哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【栩内冤罪事件とスピン・コントロール】 ASKAの愛人として、ASKAとともに逮捕された栩内カスミ氏は、ASKAが逮捕後、早々と 覚せい剤使用を認め、釈放されたにも関わらず、頑強に覚せい剤使用を否認し、そのために長期拘留となったと記憶している。何故、頑強に否認するのか、理解できなかったが、今になると、理解できるような気がする。やはり栩内カスミ氏は、覚せい剤を使用しておらず、その自覚もなかったということだろう。しかし、それにしても、……<<下に続く。ここをクリック。>>……

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

【栩内冤罪事件とスピン・コントロール

ASKAの愛人として、ASKAとともに逮捕された栩内カスミ氏は、ASKAが逮捕後、早々と 覚せい剤使用を認め、釈放されたにも関わらず、頑強に覚せい剤使用を否認し、そのために長期拘留となったと記憶している。何故、頑強に否認するのか、理解できなかったが、今になると、理解できるような気がする。

やはり栩内カスミ氏は、覚せい剤を使用しておらず、その自覚もなかったということだろう。つまり冤罪。しかし、それにしても、裁判官は、何故、栩内有罪にこだわったのだろうか?目的が他にあったということだろうか。政治的情報操作? つまりスピン・コントロール

しかし、私が興味を持つのは、警察や裁判所、自民党・・・というよりも、マスコミやジャーナリズム、そして論壇やアカデミズムの方である。特にマスコミは、栩内カスミ氏の周辺情報を、面白おかしく書き立て、大衆の俗情を掻き立てると同時に大騒ぎした。もし、冤罪だったとすれば、あれらは、どうなるのか。「書いたもん勝ち」「言ったもん勝ち」ということか。「小沢一郎事件」や「鈴木宗男事件」以後、マスコミの堕落と疲弊は、ますますひどくなっている。

ASKA不起訴事件に関連して、ASKAをバッシングすると同時に、ASKAの未公開の楽曲を、テレビ番組で無断で放映したとして司会者の宮根誠司芸能レポーター井上公造が、謝ったそうだが、謝っって済む問題ではなかろう。ネット犯罪には厳罰で臨む最近の警察や裁判所も、テレビの「報道犯罪」は黙認している。逮捕=有罪の案件ではないのか。何故、そうならないのか。要するに、テレビもマスコミも論壇もアカデミズムも、共犯者なのだろう。

たとえば、「鈴木宗男事件」や「小沢一郎事件」は、あきらかに政治的謀略事件であり、政治的情報操作が行われていた。しかし、ごく一分の評論家やジャーナリズムを除いて、多くのジャーナリズムや論壇やアカデミズムは、警察や検察、政府・・・の垂れ流す政治的謀略情報を鵜呑みにし、無邪気に鈴木宗男バッシングや小沢一郎バッシングに協力し、積極的に加担したのであった。同じことがASKA事件や栩内冤罪事件でも行われている。

以下は、あるサイトから引用。

=========以下引用=========

「ASKA氏の体液混入の可能性ない」知人女性、栩内被告に有罪判決 http://www.sankei.com/affairs/news/150113/afr1501130025-n1.html

鈴木巧裁判官は「被告が覚醒剤と認識して摂取したことに、合理的な疑いはない」として懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。 栩内被告の尿や毛髪の鑑定結果について、「ASKA氏の体液が混入して覚醒剤成分が検出された可能性はなく、被告が複数回にわたり覚醒剤を摂取した」と認定。

「知らない間にASKA氏に覚醒剤を使用された」とする弁護側の主張について、「何らかの心当たりがあってしかるべきなのに、被告が(ASKA氏から使用された)具体的心当たりはないと述べているのは不自然。供述は信用できない」と退けた。

=========引用終り=========
(続く)

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。