哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【憲法学者と権力の暴走】 憲法学者とは名ばかりで、憲法破壊に関して沈黙し続けるのだから、憲法学者の資格はない。「お茶から覚せい剤反応が出た」というASKA事件における警察の「捜査ミス」は、何を意味するか。単なる捜査ミスではない。これは、いわゆる「警察権力の暴走」という問題を意味する。権力の暴走に歯止めをかけるのが憲法であり、それを立憲主義というのだが、憲法学者たちは、このASKA不起訴事件における権力の暴走という事態を前に、「憲法と権力」「権力の暴走」「国家の暴走」? …<<下に続く。ここをクリック

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

憲法学者と権力の暴走】

「お茶から覚せい剤反応が出た」というASKA事件における警察の「捜査ミス」は、何を意味するか。単なる捜査ミスではない。これは、いわゆる「警察権力の暴走」という問題を意味する。権力の暴走に歯止めをかけるのが憲法であり、それを立憲主義というのだが、憲法学者たちは、このASKA不起訴事件における権力の暴走という事態を前に、「憲法と権力」「権力の暴走」「国家の暴走」という問題を提起しないのか。

憲法学者たちは、「立憲主義とは国家の暴走を取り締まるものだ」と口先では力説するが、現実に、目の前で、「現実の暴走」が起きても、何も言わない。もちろん、無視、黙殺している。ところが、昨年の「安保法案批判デモ」のように、大衆的デモが盛り上がりを見せると、憲法学者たちは、後から集団で声を上げる。安保法案反対デモの時もそうだったが、決して先頭には立たない。憲法学者とは名ばかりで、憲法破壊に関して沈黙し続けるのだから、憲法学者の資格はない。

鈴木宗男事件」でも、「小沢一郎事件」でも、あきらかに「国家権力の暴走」という大事件が起きているにも関わらず、憲法学者たちは沈黙していた。むしろ、マスコミと一緒になって、警察や検察の手先となり、国家の暴走を手助けする始末だった。憲法学者たちの言う「立憲主義」とは絵に描いた餅にすぎないのか。

(続く)

👈応援クリックよろしくお願いします!




この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。

一九四六年憲法-その拘束―その他 (文春文庫)

一九四六年憲法-その拘束―その他 (文春文庫)

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!