哲学者=山崎行太郎ブログ『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【ASKAの愛人=栩内被告も冤罪だった可能性】が高い。栩内氏は、逮捕後、一貫して否認し続けたが、あれだけ頑強に否認し続けるということに、私は、「本当は覚せい剤なんてやってないんじゃないの」「何かがありそうだ」と思ったが、当時、ASKAにもその愛人にも興味がなかったために、深く考えることはえなかった。しかし、今回、ASKA再逮捕=不起訴・釈放事件を見ていて、栩内氏の逮捕=裁判=有罪も、疑わしいものに見えてきた。要するに、冤罪をデッチあげられた可能性が高い?……<<下に続く。ここをクリック。>>…

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

ASKAの愛人=栩内被告も冤罪だった可能性】が高い。栩内氏は、逮捕後、一貫して否認し続けたが、あれだけ頑強に否認し続けるということに、私は、「本当は覚せい剤なんてやってないんじゃないの」「何かがありそうだ」と思ったが、当時、ASKAにもその愛人にも興味がなかったために、深く考えることはえなかった。

しかし、今回、ASKA再逮捕=不起訴・釈放事件を見ていて、栩内氏の逮捕=裁判=有罪も、疑わしいものに見えてきた。要するに、冤罪をデッチあげられた可能性が高いことが分かってきた。

栩内氏の場合、尿検査を二回受けたが、1回目はクロだったが、2回目はシロだったという。毛髪検査も受けたらしいが、これも1回目はクロだった。裁判の過程で、栩内氏は、再度の尿検査や毛髪検査を要求したらしいが、裁判官は、却下したという。おそらく、再度の尿検査や毛髪検査の結果が、あらかじめ予想できたからだろう。

栩内氏は、「パソナ」の美人女子社員で、接待要員だったとかなかったとかいう話題が先行して、裁判の詳細については、マスコミも一般大衆も無関心だったように思うが、 実は、裁判そのものを検証していくと、多くの疑問が湧いてくる。栩内氏を、「覚せい剤常用者」に仕立て、「有罪判決」をくだしたいという警察官や検察官、裁判官がいたということだろうか?

(続く)

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠