哲学者=山崎行太郎のBlog『毒蛇山荘日記』

哲学者、文芸評論家。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。元・東工大講師、元・埼玉大学講師。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『それでも私は小沢一郎を断固支持する』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『佐藤優対談集』『柄谷行人とヘーゲルとマルクス』など。緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。➡︎https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

【へーゲルの『法の哲学』とマルクス 】 へーゲルの思考は、へーゲル主義(へーゲル哲学)そのものではない。へーゲルの思考を、体系化されたへーゲル哲学と混同することによって、へーゲルは、批判され、否定されるべき「ピエロ」のような存在と見なされることが多い。特に、マルクスやマルクス主義に思想的重心を置いている、いわゆるマルクス主義者たちにとって、へーゲルもへーゲル哲学も、正当な評価を受けているようには思えない。 …<<下に続く。ここをクリック。>>…

◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️
緊急連絡や原稿依頼、レポート提出(学生)などは、
以下の「メールフォーム」から送信してください。

👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599 ◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️◼️


ブログ・ランキングへ参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いします。



ーーここから本文です(⬇︎⬇︎⬇︎)ーー

【へーゲルの『法の哲学』とマルクス

へーゲルの思考は、へーゲル主義(へーゲル哲学)そのものではない。へーゲルの思考を、体系化されたへーゲル哲学と混同することによって、へーゲルは、批判され、否定されるべき「ピエロ」のような存在と見なされることが多い。特に、マルクスマルクス主義に思想的重心を置いている、いわゆるマルクス主義者たちにとって、へーゲルもへーゲル哲学も、正当な評価を受けているようには思えない。

 吉本隆明は、『『丸山眞男論』の中で、へーゲルの「弁証法」について、それは単なる理論や方法ではなく、「血塗られた歴史」が背景にあるというようなことを言っているが、へーゲルにとって、否定や悲劇や犠牲をも容認する「弁証法」という思想は、きわめて個人的な実存的体験から産み出された思想だった。

 たとえば、キルケゴールのへーゲル批判は、へーゲルの思考を、体系化されたへーゲル哲学(たとえば「国家論」)と見なす立場からの批判であった。キルケゴールの批判は、へーゲルの実存ではなく、へーゲルの哲学大系を念頭に置いている。

  しかし、へーゲルにとっても、はじめから哲学大系があったわけではない。へーゲルにも、まずへーゲルの実存と思考があったのである。へーゲルを、体系としてのへーゲル哲学と見なすことは、へーゲル論としては充分ではない。

 私は、へーゲルの「実存」に興味がある。私は、へーゲルを「実存的思想家」と見る。へーゲルの哲学大系は、無味乾燥な理論体系ではなく、実存的思想家が産み出した哲学大系なのだ。  柄谷行人は、こう言っている。

マルクス主義実存主義、あるいはれに類する問題の立て方がある。私が理解できないのはその種の議論であって、いつもこんなふうに考えていた。なぜひとは、たとえばマルクスという゛実存゛そのものをみようとしないのだろうか。へーゲルは大きな建物をたてて自分はその脇の掘建小屋に住んでいるのだ、とキルケゴールはいっている。しかしへーゲルだけではない。どんな人間も実は掘建小屋に住んでいるのである。そして、そういう場所でものを考え生活しているのだ、と私は思っている。》(柄谷行人「掘建小屋での思考」)

   柄谷行人が言うように、へーゲルも「掘建小屋」で思考したのである。へーゲルの頭の中には壮大な建物(哲学体系)ができあがっていたかもしれないが、へーゲル自身は、掘建小屋に住み、そこで、考えていたのだ。このことを忘れると、へーゲルもへーゲル哲学も、その本質や神髄は見えなくなる。

 つまり、哲学理論であれ哲学体系であれ、あるいは断片的であれ、反体系的体系であれ、新しい思考、要するに「まだ思惟されたことのない問題」(ハイデッガー)を思考するためには、実存的思考が不可欠なのだ。へーゲルも例外ではない。

  さて、へーゲルにとって、もっとも体系的な書の一つは『法の哲学』であろう。マルクスが、『へーゲル法哲学批判序説』で論じたのは、タイトルからもわかるように、この『法の哲学』であった。

 『法の哲学』は、近代市民社会を、「家族」「市民社会」「国家」を軸にして論じ、体系化している。そこで、重要なキーワードが「人倫」である。

  へーゲルによれば、家族の中では「人倫」は有効に機能してている。しかし、近代市民社会になると、経済的な欲望が肥大化し、「人倫」が希薄化し、衰退して、貧富の格差など、無味乾燥な社会となっていく。その無味乾燥な市民社会に、「人倫」の思想を取り戻すのが「国家」だというわけである。

 要するに、へーゲルの『法の哲学』は、「国家」を重視、擁護する「国家哲学」(国家論)である。しかし、個人や家族、市民社会を無視しているわけではない。あくまでも、へーゲルの哲学的思考の本質は「個人」や「自由」にある。国家が、個人の自由の抑圧装置となったり、個人への弾圧組織となっては、元も子もない。へーゲルの考える「国家哲学」とは、個人や自由がもっとも尊重され、実現される国家を理想とする国家論である。

     柄谷行人は、『世界史の構造』で、しばしばへーゲルに言及している。たとえば、現代の資本主義社会について、最初に哲学的分析を試みたのはへーゲルだと言っている。  柄谷行人は、先進資本主義国家の仕組みを、こう分析している。

《現在の先進資本主義国では、資本=ネーション=ステートという三位一体のシステムがある。それは次のような仕組みになっている。まず資本主義経済が存在する。だが、それを放置すれば、必ず経済的格差と階級対立に帰結してしまう。それに対してネーションは共同性と平等性を志向する観点から、資本制経済がもたらす諸矛盾の解決を要求する。そして国家は課税と再配分や諸規則によって、その課題を果たす。資本もネーションも国家も異なるものであり、それぞれ異なる原理に根ざしているのだが、ここでは、それらが互いに補うように接合されている。それらは、どの一つを欠いても成立しないボロメオの環である。》(『世界史の構造』)

  柄谷行人は、現代の先進資本主義国家は、「資本=ネーション=ステート」という「三位一体のシステム」でできあがっていると言う。そして、このような国家の仕組みを、不完全ながらも、はじめて捉えようとしたのは、へーゲルの『法の哲学』である、と。

《これまで、このような仕組みをとらえようとした者はいない。だが、ある意味で、へーゲルの『法の哲学』がそれを把握しようとしていたということができる。ただし、へーゲルは資本=ネーション=ステートを窮極的な社会形態として見ており、それを越えることを考えなかった。とはいえ、ネーション=ステートを越えるためには、先ず、それを見出さなければならない。したがってまた、へーゲルの『法の哲学』を根本的に批判(吟味)することから始めなければならないのである。》(同上)

 柄谷行人も、マルクスと同様にへーゲルの『法の哲学』を批判する。へーゲルの『法の哲学』批判から始めなければならない、と。 柄谷行人のへーゲル論は、マルクスマルクス主義を再考するためにも大いに参考になる。  むろん、ある思想や哲学を批判するとは、その思想が取るに足らない三流思想だからではない。三流の通俗思想など、批判すると言うより、無視、黙殺されるのが普通である。柄谷行人にしろ、マルクスにしろ、へーゲルの『法の哲学』を批判しなければならないというのは、へーゲルの『法の哲学』が、批判に値する哲学だということである。言い換えれば、目の前に立ちはだかる一番高い壁がへーゲル哲学だと言うことであるということであり、批判の中から、新しい哲学や思想は生まれ出てくるということである。

《私の課題は、ある意味で、マルクスによるへーゲルの批判をやりなおすことであった。というのは、資本・ネーション・国家を相互連関的体系においてとらえたのは、『法の哲学』におけるへーゲルであったからだ。》(同上)

 われわれは、マルクス主義の関係から、へーゲルやへーゲル哲学を批判し、否定することになれている。しかし、へーゲルやへーゲル哲学を読み直すことは、マルクスマルクス主義のためにも、有効な哲学的仕事である。  

マルクスは青年期に、へーゲル法哲学の批判から知的活動を開始した。その際、彼は、ネーション=ステートを至上の地位におくへ ーゲルの体系に対して、国家やネーションは観念的な上部構造であり、市民社会(資本主義経済)こそが基礎的な下部構造であると考えた。》(同上)   

 へーゲルからマルクスへの「唯物論的転倒」とは、国家の問題を、ネーション=ステートに代わって、経済的下部構造を中心に分析することである。マルクスは、へーゲルが重視していたネーションやステートの問題を軽視し、経済問題ですべては解決すると考えた。つまり、マルクスは、経済的な下部構造を変えれば、国家やネーションは消滅するはずだと考えた。したがって、わが国でも、マルクス主義研究が、経済学部を中心におこなわれてきたのである。

  しかし、そうはならなかった。むしろ、マルクス主義の蹉跌や終焉の根本原因は、そこにあった。  

《しかし、国家やネーションの能動的主体性を無視したこのような見方は、マルクス主義運動にさまざまな躓きをもたらした。それは一方で、マルクス主義者の間に国家社会主義スターリン主義)をもたらし、他方で、マルクス主義に対抗するナショナル社会主義ファシズム)の勝利をもたらしたのである。》(同上)

スターリン主義ファシズムの台頭をもたらした根拠原因は、へーゲルが、近代市民国家を捉えようとしていた「資本=ネーション=ステート」の三位一体構造論を放棄したところにあると考える。言い換えれば、「マルクスからへーゲルへ戻る」ということである。

  《したがって、マルクスによるへーゲルの批判をやりなおすということは、へーゲルが観念的であれ把握した近代の社会構成体およびそこにいたる「世界史」を、マルクスがそうしたように唯物論的に転倒しつつ、なお且つ、へーゲルがとらえた資本・ネーション・国家の三位一体性を見失わないようにすることである。》

すべてはへーゲルから始まっている。へーゲルを批判すれば、それで終わるのではない。繰り返すが、マルクスマルクス主義を再考するためにも、へーゲルの読み直しは、不可欠である。柄谷行人の『世界史の構造』は、そうした「へーゲル読み直し」の試みの一つだ。(続く)

保守論壇亡国論

保守論壇亡国論

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小林秀雄とベルクソン―「感想」を読む

小説三島由紀夫事件

小説三島由紀夫事件

それでも私は小沢一郎を断固支持する

それでも私は小沢一郎を断固支持する

曽野綾子大批判

曽野綾子大批判

最高裁の罠

最高裁の罠

👈応援クリックよろしくお願いします!


この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから
👉http://www.mag2.com/m/0001151310.html

山崎行太郎への緊急連絡(レポート)は、メールフォームからお願いします。
👉 https://ws.formzu.net/fgen/S49964599

★ 下記のブックマーク(+B)、Twitter、Facyebook(シェア)もよろしくお願いします。



政治ランキングに参加しています。応援のクリック、
よろしくお願いします。