犯罪(デッチ上げ)」の可能性である。警察の捜査機関が、ASKA覚せい剤事件をデッチ上げようとしたが、逆に「警察の犯罪」がバレてしまったというのが、今回のASKA事件の真相ではないのか?……<<下に続く。ここをクリック。>>……

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

【警察は冤罪製造機関である?】
ASKA事件が証明しているのは「警察の犯罪(デッチ上げ)」の可能性である。警察の捜査機関が、ASKA覚せい剤事件をデッチ上げようとしたが、逆に「警察の犯罪」がバレてしまったというのが、今回のASKA事件の真相ではないのか?

しかし、警察だけではなくマスコミも、「警察が覚せい剤事件をデッチアゲようとした」ということを認めようとしない。だから、話が迷走し、ますます混迷するのである。何故、マスコミは、「警察の犯罪」を追及しようとしないのか。マスコミも同罪か共犯者だということか?

ASKAは、「お茶を入れた」とか、「科捜研の判定に間違いはない」と言っている。どういうことか?途中で、誰かが覚せい剤入の液体と摩り替えたか、あるいは誰かが、ASKAの提出した液体に覚せい剤を混入したか、ということだろう。誰かとは、誰か?警察関係者であるかもしれない。要するに、麻薬捜査官の仕業であろうか?

宮根誠司、加藤コウジ、坂上忍・・・。三流芸人は、電波芸者である。警察の手先である?マスコミは、この「麻薬捜査官の捏造工作」と言う問題を無視している。言うまでもなく、マスコミやテレビに出ずっぱりの弁護士連中は、警察の違法捜査、警察の犯罪に、加担している。電波芸者、電波弁護士、電波ジャーナリスト、いずれも警察の手先でしかない。

以下は、参考までに、「山下幸夫弁護士」のブログより引用しました。私は、山下弁護士の主張を支持する。 (続く)

▼▼▼▼▼▼▼▼以下引用▼▼▼▼▼▼▼▼

(山下 幸夫弁護士blog)

 ASKA氏の覚せい剤使用容疑での逮捕と、この度の不起訴によね釈放騒動について。薬物事件を担当したことがある弁護士から見て、今回の顛末は珍しいだけでなく、警察の違法捜査が露見したという意味で重要な事件であると考えられる。 警察は、当初、ASKA氏が認定提出した「尿」を検査したところ陽性反応が出たので逮捕したと発表した。ところが、ASKA氏は、「お茶を任意提出した」と供述し、最後まで、それがASKA氏が提供した「尿」だとの立証が困難であるために嫌疑不自由分で不起訴処分にしたというのが東京地検の説明のようだ。しかし、元々、陽性検査したのが「お茶」であれば絶対に陽性反応は出ない。また、当初の報道では、覚せい剤ではない薬物の反応だったという情報が流れたこともあった。ASKA氏が意図的に「尿」ではなく「お茶」を認定提出していれば、そこから陽性反応が出れば不起訴処分となることはほとん考えられない。すなわち、ASKA氏は、「尿」を提出したら覚せい剤の陽性反応が出たとして間違いなく罪に陥れかられることが分かったいたので、「お茶」を認定提出し、警察は「尿」ではないのに「尿」だと思って覚せい剤の陽性反応が出るように細工していたということになる。  ここから分かることは、ASKA氏が「尿」を任意提出していたら確実に罪に陥れられて有罪になっていたであろうということである。  最近、覚せい剤事件で、検体の差し替えが発覚して無罪判決が出されている。今回もその流れにあるのかもしれない。  今回、警視庁も東京地検も、ASKA氏には謝罪しないという。これは自分たぢ工作したことを認めたくないからであろう。しかし、今回の結果は、警察が工作しようとしていたことを示しているのであり、その真相は追究されなければならない。

▲▲▲▲▲▲▲▲引用終り▲▲▲▲▲▲▲▲

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。