哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【ASKA事件と憲法学者と階級闘争】 宮根誠司は「ミスターサンデー」でも、ASKA事件を取り上げていた。ASKAが「お茶を入れた」と言うことの意味を、まだ理解できないらしい。理解できない振りを演じているのか、本当に理解できないのか。宮根誠司が典型的な電波芸者であり、警察や国家権力の「走狗」であることを証明している…<<下に続く。ここをクリック。

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

ASKA事件と憲法学者階級闘争

宮根誠司は「ミスターサンデー」でも、ASKA事件を取り上げていた。ASKAが「お茶を入れた」と言うことの意味を、まだ理解できないらしい。理解できない振りを演じているのか、本当に理解できないのか。宮根誠司が典型的な電波芸者であり、警察や国家権力の「走狗」であることを証明している。

科捜研が、「お茶から覚せい剤が出た」ということは、警察や科捜研が、「覚せい剤を、お茶に混入した」ということだ。言い換えれば、警察や科捜研が、「覚せい剤事件を捏造した」ということだ。いわゆる冤罪事件がである。テレビ番組を中心とする「野次馬ジャーナリズム」は、依然として、ASKA不起訴事件という「冤罪事件」に気付かない振りをしている。

その代わり、ASKAを、「覚せい剤犯罪者」に仕立てようとしている。つまり、テレビ番組は、警察や国家権力の暴走の「共犯者」であるということだ。警察や国家権力が逮捕していたASKAを、「嫌疑不十分」で、無罪釈放したという事は、警察や国家権力の方では、「覚せい剤事件を捏造した」ことを認めているということだ。

明らかに冤罪事件であるが、こういう時に、憲法学者や弁護士は、「国家権力の暴走」を徹底批判するものではないのか。しかし、何の反応もしていないようだ。憲法学者失格である。テレビ番組に出ているインチキ弁護士等が、権力の暴走の手先である「電波弁護士」であることは、分かりきっているが、安保法制批判で活躍した「憲法学者」はどうなのか。憲法学者も「ASKA犯人説」支持なのか。

憲法学者もアテにならない。憲法学者も「国家権力の一部」でしかない。ところで、そもそも「憲法とは何か」。憲法とは、国家権力の暴走を取り締まるものではなかったのか。それを「立憲主義」というのではなかったのか。とすれば、ASKA不起訴事件のような冤罪事件こそ、国家権力が、国民の自由や人権を侵害した「国家権力暴走事件」ではないのか。

こういう時こそ、憲法学者たちは、「国家権力の暴走」を批判すべく声を発し、「憲法を守れ」と一斉に立ち上がるべきではないのか。「安保法制批判」の時には、「国家権力の暴走」を批判して、全国に散らばる憲法学者たちは立ち上がったではないか。何故、ASKA冤罪事件を批判しようとしないのか。憲法学者も国家権力の手先でしかないのか。

江藤淳の『一九四六年憲法ーその拘束』(文春学術ライブラリー)によれば、憲法学者たちが、国家権力の暴走を批判するどころか、国家権力の一部であることを証明している。テレビ司会者もインチキ弁護士連中も、もちろん憲法学者たちも、既得権益層を形成している。既得権益層とは、国家権力の一部であるということだろう。

テレビ司会者もインチキ弁護士連中も、もちろん憲法学者たちも国家権力の一部である。国民の自由や人権など守ろうとは思っていない。今こそ、彼等との階級闘争が必要だ。

(続く)

👈応援クリックよろしくお願いします!




この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。

一九四六年憲法-その拘束―その他 (文春文庫)

一九四六年憲法-その拘束―その他 (文春文庫)

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!